#4.一人で歩いてはダメですか?

#4.一人で歩いてはダメですか?

こんにちは! 今日は利用者の歩行自立について私なりの考えをつらつら書いていきます。 高齢になると少しずつ体力が衰え、なかには転倒して骨折をする方も増えてきます。一度骨折をするとよく聞く言葉、 『もう転ぶと困るから一人で歩かないでね』たった一回の転倒をすることで付きまとうまさに呪いの言葉ですね😱 よく一緒に働いているセラピストも自立移行へのタイミングがわからずなんとなく付き添い歩行を続けているケースを見かけます。 また、家族がどうしても転倒、骨折を防ぎたいという望みがあ

スキ
34
バックニーは何を代償しているのか?

バックニーは何を代償しているのか?

脳外臨床研究会会長 作業療法士 山本秀一朗 セミナーレポート作成 言語聴覚士 yucco フルリカバリーを目指し、全国のセラピストと共に成長し続ける脳外臨床大学校で活動するyuccoです。 脳外臨床大学校オンラインサロンでは、日々たくさんのセミナーが展開されており、オンラインサロン内だけで留めておくのはもったいない!! 全国の悩んでいるセラピストや困っている患者さんの力になる学びを届けたいと思い、セミナーレポートとともにお届けしています♪ 《はじめに》バックニー:膝が後

スキ
3
有料
300
歩行分析のコツ! 【モーメントとは?】
+15

歩行分析のコツ! 【モーメントとは?】

動作分析をするときに、基本的に知っておくべきモーメントが2つ存在します。 今回は、この2つが理解できるnote記事になります! 内的モーメント 外的モーメント になります。 それぞれ、書籍によっては内部モーメントや外部モーメントと言われたりもします。 では、これらが何を表しているのか? ↓ 歩行中の膝関節を例に見ていきましょう! 外部モーメントにおける作用はざっくりと言うと、こんなイメージです! ここまでは簡単ですね。 理解できない方も少ないと思います!

スキ
18
装具を外した歩行を目指すために

装具を外した歩行を目指すために

お疲れ様です。脳リハです。 本日は脳卒中後後遺症者向けの投稿です。 内容は… 「装具を外した歩行を目指す為に知っておきたいこと」について解説します。 歩行と装具脳卒中後の後遺症により、麻痺側下肢の動かしにくさを感じる方は多く、歩行の獲得を目標に、退院後もトレーニングに取り組んでいると思います。 その中でも、入院中に装具は杖を購入し、退院後も同じ装具や杖を使っている方が多い思います。 同じ装具で繰り返し歩いても、なかなか歩行機能は改善せず、いくら経っても装具を卒業が出

スキ
3
距骨下関節の役割と歩行へ与える影響~バイオメカニクスへと繋げて~
+12

距骨下関節の役割と歩行へ与える影響~バイオメカニクスへと繋げて~

こーーんにーーちは! 自分で自分を追いつめている町川です。笑 最近、毎日多忙で、やりたい事が多すぎるけど、 そんな日々が幸せですね(笑) ではでは、今週もれっつらごー❕❕ ~目次~ ⑴距骨の解剖学 ⑵距骨下関節(ST関節) ⑶上行性運動連鎖 ⑷歩行と距骨下関節 ⑸バイオメカニクスへ ⑹まとめ ⑴距骨の解剖学本題へと入る前にまずは、基礎から学んでいきましょう!! 距骨を学ぶ理由ですが、、 足関節の中でも重要な「距腿関節」と「距骨下関節」のどちらにも「距骨」が属し

スキ
11
有料
100
装具剛性は歩行時のアキレス腱にどのような影響を与えるか?
+12

装具剛性は歩行時のアキレス腱にどのような影響を与えるか?

今回参考にした論文はこちら↓ 資料はこの記事の後半でダウンロードできます。 では、早速いきましょう! 短下肢装具(AFO)におけるPFRとは? 脳卒中者に対する装具療法は一般的によく行われるリハ提供の1つだと思います。 またその効果も、歩行速度の改善、エネルギー消費の減少、バランス能力改善、機能的歩行能力の向上など、多数報告がされています。 近年のAFOの特徴の1つとして、ある一定の方向に対して制動する装具の開発がされています。 制動とは、ある動きに対して抵抗を

スキ
4
「踵からつま先へ」は自立歩行を実現する金言である
+2

「踵からつま先へ」は自立歩行を実現する金言である

▼ 文献情報 と 抄録和訳 脳卒中後遺症で自立歩行を開始した人の回復期における足圧パターンの変化 Echigoya, Kazutaka, et al. "Changes to foot pressure pattern in post-stroke individuals who have started to walk independently during the convalescent phase." Gait & Posture 90 (2021): 307-3

スキ
13
歩行介助(後方・側方)のポイント
+4

歩行介助(後方・側方)のポイント

脳外臨床研究会会長 作業療法士 山本秀一朗 セミナーレポート作成 言語聴覚士 yucco フルリカバリーを目指し、全国のセラピストと共に成長し続ける脳外臨床大学校で活動するyuccoです。 脳外臨床大学校オンラインサロンでは、日々たくさんのセミナーが展開されており、オンラインサロン内だけで留めておくのはもったいない!! 全国の悩んでいるセラピストや困っている患者さんの力になる学びを届けたいと思い、セミナーレポートとともにお届けしています♪ 《歩行の介助とは?》●介助とは

スキ
4
有料
300
脳卒中者における歩行時の二関節筋の影響〜膝関節に着目して
+12

脳卒中者における歩行時の二関節筋の影響〜膝関節に着目して

今日は、脳卒中者の歩行に着目した視点からこちら。 脳卒中者における二関節筋の活動が膝関節にどのような影響を与えるか?という視点で、論文からの内容を引用してまとめています! この記事で、 ・膝関節痛を訴える方の1つの要因を知ることができる ・歩行時の二関節筋の作用やバランスに目を向けることができる ・歩行分析を二関節筋の視点から考察しやすくなる この辺の内容になると思います。 では、早速いきましょう! 関節障害と二関節筋の影響は? 脳卒中者における歩行バランス

スキ
9
脳卒中患者の”快適歩行速度”の真実

脳卒中患者の”快適歩行速度”の真実

▼ 文献情報 と 抄録和訳脳卒中後遺症のある人の相対的な有酸素運動負荷、エネルギー・コスト、および歩行速度の関係について IJ Blokland, AS Gravesteijn, MC Busse, et al.: The relationship between relative aerobic load, energy cost, and speed of walking in individuals post-stroke. Gait Posture. 2021;89

スキ
7