菅田将暉の横顔

菅田将暉の横顔

横顔きれいな人っていいよね。 あとaikoの横顔(曲)も好きだなあ。カラオケで必ず歌う。 わたし、aikoのことを特筆するほど好きってわけでもなく、一般的なJ-POPを聴く感じでふつうに聴くんですけど、なぜかaikoファンと思われていることが多いんだよなあ。わたしはYUKIちゃんのファンです。 さて、約3週間ぶりに書きます。 世はオリンピック開会、そして4連休。 かくいうわたしの気持ちは低空飛行気味。 そうです、プチ失恋気分なのです。 こんなことアラサーになって

2
2021_0720_やさしさ / 駆け引き

2021_0720_やさしさ / 駆け引き

君の横顔が 何かを語り出すのを、 僕は、待つべきではなかった。 意味のない言葉でも 君が、傷つけないであろうせりふを選んで 肩を叩くべきだった。 君だって 語りだすべきだったのだ、と思っている。 問われる前に、 もし何か、言いたいのなら 僕って、そんなに信用できない?なんて意地悪に問い掛けたら 「そういう問題じゃないよ」と、笑うのだろうけれど ああ、それならば 僕が先に、問い掛ければよかった。 僕がピエロになれば、 君が笑ってくれたのだろうか。 【photo】 amano yasuhiro https://note.com/hiro_pic09 https://twitter.com/hiro_57p https://www.instagram.com/hiro.pic09/

9
2021_0716_時を泳ぐひと

2021_0716_時を泳ぐひと

さみしいと、思っているの? 時間が去りゆくことが 季節が通り抜けることが 氷が溶けてしまうことが さみしいかもしれないね。 たくさんのことを忘れてしまう 激情も、形を維持することはできなくて 去りゆく時間と、さみしさに 出会いを求めて いつだって 次の冒険を目指さなくてはならないね。 代わり映えがなくたって 変わらないことは、ないのでしょうから。 【photo】 amano yasuhiro https://note.com/hiro_pic09 https://twitter.com/hiro_57p https://www.instagram.com/hiro.pic09/

9
稲妻刺す雷雨が叩く雨宿り その時の間の君の横顔

稲妻刺す雷雨が叩く雨宿り その時の間の君の横顔

2
憧れの

憧れの

[作詞]「夏の夕暮れ」。夕暮れの一時には穏やかさとほんの少し、寂しさがあります。

[作詞]「夏の夕暮れ」。夕暮れの一時には穏やかさとほんの少し、寂しさがあります。

作詞 「夏の夕暮れ」 夏の夕暮れ  僕の言葉を 君はひとつひとつ  聞いている もう 幼い君じゃないんだね 大きな物語も 小さな物語も 終わりがあること 耳をふさいで うつむいていても 佇んでいるだけで 何かがわかるときが来る 夏の夕暮れ  君の横顔 澄んだ瞳  あの日の横顔 なつかしい日々  遠ざかる日々 そして 次の夏へ 大きな物語も 小さな物語も 終わりがあること 好きな人を  別れた人を  佇んでいるだけで  その人を感じるときが来る

2
KERO蔵 心の詩

KERO蔵 心の詩

きみは 誰かの背中を 観ている。 きみのそんな背中を 他の誰かが きっと観ている。 僕は きみの隣にいて きみの横顔を 見ている。 叶うなら きみの手を取り 歩きたい。 叶うなら みんなと手を合わせ 歩きたい。 まだ 観ぬ 未来へ。 でも 確かに 見える あの未来へ。 並走し、 ゆっくりと、 のんびりと、 着実に、 共に。 (未来へと)つづく

58
休日〜part2

休日〜part2

無心になるもの ジャガイモの皮むき お味噌汁の味噌をとく お風呂のお掃除 爪のお手入れ やんちゃ猫の耳掃除 あなたの仕事姿を思い出す …あっ、 やっぱり最後は雑念入ってますね

5
【短歌】「生き様、逝き様」その壱

【短歌】「生き様、逝き様」その壱

「生き様」思考する その横顔を 見つめてる 問いのこたえは まだ見つからず 難解な 言葉操る 年の功 亀の甲より 地頭のよさ 人生の 戦いの時期 過ぎ去りぬ 残りの時間 ただ穏やかに 知盛は 見るべきもの見 生き抜いた あなたはすでに 生き抜いたのか あとがき平知盛:「見るべき程の事をば見つ。今は何をか期(ご)すべき」 訳:見るべきほどのことは、すべて見た。いまは何も心残りなことはない。 注釈:源氏との檀ノ浦の戦いに敗れ、平家一門の武者たちが次々に入水していった。そし

6
シロムギBRO日記 最近のシロ
+2

シロムギBRO日記 最近のシロ

19