立秋2020の星占いですねん『 ライオンズゲート開放の恵みと、ペルセウス座流星群の愛を受け取る』

皆様お元気ですか?
いつもおおきにです~

2020.8/7(金)10:06立秋
(黄経135° 日心黄経315°)
地球は水瓶座、太陽は獅子座を運行中です。

全体的な分析と今後の流れ
・特別な時間の波に乗っています。この世は宇宙の計らいに溢れています。 8/8(土)~8/12(水)はライオンズゲートが開いている期間です。特に9日(日)~12日(水)は変容·改革にはピッタリの時期です。 自分自身

もっとみる

【衝撃】高齢者だけじゃない!若い世代が地方移住を選択するわけとは!?

現状として都内の約4割の人が地方移住を検討しており、
驚くことにその多くが退職後の高齢者と20代〜30代の若い世代が地方移住に興味があるようです。

この動画を見ていただくと理由が何となくわかる気がします。

長い人生の中で様々な選択肢があると思いますが、正直にこんな生活がしたい。自分らしく生きたい。働きやすい環境を選択したい。年齢関係なく価値観の変化を感じます。

1.価値観はミニマリストへ

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♂️
3

自分の中にある「壁」

須賀です。

壁を超える、とか、
ステージを上がる、みたいな、
成長を意味する言葉、
聞くことがあると思います。

壁とかステージを超えるって、
つまりは、
「できなかったことができるようになる」
ということですよね。

自分にはできないんじゃないか?
という、大小の思い込みを打ち破って
やってみたときに次に進める。

この壁を作っているのは誰か?
というと、自分自身。

ここまではよく聞く話。

もっとみる
ありがとうございます! http://yamatosuga.com/
2

旅の終わりと、思い出。そして始まり。

2018年7月1日。僕とさゆりさんは仕事を辞めて旅に出ました。

前職で心を病みかけて、僕はさゆりさんに誘われるまま半ば逃げるように旅人になりました。

旅は最初から楽しかった。でも旅に出てからずっと考えていたことがありました。

なぜ、旅をするのか。

なぜ、旅することを選んだのか。その生き方は正しいのか。

その疑問を抱くような性格が、僕が心を壊した原因です。

次男として生まれ、子どもの頃か

もっとみる
ありがとうございます!励みになります〜〜
5

『なりたい自分になる!』ための手段としての仕事

毎晩、我が家は「おやすみ」『なりたい自分になる!』と言って寝ます(笑)
おやすみなりたいじぶんになる。は、いつの間にか我が家では挨拶文のように定着していますが、いつ何のキッカケで言い始めたのかもう忘れてしまいました。

子ども達は、その言葉に特に意味を感じていないかもしれません。しかし母は、なりたい自分とは、どんな自分なのか。なりたい自分が見えてきてからは、なりたい自分になっている自分を想像しなが

もっとみる

ワーホリと実際にローカルとして住む事の違い

こんにちは。メルボルンは冬まっただ中で夏が恋しい私です。

最近よく国際結婚や海外に住んでいることが羨ましいと言われることがあります。確かに響きはいいかも知れませんが現実はそう甘くないもの。

そこで今回は1年間ワーキングホリデー、その後ブリッジングパートナービザとしてオーストラリアに滞在している私の経験をお話しようと思います。ちなみに今、メルボルン在住歴約3年です。

まず初めに。あくまで全てわ

もっとみる

目標!のんびり生き働き暮らしたい。

家事の最中、ふと"夢"について聞かれた時の事を思い出した。
夢について聞かれる事て、必ずしも人生で何回かある質問。
場合と状況によっては表向きの回答しないといけない状況もある。
夢=目標でもいいのではとモヤモヤし言語化したく、
今日はその事について書きたいと思います。

怒られた夢の話

私は負けず嫌いな癖に周りに心配される位、競争心が異常になく。
人を喜ばす事が好きな子供でした。(今もですが。笑

もっとみる
ありがとうございます!嬉しい(´ω`)
6

ひとりの時間

今現在、私の家(一人暮らしの部屋)に彼氏が月の3分の2くらい暮らしてる。所謂半同棲ってやつ。だから朝起きる時も、ご飯を食べる時も、お風呂に入る時も、部屋のどこかしらに彼がいる。

たぶん私たちはお互いにひとりの時間が必要な人。

半同棲始めた最初のうちは一緒にいるときは一緒にいる時間を大切にしたいと思って、携帯触ったりゲームしたりする時間をほとんど作らないようにしてた。付き合ってもうすぐ1年と4ヶ

もっとみる
テンション上がりました!ひゃっふううう///
2

2回目のロックダウン。最近のこと。

私の住むオーストラリア、ヴィクトリア州は2回目のロックダウンとなりました。1回目を上回る感染者数で今のところ、減少傾向にはありません。。

もちろん私はお仕事も、リモートワークができる職種ではないのでお休み。ただ、ありがたい事に政府からの援助金があるので金銭的には余裕のある生活ができています。だから、すごく恵まれている方だと思う。。文句は言えない。。でも本心はというと、食品の買い出しと犬の散歩以外

もっとみる