#88『気まぐれディスカバリー』ヤマトタマムシを捕まえた

正確には捕まえたというより、拾ったですね。死んでも美しく輝くヤマトタマムシですが、七色の金属光沢は神秘的な雰囲気があります。

法隆寺の国宝として玉虫厨子が有名ですが、古来より玉虫の標本は観賞物やアート作品として価値が評価されてします。

この光沢は天敵である鳥を寄せ付けません。

もっとみる
ありがとうございます👯
10

#87『気まぐれディスカバリー』クリスタルレジンは時を止める魔法

昆虫の標本にもいろいろと方法がありますが、その中でもクリスタルレジン(樹脂コーティング)による加工は磨き方次第で時を閉じ込めたような美しい表現で保存することができます。

写真ではセミの抜け殻とヒョウタンゴミムシを標本にしています。

外気に触れないため劣化が少ないので重宝します。ブロックのようにつむことで神秘的な雰囲気を醸し出しますね。

一般的に昆虫標本は、薬剤でしめたり防虫加工をしなければ年

もっとみる
ありがとうございます👯
18

こどもと絵本と虫の名前26

こんばんは。こちらは秋を感じる天気の一日でした〜

今日は虫の名前について。日本語は表現が豊かな言語ですが、虫の名前に関しても本当に色々あるなぁと虫採りをするようになってから改めて思います。カブトムシ、カマキリ、カミキリムシ、ナナフシ、トンボ、オトシブミ、タマムシ、由来が分かりそうなものからそうでないものまで。

そしてある時、これって英語でなんて言うのかなって思ったんですね。カブトムシって日本で

もっとみる
嬉しいです〜ありがとうございます!
4

#76『気まぐれディスカバリー』ニイニイゼミを捕まえた

昔はこんな素早いやつを素手で捕まえていたんですね。たまたま窓にぶつかって墜落したニイニイゼミを捕まえました。

個体差で模様が違ったり観察しがいがあります。抜け殻は泥が乾いたような特徴的な質感をしています。

もっとみる
ありがとうございます👯
18

「汚い」経験が少ない子どもは、人生損をするリスクがある

みなさん、プレーパークってご存知でしょうか。

http://www.yumepark.net/

泥んこ遊びができたり、
トンカチや釘で木材を切ったりくっつけたり、
焚き火ができたり・・・と、
自然に触れ合えるような遊びができる場所です。
プレーリーダーさんと呼ばれる大人の方も
一緒に遊んでくださいます。

全国になんと300箇所もあり、
大小色々のようですが、
東京では96箇所もあるようです。

もっとみる

#74『気まぐれディスカバリー』サトジガバチを捕まえた

オレンジ色の帯がアクセントなサトジガバチを庭先で捕まえました。胸から腹部にかけてものすごいクビレボディーですね。

写真ではマローの花に止まっていますがこの種類のハチは花の蜜を吸うタイプのハチではなく、イモムシに麻酔毒を突き刺して巣に持ち帰るジガバチという種類です。

作物を食害するイモムシを食べることから益虫ともいえ、基本的に人を刺すことはありません。

もっとみる
ありがとうございます👯
14

こどもと絵本とフンコロガシ25

こんばんは!

みなさん、フンコロガシって懐かしい響きじゃないですか?小学校の時に教科書や課題図書かなんかでファーブルのスカラベ(フンコロガシ)の話、読みましたよね?!

先日たまたま録画しておいたファーブルの生涯の番組を息子と観たのですが、それ以来息子がフンコロガシを見つけるぞぉぉぉ!!と。さすがのわたしも「えーフンコロガシ…」という感じでしたが、虫少年にとっては糞虫とか別に関係ないのです。

もっとみる
嬉しいです〜ありがとうございます!
4

#73『気まぐれディスカバリー』ハンミョウを捕まえた

僕の一番好きな昆虫のハンミョウです。

ハンミョウは属性上、地域ごとの個体差や多様性に富みますが日本原産のハンミョウが個人的に一番鮮やかで見応えがあると思います。

別名「ミチオシエ」ともいい、乾燥した田舎道を訪れるたびに人から絶妙な距離を保ちつつ、時折振り返るそぶりを見せて愛嬌のある生き物です。

もっとみる
ありがとうございます👯
18

今年の夏、子どもが夢中になったこと

気が付けば9月。まだまだ暑いけど、時々、風が涼しく感じることもあったりして、季節の変化を感じます。

 そんな中、虫たちは季節の移り変わりを敏感に察知しています。
家で飼育していたカブトムシのメス子とカナブン夫妻が土に還ってしまいました。
いつの間にか、セミも鳴いていないし、夏も終わりなんだなぁ、と気づかされます。

 季節がすっかり変わる前に、今年の夏、我が家の5歳男児が夢中になったことを日録と

もっとみる
私にも「スキ」って言わせてください。(^_^)
14

#72『気まぐれディスカバリー』カバタテハを捕まえた

石川県白山市の「ふれあい昆虫館」の放蝶ゾーンにて。

オオゴマダラやリュウキュウアサギマダラとともに園内を飛び回っています。

もっとみる
ありがとうございます👯
9