手塚治虫文化賞

ドラマ日記『その女、ジルバ』(第0話)

マンガを表彰する賞は数多くありますが、中でも「手塚治虫文化賞」は権威ある賞の一つ。売れている人気マンガが大賞に選ばれることもありますが、谷口ジローや高野文子など、通好みな作品を選ぶ傾向も強い気がします。

そんな「手塚治虫文化賞」で、2019年に大賞を受賞したのが有間しのぶさんの『その女、ジルバ』。来年1月期に池脇千鶴さん主演でドラマ化されるそうです。放送は東海テレビ制作(フジテレビ系)の土曜11

もっとみる
スキをありがとうございます
2

手塚治虫の肉声で聴ける「私の自叙伝」が無料!

手塚治虫さんが自身について書いている本は

たくさんあります。

本人自ら、肉声で語っているものを

聴けることはとても貴重です。

音源はNHK教育テレビです。

しかも30日以内に解約すれば完全に無料!

Amazonのaudible(オーディブル)という

オーディオブックサービスです。

Amazon、最強です笑

わたしもaudibleは使ったことがなかったのですが

(出版社時代にAm

もっとみる
嬉しいです!
7

手塚作品はマンガというより日本人なら義務教育でたしなむべき図書。

1989年2月9日手塚治虫先生が亡くなって昨年で没後30年になりました。

マンガ界の神様と言われる手塚治虫のその偉業は
後のマンガ家さんにとって強烈なインパクトを残し今でも
その系譜は脈々と引き継がれています。

代表作と言えば「鉄腕アトム」「火の鳥」「ブラックジャック」
「ジャングル大帝」など数えきれないほどの傑作を残してきているんですが
亡くなって30年も経つと名前は知っているけど
読んだこ

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
22

【勝手にほぼ1行広告】 あれよ星屑(山田参助)

子どもの時以来あまり積極的に漫画は読んでこなかったけれど声を大にして勝手に広告したいこの傑作はそれほど世間受けはしないかもしれないけれど戦争という大きな魔物に翻弄され続けた男たち女たちを逃げ切らず描き切った本作が自分としてはどストライクでした(んー瑛太さんの「実写化してほしくない」的帯コピーのほうが言い切れている気がする)。
あれよ星屑

※【勝手にほぼ1行広告】企画は勝手に継続予定です。
※企画

もっとみる
2回言います。ありがとうございます!ありがとうございます!
2

おめでとう山田参助さん、松田洋子さんと森下裕美さんと小山健さん、EXILEとエグザイル、などの一日。#kurukeredo

2019年6/7(金)2936

https://twitter.com/comic_natalie/status/1136633545437278208
手塚治虫文化賞の会、
いってまいりました。
昔々朝日新聞で漫画評を連載していた私は、
今もアンケートに答えるというかたちで
候補作を毎年推薦してるのですが、
私が推薦した作品が受賞に至ったのは、
ほぼ初めてじゃないかな。
好きな作家が受賞したこ

もっとみる
深謝! 私もです。
6
深謝! 私もです。
3

ほんの少しでも嫉妬してくれたら〜💕

おはようございます〜🎶

今日も爽やかっ💙
1日くりあげて週末にしたいような青空に、「心はすでに海の上〜」な金曜日です〜🏄‍♀️

波は敏感なポイントでヒザ~モモ程度、あいかわらずものたりないコンディションがつづく湘南です🏄‍♂️

さて。。。

「天国の手塚(治虫)先生が、僕の本を読んでほんの少しだけでも嫉妬してくれたらいいなと思います」

「大家さんと僕」で、手塚治虫文化賞短編賞を受賞
もっとみる