心地良い住まい

幸せは、近くにありて

もしも、今のアパートと違う場所に住んでいたら。
そんなことを、想像する機会が増えた。

4年前、とても悩んでいた。初めての一人暮らしをするにあたり、新居候補を2つに絞っていた。
ひとつは狭いけれど、駅から近いアパート。もうひとつは、駅から遠いけれど、ロフトもあって広いアパート。
最終的には両者を内見した上で決断を下した。僕が選んだのは後者だった。家賃は高かった。いわゆる「最寄り駅」が3つあるのだが

もっとみる
どうもです。好きなカレーは松屋のカレーです
8

私は誰?何をしているんだ?

こんにちは!現在、20代から40代の子育て世代向けに体感する石組み「いわしみず」の提案をしています。

建築家の先生のお宅やビルダー様を訪問させていただいています。そんな中、よくある質問が他にどんな作品があるのか。どんな庭づくりをしているのか。です。残念ながらそういうときにうまく表現できなかったり、緊張して自分でも何を言ってるのかわからなくなったりします(ご迷惑おかけしました)

こうやって少し休

もっとみる

おうち時間を楽しむ庭

お久しぶりです。コロナで世間は大変なことになっていますが、皆さんどうお過ごしでしょうか。私も感染を恐れ家にいることが増え、家族で過ごす時間を大事にしています。そのため家に居る時間をどうしたら充実できるかを振り返ってよく考えるいい機会になりました。今日はこの休みの間に考えたことや造ったお庭のことを書きます。

目次

1、体感する石組み「いわしみず」

2、「遊び心」×「暮らしのアイデア」=「おうち

もっとみる

【家/土地探すなら必見!】水道の知識がないと損失の大きい不動産を掴まされる?

マイホームを考えている人は必見です。

 新築して水道を引くけど家の前に通っている管がさびさび!建売だから水道管の詳細が分からない!土地選びに立地のことしか考えていなくて水道のこと何もわからない!数年後に漏水して何十万もかかった!(もしかしたらもっと)全部配管取り換えといわれ100万円超え…

目次の一部

・古い水道管の中の状況を知っていますか

・大きな道路に面した土地での新築のリスク

・駅

もっとみる
ありがとうございます。あなたのお役に立ちたいです!
5

子育て家族にも嬉しい高気密高断熱③

「シックハウス症候群」

以前にもシックハウス症候群について書きましたが今回は子供目線でのお話を

近年は様々な対策が取られていて症状の出る人は減ってきています。

しかし減ってるから気にしなくても大丈夫というわけではありません。

子供、特に乳児は免疫力も低く肌も弱いです。

大人には症状の出ない量の有害物質でも子供にとっては許容できず症状が出てしまうことがあります。

更に症状を引き起こす有害

もっとみる
私もスキです(^O^)/
7

子育て家族にも嬉しい高気密高断熱②

前回、高気密高断熱の家は熱中症のリスクだけでなくエアコンの電気代を減らせることを紹介しましたが、

今回は、忙しい朝の時間を効率的に!?「朝の目覚め」の良いことを紹介していきます♪

「子供がなかなか起きてこない!!!」

なにかとバタつく朝の時間⏰

子供が起きてこなくてイライラ・・・

これを体験する方はきっと多いのではないでしょうか?

夏場は体が汗でべたついてすっきりしない・・・

冬場は

もっとみる
また覗いてください♪♪
5

アオイエって、どんなイエ? 1週間だけ滞在してみた。

アオイエは、様々な表現者に会えるイエ。

みなさん、
「アオイエ」って、ご存知?

アオイエとは、「みんな表現者」をコンセプトに、様々な肩書きをもった住人が共に生活を送る新しい形の住まいのこと。
いま、高校生や社会人、お笑い芸人や起業家、研究者、アーティスト等が住んでいる。

一般のシェアハウスは、物件紹介サイトで検索をし、その後、仲介の方にお部屋の紹介をしてもらい、契約を交わしたら、生活

もっとみる
ラブドッキュン!
9

Rの壁は柔らかい印象だけど…

もうすぐ完成予定の外構の現場のお話です。こちらのお宅では1階の庭に面した部屋がお母様の部屋のリビングに当たる部屋となっています。高齢者というにはまだまだお若い、でもそろそろ足のことも気になり始めるお年頃、のお母様のために玄関ポーチまでの通路は将来のことを考えてスロープにしました。最初は勾配が気になるかと思ったのですが、出来上がってみるとそんなに気にならない、緩やかなスロープとなりホッとしました。

もっとみる
嬉しいです!よかったらまた来てください!
3

住まい支度

身支度という言葉があるが、この人は「住まい支度」の達人だと思う。それはこんまりさんの本に書いてあるように家がピカピカに片付いているとかそういうことではない。もちろん汚れたり片付いていない訳ではないけれど。

上の写真のおたくの奥様は2年近く前にうちのホームページに「ガーデンルーム」を増設したいといって来られた方だ。

建築士が設計してハウスメーカーではなくこだわりのディテールでフランス漆喰で仕上げ

もっとみる
嬉しいです!よかったらまた来てください!
7

雪見障子と年末寒波

今年もあとわずか。皆さまお正月の準備を始めていらっしゃいますか?
みゆう設計室は明日が仕事納めの予定です。今日は寒波が来ていて雪も降るようですので皆さまお気をつけくださいね。

雪といえば、雪見障子。
最近は和室と縁側のある家が減りましたが、縁側は日当たりが良ければぽかぽかとした空間になりますし、寒い夜には窓からの直接の冷気を遮れる空間です。

「柚子の実る家」は元々の和室を活かしたリノベーション

もっとみる
どうもありがとうございます。
4