コンドミニアム・アセットマネジメント

私たちは「資産価値」を重視したマンション選びをサポートする不動産エージェントです。noteでは、お客様へのインタビュー記事やメンバーの自己紹介、資産価値やマンション購入に関連するコラムなどを展開していきます。

コンドミニアム・アセットマネジメント

私たちは「資産価値」を重視したマンション選びをサポートする不動産エージェントです。noteでは、お客様へのインタビュー記事やメンバーの自己紹介、資産価値やマンション購入に関連するコラムなどを展開していきます。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    AIとビックデータを活用した新しい不動産仲介サービスのご紹介

    NTTアーバンバリューサポートが管理するマンションにお住まいの方 仲介手数料半額【1.5%+3万円 税抜】で、購入・売却いただけます。 <サービス提供会社のご紹介> マンション管理会社であるNTTアーバンバリューサポートと、「マンション管理データ」と「マンション流通データ」を活用して不動産仲介業務を行う、コンドミニアム・アセットマネジメントが連携して不動産売買のお手伝いを承ります。 両社が連携するからこそ可能となる、「A Iとビックデータ」、そして「マンション管理情報」を活用

      • 【日経新聞に掲載されました!】住宅高騰、増やせぬ子ども 面積も狭く心理冷やす

        コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社代表の渕ノ上です。 今回、2023年1月1日の日本経済新聞(電子版)〜住宅高騰、増やせぬ子ども 面積も狭く心理冷やす…〜に取材協力させていただきました。 今回の日本経済新聞の取材記事 私からお話させていただいたのは、下記1点となります。 ①持ち家、賃貸ともに子を複数持つ世帯が適切な住宅を確保するのは年々、難しくなっている #日経COMEMO #NIKKEI

        • 【日経新聞に掲載されました!】住宅ローン金利、固定型上昇 物件も高く購入計画見直し

          コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社代表の渕ノ上です。 今回、2023年1月6日の日本経済新聞(電子版)〜住宅ローン金利、固定型上昇 物件も高く購入計画見直し…〜に取材協力させていただきました。 今回の日本経済新聞の取材記事 私からお話させていただいたのは、下記2点となります。 ①「『値下がり待ち』はあまり期待できない。今まで以上に物件を慎重に選ぶ姿勢が大切になる」。 ②「不安にかられ、家計の手元資金を極端に削って繰り上げ返済することにもリスクがある」「もしも

          • 【日経新聞に掲載されました!】子育て・老後も不安なし 夫婦円満の家計管理術10選何でもランキング

            コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社代表の渕ノ上です。 今回、2022年11月19日の日本経済新聞(電子版)と日経プラスワン〜子育て・老後も不安なし 夫婦円満の家計管理術10選何でもランキング…〜に取材協力させていただきました。 今回の日本経済新聞の取材記事 私からお話させていただいたのは、下記2点となります。 ①3位 それぞれの負債を隠さない 後から判明した場合のダメージ大 ・「『負債を隠されていた』という精神的ダメージは非常に大きい」 ②4位 住宅ローン情

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 【取材実績】
            コンドミニアム・アセットマネジメント
          • 【エージェント • コーディネーター】
            コンドミニアム・アセットマネジメント
          • 【お客様の声】
            コンドミニアム・アセットマネジメント
          • 【セミナーレポート】
            コンドミニアム・アセットマネジメント
          • 【コンドミニアム・アセットマネジメントとは?】
            コンドミニアム・アセットマネジメント
          • 【NTTアーバンバリューサポートと業務連携しました】
            コンドミニアム・アセットマネジメント

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【日経新聞に掲載されました!】マンション生活で欠かせぬ「名簿」 緊急連絡できず困惑

            コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社代表の渕ノ上です。 今回、2022年10月6日の日本経済新聞(夕刊および電子版) 〜マンション生活で欠かせぬ「名簿」 緊急連絡できず困惑….〜に取材協力させていただきました。 今回の日本経済新聞の取材記事 マンション生活で災害や急病などで必要になる名簿のあり方について私からは、下記の2点を背景としている旨をお話させていただきました。 ①名簿の情報を集めても更新が不十分 ・「売買で所有者が変わる時などを除き、定期的に名簿を更新す

            【日経新聞に掲載されました!】マンション価格「バブル超え」 立役者は低金利?くらしの数字考 いまの億ション購入者、1990年代なら4000万円台が限界

            コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社代表の渕ノ上です。 今回、2022年10月15日の日本経済新聞(電子版)と日経プラスワン 〜マンション価格「バブル超え」 立役者は低金利?….〜に取材協力させていただきました。 今回の日本経済新聞の取材記事 コロナ禍の在宅勤務による戸建て需要の高まりが背景にある中で、価格の上げ幅がマンションと比較し、戸建てが小幅な理由について、私からは、下記の2点を背景としている旨をお話させていただきました。 ①駅距離について 「最近の住宅購

            【お客様の声】 「良きパートナーとして今後とも末永くお付き合いをしたいです」

            不動産投資はレバレッジを効かせることができる資産形成の方法です。レバレッジに魅力を感じられる方は多い一方で、いくつかハードルがあります。例えば、どの物件を購入すべきか、エリアはどこがいいのか、今後の賃料推移はどうなるのかなど。 納得感を持って一歩踏み出すためには、どの会社、担当者とパートナーになるかは非常に重要ではないでしょうか。 今回は、INVASEの無料カウンセリングを通じて不動産投資家として一歩を踏み出された方のインタビューをお届けしていきます。 <INVASEと

            【日経新聞に掲載されました!】新築戸建て、プロはここを見る 周辺環境や災害リスク…

            コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社代表の渕ノ上です。 今回、2022年7月30日の日本経済新聞(電子版)〜新築戸建て、プロはここを見る 周辺環境や災害リスク…〜に取材協力させていただきました。 今回の日本経済新聞の取材記事はこちら 記事内では新築戸建てを購入する際、特にどのような点に気をつけるべきなのか、私をはじめ、様々な専門家から見た視点でランキング化され、紹介されております。 これからお住まいを購入される方、住み替えをお考えの方、ぜひご参考にしていただけれ

            【お客様の声】バウチャーサービスをきっかけに他社より自己資金を200万円以上減らして仲介物件のローン付けと購入を実現!

            INVASEでは不動産投資を始める前に借入可能額を把握できるバウチャーサービスを展開していますが、今回はバウチャーサービスの利用をきっかけに他社より自己資金を200万円以上減らして仲介物件のローン付けと購入を実現した事例をお届けしていきます。 <INVASEとは、弊社グループ会社MFSの不動産投資サービスです。> *お時間のない方へ、INVASEであれば仲介物件の購入に関するご相談もいただけます。その他、ローンに関するご相談や、いま不動産投資をすべきかどうか、買うならどの

            【お客様の声】「街を含めた資産性の提案が他社とは違いました」

            不動産投資において確認すべき項目はいくつかあります。利回り、ローン金利、駅距離など。 INVASEで実施している無料カウンセリング「Journy(ジャーニー)」では単なる物件の収支提案だけでなく街を含めた資産性の提案を行っております。 今回は、そんな無料カウンセリングを通じてINVASEで投資物件のご購入を頂いたお客様インタビューをお届けしていきます。 *お時間のない方へ、INVASEであれば仲介物件の購入に関するご相談もいただけます。その他、ローンに関するご相談や、いま不

            【お客様の声】〜自分たちの「選ぶ軸」を定め、着実に叶えた念願の暮らし〜 M様ご夫妻@品川区立会川

            カウルとコンドミニアム・アセットマネジメントで中古マンション売買をご依頼いただけた方に購入・売却体験談をお話しいただくインタビュー企画「お客様の声」。最終的にたどり着いた理想の物件までの道のりは、初めての方はもちろん、住み替えを検討中の方にも参考になるヒントが満載です! * * * * * * 今回取材をさせていただいたのは、当初は新築マンションも中古戸建ても含め、幅広く検討していたM様ご夫婦。賃貸だったころの希望をすべてかなえてくれた物件に、今お住まいになっています。

            【日経新聞に掲載されました!】マンション決議の盲点 たった一人が拒否権握る場合も

            コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社代表の渕ノ上です。 今回、2022年5月3日の日経新聞電子版および日経プラスワン、 5月12日の日経新聞夕刊版〜 マンション決議の盲点 たった一人が拒否権握る場合も〜の記事内に取り上げていただいたので、ご報告させていただきます。 今回の日本経済新聞の取材記事はこちら マンションに関するルールとして、1962(昭和37)年に民法の特別法として区分所有法が制定されて以降、マンションの急速な普及に伴い、適宜改正が行われてきたという歴

            【日経新聞に掲載されました!】税⾦・年⾦・⾦利…10代から学んでおきたいお⾦の知識

            コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社代表の渕ノ上です。 今回、2022年4月9日の日本経済新聞(電子版)および日経プラスワン〜税⾦・年⾦・⾦利…10代から学んでおきたいお⾦の知識〜に取材協力させていただきました。 今回の日本経済新聞の取材記事はこちら 2022年度に始まる高校の新学習指導要領で「資産形成」の授業がスタートしました。記事内では、必要な「お⾦の知識」とはなにか、私をはじめ、様々な専門家から見た視点でランキング化され、紹介されております。 お住まいを

            【日経新聞に掲載されました!】マンションの適切管理認定 4月開始の自治体、わずか5%

            コンドミニアム・アセットマネジメント株式会社代表の渕ノ上です。 今回、2022年3月30日の日本経済新聞(電子版)の〜マンションの適切管理認定 4月開始の自治体、わずか5%〜の記事内に取り上げていただいたので、ご報告させていただきます。 今回の日本経済新聞の取材記事はこちら マンションの管理計画が適正かどうかを自治体が認定する新制度が4月1日から始まりましたが、国土交通省の調査では、開始同日から受付可能な自治体は全体の5%程度にとどまっているようです。 管理計画認定制度

            カウンセリングサービスJourney(ジャーニー)で合理的な不動産投資を

            不動産投資では、物件選び・ローン選び・諸々の契約のお手続きなど、数多くの判断が求められます。 後悔しない不動産投資を叶えるためには、その都度お客様ご自身が正しく判断をしていかなくてはなりません。そのためには、豊富な不動産知識に基づく下記の2つの見極めが必要です。 ・物件の見極め ・様々な条件の見極め 弊社はJourney(ジャーニー)というカウンセリングサービス(ヒアリング&情報提供)を通して、この2つを見極めるお手伝いをさせていただくと共に、不動産投資の基礎知識を客観

            コーディネーター・清田 裕文(きよた ひろふみ)

            こんにちは。コンドミニアム・アセットマネジメントの清田と申します。 皆様にとってより良い資産形成とはなにか、常に考えております。 プロフィール 清田 裕文(きよた ひろふみ) 大学卒業後、不動産仲介会社へと就職。 都心から郊外、区分マンションから土地戸建等、様々な不動産取引を経験した後、株式会社MFSの不動産投資事業部へと転職。 不動産投資家の方への売却サービスや管理サービスを構築後、グループ会社のコンドミニアム・アセットマネジメント株式会社に所属。 現在は、ご案内する