新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【お客様の声】~日本屈指のタワーマンション! THE TOKYO TOWERSをご購入~ S様ご夫妻

画像8

THE TOKYO TOWERS

今回ご紹介するのは、中央区勝どきの分譲タワーマンションをご購入したS様宅。ご主人と奥様のお2人暮らしでいらっしゃいます。

・購入金額    :7900万円
・物件種別    :分譲マンション
・広さ      :84.74㎡
・間取り     : 3LDK
・築年数     :12年
・場所      :大江戸線「勝どき駅」から徒歩5分
・状態      :中古物件

画像1

◆勝どきエリアを選んだ理由

兼本:勝どきエリアを選んだ理由を教えていただけますでしょうか?

画像2

担当:兼本


奥様:夫の勤務先が飯田橋で私の勤務先が御茶ノ水という職場環境から、始めは通勤利便性も考えて、 文京区や千代田区を中心に物件を探していました。
しかしながら、文京区や千代田区エリアは物件の広さを考えると高額になり、価格で絞ると狭い物件しかありませんでした。
その為、エリアを変えて豊洲にあるタワーマンションも候補として検討することにしました。
その当時、私は湾岸エリアに住むことを検討していなかったので、その時初めて、湾岸エリアにも様々な物件があることを知りました。
夫の方は以前から湾岸エリアにも興味があり候補として探していましたが、その時点では必ずしも勝どきに住むというところまでは検討をしていませんでした。
また湾岸エリアの色々な物件を探す中で有明も検討にあがってきました。
ですが、有明は街全体がまだ発展途上という印象を受け、少し寂しい感じがしました。
将来性はありますが、現時点では今すぐに住むエリアとしての選択にはなりませんでした。

画像3

S様:ご夫妻


画像4

 有明街並み

兼本:ご主人様としてはいかがでしょうか?

 
ご主人様:都内にある山手線沿線内側か湾岸エリアの2つの軸で考え、その中で価格と広さを考えると湾岸エリアのほうが魅力的に思いました。
また勝どきを選んだもう一つの理由は、BRT(バス高速輸送システ ム)も充実してくることで、5年後10年後、街が発展していく過程を見ていくことができるというのも魅力的でした。

奥様:同じ湾岸エリアの豊洲なども仕事でよく行きます。
新しい建物が多く綺麗な街なのですが、個人の商店や飲食店が少なく、あまり魅力に感じませんでした。
それと比較すると、勝どき・月島は個人の商店や飲食店があり、さらに新橋や銀座にアクセスが良く、最寄り駅からの距離や同築年数物件と比較した時に我々にとって、勝どきはバランスが良く感じました。
また、エリアの雰囲気も気に入っていて、総合的にみて、勝どきは今お買い得なのでは?・・・と思いました。

 
兼本:勝どき・月島エリアが豊洲と違うところは、月島の下町感など昔からあったエリアもあり、さらに都内にいながら開放的なローケーションも感じられるのが勝どきの魅力かと思います。

 
ご主人様:「勝どき・月島は都心の一番最果ての所」で、「豊洲・有明は郊外の一番都心に近い所」という例え話を聞いたことがあり、なるほどな!と思いました。やはり勝どきは自転車で銀座や新橋に行ける近さが魅力なのかなと思います。

画像5

豊洲街並み


画像6

 月島街並み


画像7

勝どき街並み


◆ご自身での情報収集

兼本:ちなみに情報収集等で、カウルと平行して他のポータルサイトも活用されましたか?

 
奥様:ポータルサイトや地場系の不動産情報や口コミ等を含め広く情報収集してました。
それぞれのおすすめポイントとネガティブポイントが違うので情報の偏りがなく情報が得られたのが良かったですね。

 
兼本:何処のサイトが使いやすかった等はありますでしょうか?

 
ご主人様:SUUMOは使いやすかったです。
その他Twitterで、湾岸に住んでいる方々が物件情報を発信していて、生の情報が役に立ちました。


奥様:ここのタワーマンションは総戸数が数千戸と多いため、情報が入手しやすいと思いました。


兼本:ちなみにカウルのアプリを使ってみていかがでしょうか?

 
奥様:物件を探すという部分では、写真の掲載が少なかったりする点等もあり、少し使いづらいところもありました。
そのためカウル1本で物件を探すことは考えませんでした。

 
兼本:お部屋内の写真でございますね。皆さまからもよく話題に上がるのですが、著作権の関係など様々な観点から全ての写真を掲載することが難しく、限定的なものの活用しか出来ない為、ご不便をおかけしてしまい大変恐縮でございます。今回色々探している中で、ここの物件は他の仲介会社にも情報が公開されていたかと思いますが、その中で弊社に問い合わせをいただけた理由はございますでしょうか?

奥様:1つの仲介会社ですべての物件を見てもらうよりは、それぞれに強い分野の仲介会社の意見を聞きたいという方針がありました。
御社は、まず仲介手数料は半額なのが魅力的なのと、都内のタワーマンションを多く扱ってきた実績があります。
また私自身がスタートアップの業界に長く勤めていたので、新しい会社という理由での不安は無く、むしろお互い合理的な会話ができるのでは?と思いました。

兼本:ありがとうございます。
実際にお部屋をご見学いただいた後のJourneyについて、いかがでしたでしょうか?

 
ご主人様:ここは見に来る前に間取りを見て気になっていたので、実物を見て特に問題なければ、すぐに物件を押さえたいと思っていました。
兼本さんが見学後すぐに私達と打ち合わせをし、迅速に動いていただいたおかげで、ここの物件を買うこともできましたし、その点に関しては非常に良かったと思っております。

兼本:他にもご購入希望の方がいらっしゃったと聞いていたので、今回S様ご夫妻がご購入することができて嬉しく思っております。


◆ご購入後について

兼本:TOKYO TOWERSに実際お住まいになってのご感想はいかかでしょうか?

 
奥様:私はタワーマンション自体が初めてでしたが、ディスポーザーが付いていたり、各階にゴミ置き場があったりと、生活が楽になりました。
また立地としては、新橋や銀座へタクシーやバスを使うと10分以内で料金も安く、アクセス利便性もとても良いと思いました。


兼本:勝どきは、大江戸線の一路線のため、、利便性が弱く思う方もいらっしゃいますが、マンションの目の前にバス停もあり、銀座・新橋にも近く利便性は良いと思います。

 
ご主人様:銀座・新橋からタクシーを利用することもあるのですが、、運転手さんに行き先を「TOKYO TOWERSで」と伝えるとほとんどの方がご存知なので、認知度も非常に高いなと感じます。
一度見れば記憶に残る斜めに入った外装のデザインとかは、今でも古臭さを感じさせず、また1度見たら印象に残るため今後資産価値として下がりにくいでは?と思っています。

画像9

勝どき駅周辺


奥様:物件探しで特にこだわったのが駅から10分以内という条件でした。
この規模のタワーマンションでは珍しく駅から10分以内の点と、勝どき駅からも見えるので気持ち的にも近く感じますし、体調不良や悪天候時でも精神的に楽に感じます。


兼本:おっしゃるとおり体調が悪い時の距離感などは大事ですよね。

奥様:事前情報ではタワーマンションは風が強い等のネガティブな口コミがありましたが、実際住んでみるとあまり気にするほどでもないため、実際見て自分がどう感じるかが重要だと思いました。 経済状況や家族構成も人それぞれ違いますし、大事にしているポイントも違うので、他の人が駄目だと言っていたポイントも自分には当てはまらないこともあるなと思いました。
また、ここのマンションは非常に流動性があるため、それだけ人々に求められているということも決断の一要因となりました。


兼本:S様ご夫妻は、今回ご購入の決断に至るまで、条件等の土台がしっかりとしてると感じました。
実際見学に行った後に、ご夫妻で意見が食い違う方も多く、なかなか物件を決めきれないということもあったりしますが、S様ご夫妻は、意見の相違等が無い状態でご見学されたので、フィーリングも含め非常にスムーズに進んでいった印象です。

 
奥様:ここに来るまでに、中古のリノベーション専門の不動産屋さんと話をしたり、文京区の物件を見に行ったり、さらに遠方の熱海の物件等積極的に行動していました。
また物件を見に行くたびにどこの部分が気になったのか夫婦で話し合ったので、次第に意見の相違も修復していったのかと思います。
今回、居住エリアは幅広く検討したうえで、購入に至ったので、ここの物件を見に行く時点で条件等は固まっていました。

◆間取りや仕様等について

兼本:今回ご購入されたお部屋の間取りや仕様等について伺ってよろしいでしょうか?

画像10

LDの窓からの眺望


画像11

1.5面採光のあるLDの窓とベランダ

ご主人様:マンションは、ほとんどのお部屋がリビングからベランダを挟んで外の眺望を見る場合が多いですが、ここは窓ガラスの手前にカウンターのみなので、直接外の眺望が望めます。
さらに右側にもベランダに通じるガラス窓のドアがあるので、およそ1.5面の眺望と採光になっているのが気に入っています。

画像12

約20畳のLDK


画像13

ベランダ側の仕事スペース


画像14

ベランダ側の寝室


奥様:ここは外廊下なので、どうしても廊下側の部屋ができてしまいます。
他の部屋の3LDKの間取りは廊下側に2部屋という仕様でしたが、ここの間取りだけが窓側にLDKと2部屋があり、採光と眺望が望めるため大変気に入っています。
またLDに居る時間が長いので、LDが広くて居室は狭くてもいいということでこの部屋を選びました。

◆新型コロナウイルスの影響

兼本:ご購入の決断に至った理由としてコロナの影響はありましたでしょうか?

ご主人様:あります。会社の方針として今後在宅勤務をしていくということでしたので、それなりの広さや仕事の作業ができるスペースが必要だったので、今回マンションを購入するにあたり、それを両立できる間取りの物件を探すことは重視しましたし、購入に至るまでのスピードも大事でした。

奥様:ここに住む前の家は現在のLDKに収まるぐらいの広さしかなかったので、どちらにしても引っ越さないと 生活が成り立たない状況でしたので、今回は物件探しの本気度が違いました。

兼本:弊社のお客様でもコロナ禍でフルリモートワークになり、都内の分譲マンションを売却し遠方に住み替えされる予定の方もいらっしゃいましたが、もしお勤めしている会社がフルリモートワークになったらどのような物件に住まれますか?

ご主人様:仕事上フルリモートができると選択肢が増えますね。

奥様:週末だけ熱海とかも考えたのですが、もし子供ができた時に教育環境とかを考えると現実的ではないと思 いました。

ご主人様:時々仕事で東京に行く時に会社から新幹線以外の手当が支払われるならば、熱海も良い選択ではないかと思い検討をし、1度泊まりで熱海まで物件を見に行きました。
その後すぐに売れてしまったという情報を聞いてますし、現在物件の在庫数が少ないようなので、皆様同じような考えの方も多いのではないでしょうか?

兼本:おっしゃるとおり、コロナ禍以降、物件の在庫数が少ない状況で、購入をする方が増えてきているので、需要と供給のバランスが崩れてきています。
そういう状況ですので現在の物件購入は、スピード感も必要なのかもしれないですね。

奥様:もともと私は物件を購入する気持ちは弱く、夫の方が強かったのですが、ここの物件のように流動性の高い物件ならば、いざとなれば売るという選択肢もとれるため、リスクも低減できて購入してよかったと思うようになりました。
その他、リノベーション前提の物件も考えましたが、カスタム性の強い部屋にすると、お金をかけた割には売りにくいというデメリットもあるため、リノベーションを前程とした物件は選ばなくてよかったかなと思います。

兼本:今回資産性を考え、かつリモートワークも重視した間取りのお部屋をご選択されていて、
まさにコロナ禍における住み替えのモデルケースだと思います。

この度は貴重なお話をお伺いでき何よりでございます。
是非今後ともよろしくお願い申し上げます。


担当エージェント 兼本↓

撮影・ライター 峰岸↓

弊社HPはこちら  ↓



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!