御神木🌳のフクロウ🦉

御神木🌳のフクロウ🦉

今朝は フクロウ🦉の 親子に出会いました✨ 立派な御神木の 木の上で 子育て中の フクロウ家族が居ます マスク や お注射とは 全く無縁の世界です。 自然の中で 自然の流れのままに 自然に生きています⛩ 🌳🌳🌳 今日が あなたにとって ステキな いちにちに なりますように🙏

1
意識の反転②

意識の反転②

( 不思議の連続 ) このところ、不思議な体験が増えてきた。。 皆既月食の夜は久しぶりに宙に浮いた。。 眠りにつく前にハイヤーセルフさんに初めておねだりしてみた。 「久しぶりに空を飛びたいなぁぁ」 多分、真夜中。。 眉間の辺りがムズムズムズムズ ジーン ジーン と ムズムズムズムズ そのうちに、炭酸がはじけるように シュワシュワシュワ とにかくなんともいえない心地良さなのです。 (*´Д`)はぁ~ 気持ちいい。。なんだろうこれ。。? 。。ずっとこうしていたいなぁ。

33
蝉の声、学校のプールの水音、扇風機の羽音

もう夏だなぁ🎐と思いながら作業を💻

息子も元気に登園👦ホッ💓
と朝の帰り道⛩

イチョウの御神木🌳嵐で太い枝が折れてしまったことも。綺麗だなぁと癒されました😌

今はちょっと休憩🤏みなさんもお疲れ様です✨

蝉の声、学校のプールの水音、扇風機の羽音 もう夏だなぁ🎐と思いながら作業を💻 息子も元気に登園👦ホッ💓 と朝の帰り道⛩ イチョウの御神木🌳嵐で太い枝が折れてしまったことも。綺麗だなぁと癒されました😌 今はちょっと休憩🤏みなさんもお疲れ様です✨

20
どんな神社さんでもご縁は繋がっている。まずは行ってみよう♪

どんな神社さんでもご縁は繋がっている。まずは行ってみよう♪

人はなんで神社へ行くんだろう…    皆さま、こんにちは。神社大好き人間のあひるです😊 皆さまが神社さんへ行く…と言えば、神様にお祈りをして願いごとを叶えてもらう…パワースポットとして訪れるなどがシンプルな理由でしょうか。 あひるも、現在では暇さえあればどこの神社さんにでも気軽に行っていますが、神社を『好きな場所』として特別に意識するまでは  たいていはメディアで騒がれるような、パワースポットとしてか、いわゆる『観光スポット』として観光がてらに訪れるといったぐらいでした

2
「カヤの木と山彦」(清原果耶さんをイメージしたショートショート)

「カヤの木と山彦」(清原果耶さんをイメージしたショートショート)

 「おーい」 「おーい」 「やっほー」 「やっほー」 「今日も元気だぞー」 「今日も元気だぞー」  私は彼の声を聞くのが楽しみだった。彼は私が生えている山に向かって、毎日のように大きな声をかけてくれた。私は樹齢七百年のカヤの木。山の頂で御神木として崇められていた。「今日も元気そうね」とか返答してあげたいと思っても、私は言葉を発することもできないし、動くこともできない。彼の言葉をそのまま、山が受け止めて、やまびこにして返すことしかできなかった。  彼は時々、私の側まで来てく

3
20210630神社より、鳥居の右の御神木(2)。
+3

20210630神社より、鳥居の右の御神木(2)。

3
20210630神社より、鳥居の左の御神木(1)。
+4

20210630神社より、鳥居の左の御神木(1)。

2
深海魚

深海魚

あらら、保存し忘れてました、、、さて今日も自分を知りましょう。ちょっと書き始めてから2日空いてしまって続き書こうと思ったら保存してなかったみたいで消えちゃってましたね、警察官に怒ってたんだったと思うんですよね、あいつらたいがい偉そうだなって、まともなやつもいるけど立場とか役職とかとなんで自分をごっちゃにするんだろうって、世の中そんなやつが多いなと思います、ありがたいことに最近のぼくの周りにはそういうやつはいなくてありがたいんですがなんでそうなっちゃうんですかね、自分は品よくあ

3
「ありのままに生きる」という事【私の思考】 最終回

「ありのままに生きる」という事【私の思考】 最終回

人が成長するためには、人間であるという事が窮屈すぎる。 そう感じ、どうすれば人ではないところにいけるのか。ともがき始めた頃、いつもの神社でいつもの御神木にそのことを話をしに行きました。 『私は、本当の意味での成長したいと思っているけど、人が本当の意味で成長するには、人間という器では窮屈すぎるよ。どうしたらいいの?しんどいよ・・・。』 心の中でそう御神木に話しかけたのです。すると、 『だからこそ人はかわいい』 そのような思いが湧いてきたのです。きっと、これが御神木から

5
『森のみんなが喜ぶことが喜び』御神木からのメッセージ

『森のみんなが喜ぶことが喜び』御神木からのメッセージ

御神木からのメッセージ 植物は夏の支度を始めている 水を蓄え、夏に備える 四季に合わせ、置かれた環境に合わせ どうしたら生きられるかを考える 私たち木々は、根を張り生きる 人間のように、移動はできない どんな環境であっても その場で、生き続ける 人は、いやなことから離れることができ 自分の住む環境も変えることができる 自由であるがゆえに わがままにもなるようだ 私たち植物にも性格があり 自然界も個性に溢れている 好きとか、きらいではなく ともに生きる仲間である 夏は

1