島唄

慰霊の日に聴きたい歌(琉球新報から)

今年も6月23日がやってきました。 コロナの影響で、追悼式典は昨年よりも規模を縮小して実施されたようです。私も遅ればせながらうーとーとー(手を合わせること)しました。 6月23日が何の日か知らない人が75.5%沖縄では6月23日は学校は休みになるので、その日が慰霊の日だということを知らない…

チチナガミ- 島唄

チチナガミ- 島唄 #チチナガミ #島唄 #三線 【三線】『島唄』(沖縄民謡) 弾いてみた

行きゅんにゃ加那(行ってしまうのか愛しい人よ)

 元ちとせと中孝介の歌う、奄美シマ歌の代表曲「行きゅんにゃ加那」。ネイティブの二人の掛け合いの島唄が、異国にいるかのようにゾクゾクさせる。島の三線から始まり、今か今かと歌が入ってくるタイミングに耳を傾けていると、あまりにふわっとちとせの歌声が導入してくる。その自然な成り行きに聞き…

[2021.06]【TOKIKOの 地球曼荼羅 ⑪】モンスーン、震えるアジア

文●加藤登紀子 ※こちらの記事は、6/16からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 ❶ 6月の雨、降り続けてる  アジアでの歴史の大きな波がなぜ6月なのか、モンスーンの嵐の中に、民衆の叫びが聞こえてくるようで、「モンスーン」という歌を作詞作曲しました。 …

ザ・家飲み向き泡盛紹介10

【島唄】 25度、30度があり、いずれも口当たりが甘く軽やかな万人向け。 水割り食中酒がオススメの楽しみ方。 県外のスーパーなどでも比較的安価で手入しやすいので、とっても普段飲み向きだ。

「島唄」の歌詞が意味するもの

 「島唄」(作詞:宮沢和史)の歌詞に込められた意味については、多くの人がネット上で紹介しているので、そちらも参照いただきたいが、この場でも簡単に説明させていただきたい。  なお、歌詞そのものについては、著作権の問題があるので、ここでは掲載を差し控えたい。関心のある方は、別途、確認…

あの頃好きだった曲…『島唄』

本日のnoteは、歌詞の裏に込められたもう一つの物語の意味を知ることで別の思いを抱きながら聴くようになったTHE BOOMの『島唄』についてです。 深い意味を知らずにカラオケで熱唱していた頃この曲(オリジナル・バージョン)が大ヒットしていた1993年、私は入社3年目の若手社員でした。出会ったのは…

でいごの花の季節に

こんにちは(*‘ω‘ *) きょうの一曲は、宮沢和史さん(THE BOOM)唄う『島唄』…♪ この曲が沖縄戦のことをえがいていると知って、6月や8月にカラオケで選曲することあります。でも調べたら、でいごの花が咲くのは3月頃、沖縄で海開きがされる頃だそうです。さらに調べたら、沖縄戦は3月下旬から6月22…

今日は三線

ギターもまともに弾けんのに三線買いました。今日は二度目の三線サークル。みんな上手い!三線ついていけずに唄ばっか唄ってました(笑)どうもこのサークル、アップテンポの曲がお好きらしい。わたしはもっと渋いのが好き。宜保せんせーい!!!

三線教室、連絡してみた

個人レッスン、1時間7000円。 高い、けど、安い。 私の小遣いの割合で考えたら高い、グループ料金と比べたら高い(あたりまえ)、でも、先生にこちらの都合で、さらに個人レッスンしてもらえること考えたら断然安い。 そう思ったので、月に一度、都合が合わないこともあるだろうから、年に数回にな…