お題

寄付について考える

日本でファンドレイジング・レポートを実現したいですね

~営利・非営利のソーシャル事業の成長が、社会課題の解決を加速させ、より良い社会を築くと信じて執筆~

寄付の動向について知りたいときは『寄付白書』(日本ファンドレイジング協会)を手にとるかと思います。一方で、ファンドレイジングの現場では、もう少し突っ込んだ情報が欲しい画面もあります。例えば、自分たちの寄付単価が相対的に高いのか低いのか気になり、他団体や全体としての寄付単価が気になったり、といったよ

もっとみる

2021.05.10 君の笑顔が最高だから、毎月寄付をすることにした

今日も君はよく笑った。最高の笑顔だ。

今日も君はよく泣いた。意思表示の第一歩だ。

今、君は眠っている。穏やかな寝顔だ。

何が言いたいかというと、君は最高だ。

でも時々怖くなる。比較的高齢出産ということもあり、去年の今頃は、ありとあらゆるネガティブな想像をしていたことを思い出す。気が滅入りそうなくらい、日々いろいろな覚悟をした。コロナも重なり、仮に君が無事だったとして、誰かに不幸が起こること

もっとみる
ありがとうございまちゅ〜
1

ヘアドネーションのおはなし【巻之五 他者の視点でモノ・コトを見ること】

こんばんは!COLOURFUL WORKER(とはなんぞや?は追々…)の滝澤摩耶(たきざわまや)です(*>_<)

先週はゴールデンウィーク、とはいっても、昨年に引き続き静かなGWを過ごしました。出かけたといえば、下鴨神社へ朝9時に出かけていき、青紅葉に目を癒してもらったくらいでしょうか(^-^;)

先週は更新をお休みして1週とんでしまいましたが、4月の出来事でもう1つ伝えたいことがあって、その

もっとみる

「ドネーションアプリ プロジェクト」第1回 日本に寄付という文化を根付かせる

上場企業を経営しながら、何社ものグループ会社のビジネスモデルを整理し、KPIを設定し、売上と利益を達成する。

マネージメントとして多忙を極めておりますが、2月9日のnoteで、僕がジャパンハートの吉岡さんとの講演で約束した「1000円からでも命を救えるドネーションアプリ」の開発しようと、一緒に働いてくれる人を募集する記事を書きました。

(【大の視点 at note】_2021/02/09 14

もっとみる

コーヒーサミット・フェアトレードデー なごや

昨日は、フェアトレードデイナゴヤのコーヒーサミットに参加してきました。

一応、サンクスコーヒーの活動としては、初参加となりました。

コーヒーサミットは飲み比べができるイベント形式でした。

20店舗ほど、なごやのコーヒー屋が集まり、1500円(マグカップ付)を購入して5杯(1杯100㏄程)飲み比べ、飲み歩きできるイベントです。

よくある飲み比べイベントですね。

うちはミャンマー(中深煎)の

もっとみる

「投資家が増えると寄付者も増える」 これを”早送り”できたらなあ、って思います。

ゴールデンウィークの影響で、投資信託の定点観測の最新資料がまだ発信されていませんので、 #寄付について考える  な記事をまたつくってみます。

今井紀明さんのツイートです。

このツイートに応じられたShimoyamaさん。

コロナ禍で様々な社会課題の深刻化が進む「早送り」を強く感じたので、僕自身も寄付に対する関心がグッと高まりました。僕自身の意識、考え方、行動でも「早送り」が起きた実感があります

もっとみる
最高っす!
16

「寄付」も「投資」の一つのかたちだとすると、たっぷりの時間をかけることが大切。

昨日、こんなキャンペーンを始めてみました。
#TableforKids というプロジェクトの存在を伝えるキャンペーンです。

ちなみに、キャンペーンで既に寄付されている1,000円は僕自身です。
#TableforKids とは

「Table for Kids」(子どもの「食」応援クーポン事業)は、経済的なご事情を抱えた子育て家庭に対して、まちのお店(飲食店・商店)の所定のメニューや商品で利

もっとみる
最高っす!
8

私の幸せは、知らない誰かの不幸の上に成り立っている、かもしれない

私はひとより共感性が高いようで、日本はもちろん、海外で起きた悲惨なできごとをいつも他人事に思えない。

いつ同じようなことが自分の身に降りかかるかわからない。そう思うようになったのは、私の出身地が太平洋側で、常に地震の怖さを学んできたからかもしれない。

今の私は幸せ、でも数日先はわからない
例えば事故や地震とか、いつ自分の身に起きるかわからない。テレビで報道される災害に、私も明日遭うかもしれない

もっとみる
ありがとうございます!拙い文章ですがまた読んでもらえると嬉しいです☺️
8

#TableforKids のキャンペーンをつくってみました!

#TableforKids とは「Table for Kids」(子どもの「食」応援クーポン事業)は、経済的なご事情を抱えた子育て家庭に対して、まちのお店(飲食店・商店)の所定のメニューや商品で利用できるデジタル通貨(ポイント)を付与し、新たな「食」の支援に取り組んでいます。

デジタル通貨は、スマートフォンのアプリを通じて付与されます。現金給付と違い、ポイントで支給することで、目的外に使用される

もっとみる
シェアしてくださると、バッジが貰えるかも?!
8

陽の当たらない不幸と陽の当たる不幸

私の妹は中学生の時、半身不随になった。

脳梗塞だ。

朝起きたら、左半身が動かなかった。発語も不明瞭。両親はただごとではない様子だったが、私は学校へと送り出された。

帰ったら妹は入院していた。

私は高校生のガキで世間知らずだったので、事の重大さがまったく分かってなかった。

かれこれもう30年以上経つが、まだ障害は残っている。

ただ健常者以上にバリバリ働くため、年収はおそらく私より多い。私

もっとみる
ありがとうございます!
19