青少年の自立を支える奈良の会

NPO法人 青少年の自立を支える奈良の会 公式noteです。 子どもたちやホームの様子を発信していきます。 フォロー、好きしてくださると嬉しいです。 HPも見に来てください!→https://www.naranokai.org/

青少年の自立を支える奈良の会

NPO法人 青少年の自立を支える奈良の会 公式noteです。 子どもたちやホームの様子を発信していきます。 フォロー、好きしてくださると嬉しいです。 HPも見に来てください!→https://www.naranokai.org/

最近の記事

固定された記事

noteはじめました

はじめまして! NPO法人 青少年の自立を支える奈良の会と申します! 私たちは奈良県で、自立援助ホーム「あらんの家」(男子ホーム)と自立援助ホーム「ミモザの家」の2施設を現在、運営しています。 あらんの家、ミモザの家では、様々な理由で家庭に居場所がなくなったり、児童養護施設などを退所し働かざるをえなくなったりした、原則として15歳~20歳までの子どもたちが生活しています。子どもたちは働いて寮費を納めながら、遊びや家事、様々なことを経験して自立に向けて生活しています。 そ

スキ
27
    • おせっかいBOX

      あらんの家、ミモザの家ではホームを巣立った子どもたちに向け、「おせっかいBOX」というものを半年に1回送っています。夏のイベントも終わり少し涼しくなってきたここ最近、あらんの家・ミモザの家では今年1回目の「おせっかいBOX」の発送が終わりました。 あらんの家、ミモザの家を巣立った子どもたちの多くは、保護者に頼れないまま仕事に就き、アパートを借り、1人暮らしをしています。 一生懸命、生活している子どもたちに向けて少しでも力になれたら… そんな思いで、主に1人暮らしをしてい

      スキ
      11
      • 職員ミーティング

        ミモザの家(女子ホーム)の投稿です。 残暑が続く中、ミモザの子どもたちはバイトに行ったり友達と遊んだりと忙しい日々を過ごしています。 ミモザの家では週に1回、職員が集まりミーティングを行っています。普段は1人勤務が多い為、記録だけでは伝わりきらない、情報共有や意見交換、相談など、その時々によっていろいろな話をミーティングで行います。 先日のミーティングでは、子どもたちから 「お風呂の時間を延ばしてほしい」 と声が上がったため、それを話し合うことになりました。 ミモザ

        スキ
        14
        • 夏のお出かけ

          少し久しぶりの投稿になってしまいましたが、あらんの家(男子ホーム)の投稿です。 まだまだ残暑が続く中、あらんの家では8月25日に夏の行事として、入居中の子に加え、退居した子も誘い、職員含め総勢11名で淡路島に日帰りで出かけてきました。 例年は職員が運転して出かけるのですが、今回は初めてマイクロバスを貸し切り、運転手さん付きで淡路島へ。 バスの中では仕事の話や今度遊びに行く予定の話、洋服はどこで買ったか、駐車場はどこが安いなど、くだらないことから真剣な話まで… 職員が運

          スキ
          20

          「一緒に」ってあったかい

          ミモザの家の投稿です! 8月になり、ミモザの入居児はバイトも忙しくなり、連勤が続き「疲れた~」と言いながらも、毎日、暑さにも負けずバイトを頑張っています。 大きなスイカの寄付を頂き、みんなで食べて涼んだり。 先日、連勤続きで束の間の休みの日だった子が夕食作りを手伝ってくれました。その日のメニューはハンバーグ! 一緒にハンバーグをこねながら、家でも作っていた話や、コロナで学校の調理実習が無くて残念だった~といろんな話をしながらハンバーグをまーるくこねてくれました。付け合わせに

          スキ
          12

          五感で味わう。

          ミモザの家(女子ホーム)の投稿です! 最近のミモザの家は初めてのバイトに緊張半分、ワクワク半分で向かう子や、少しずつバイトに慣れてきて掛け持ちでバイトを始めた子。バイトが休みの日には友人と遊んだり、学校とバイトの両立に挑戦したりと、日々を送っています。 ボランティアさんも来てくださるようになり、先日は夕食作りをしてもらいました。 「ヤンニョムチキン大好き!」 「すごい!おかずがたくさん!」 「ドレッシング手作り?」と子どもは大喜び。 普段、事務作業や色々な業務をしなが

          スキ
          8

          季節を感じる 七夕

          先日の7月7日、あらんの家では”七夕”ということで、リビングに七夕飾りをかざりました。 少しでも季節を感じられるように… と、お正月にはおせちを準備したり、クリスマスに飾り付けをしたり、季節ごとに、100円ショップなどで手軽に手に入る材料で飾り付けをする、あらんの家の職員。 短冊に書いた願い事は、恥ずかしくて言えなかったり、「来年には自立していたい」「幸せになりたい」など様々。 普段は言えない事も素直に話せたり、子どもたちと振り返りが出来たり、季節の行事は、子どもたちの

          スキ
          7

          暑さ吹き飛ぶ楽しい夕食

          少し久々にホームの様子の投稿です。 女子ホーム「ミモザの家」は入居児も増え、少し賑やかになってきました。 アルバイトを決めるためにハローワークに行ったり、面接に行ったり、タウンワークと、にらめっこして自分のしたいバイトを探したり、人生で初めて履歴書を書いたりと少しずつ自立に向けて、進んでいます。 そんなミモザの家は、先日、きゅうり10本の寄付をいただきました。 「きゅうりがいっぱいある‼」 「今夜はきゅうりの料理しようか〜!」 とテレビみている子に声を掛けると 「きゅう

          スキ
          18

          知ってもらう活動、はじめました ~自分ができる子どものためのコト~(3)

          ご挨拶こんにちは。NPO法人 青少年の自立を支える奈良の会です。 私たちは、奈良で自立援助ホームを運営している団体です。 今回も"私たちを知ってもらうために始めた活動"について、お話ししたいと思います。 先週、先々週と ・なぜ知ってもらう必要があるのか ・子どもたちに気付いてもらうために何をする必要があるのか についての記事を投稿しました。 続いて今回は、子どもたちに向けた寄付についてお伝えしたいと思います。 (お金の話が多くなってしまいます。よろしくお願いいたします。)

          スキ
          5

          知ってもらう活動、はじめました ~誰のためのWebサイト~(2)

          ご挨拶こんにちは。NPO法人 青少年の自立を支える奈良の会です。 私たちは、奈良で自立援助ホームを運営している団体です。 前回に続き、"私たちを知ってもらうために始めた活動"について、お話ししたいと思います。中でも今回は、Webサイトを刷新したことについて、お話しします。( 知ってもらう活動のご紹介 ) 必要な情報を子どもたちのために昨今、「家にいるしかなく親の暴力ひどくなった」という声が上がるなど、誰にも相談できず、悩んでいる子どもが増加し、虐待の発見が遅れていることが

          スキ
          8

          知ってもらう活動、はじめました(1)

          ご挨拶こんにちは。NPO法人 青少年の自立を支える奈良の会です。 私たちは、奈良で自立援助ホームを運営している団体です。(詳しくはこちらの記事で) どんな団体かを理解いただくためにブログ活動を行っていますが、中でも今回は、"私たちを知ってもらうために始めた活動"について、お話させてください。 知ってもらう活動を始めた経緯知ってもらう活動を始めた背景の一つに、コロナ禍における虐待の深刻化があります。具体的には、昨今、「家にいるしかなく親の暴力ひどくなった」という声が上がるな

          スキ
          8

          カーペット張替え

          2013年に5月1日に開設した、あらんの家(男子ホーム)は、来年で開設10周年を迎えます。子どもたちとの思い出がたくさん詰まったあらんの家は、10年の歴史と共に、ホームのあちらこちらに年季が入ってきました。 エアコンの買い替えに続き、先日、ダイニングと多目的ホールのフローリングにカーペットを敷く作業をしました。 子どもたちが卓球をしたり、ピアノを弾いたりと沢山の思い出が詰まった多目的ホール。ボランティアさんが、ピアノを動かさずパズルをはめるようにきれいに敷いてくださった時

          スキ
          11

          夏を迎えるためエアコンを新調しました!

          5月10日~11日、あらんの家で9台、ミモザの家で2台、エアコンを買い替えて取り付け工事をおこないました。 あらんの家は、10年目を迎えるにあたりエアコンの効き目が悪くなっていたため、昨年末から寄付を呼びかけました。さっそく多くの方が応答して下さり、目標の金額に到達しました。 新型コロナの影響でエアコンが品薄状態だったので、猛暑を迎えるまでにとりつけられるかドキドキしましたが、しっかり間に合いました。 あらんの家は、3月から毎月1人ずつ新しい入居者が生活を始めていて、来週に

          スキ
          9

          OBたちの思い

          あらんの家(男子ホーム)の初投稿です。 5月8日にあらんの家のOBの子たちが、自身の暮らすシェアハウスで開催したBBQに、現在、あらんの家に入居中の子たちを招待してくれました。 OBの子たちは「あらんの家を退居し、自立した自分たちの姿を隠さず見せることで、自立したリアルな生活を感じてもらいたい」「沢山の人に色々してもらった恩返しとして、後輩たちにも支援される側から支援する人になって欲しい」という思いから、今回初めて、入居者を招いたBBQを企画をしてくれました。 入居して

          スキ
          17

          思わず笑顔になる

          今回はミモザの家(女子ホーム)として初投稿です。 3月、4月と退居者が続いたミモザの家(女子ホーム)は 入居者1名と少しのんびりした5月を過ごしています。 先日、ミモザの家の防災バッグの中を整理していると賞味期限が近づいているミレービスケットの缶が10缶ほど見つかりました。 そのまま食べるのも飽きてきたので、ミモザで暮らす子と何かアレンジできないか、レシピ本を見ながら話していると、ビスケットを砕いてケーキの土台にし、レアチーズケーキを作っていました。 夕食後、職員にもデ

          スキ
          19