学生アスリート

闇記録 007

おはようございます。メンヘラナースです。

2ヶ月前に鼻の美容整形手術を受けました。

次は目をやります。

歯科矯正もやります。

死にたいくせに欲望だけは人一倍☝️

お金欲しい。

後日また美容整形についても書いてみようかなと思います。

メンヘラナースに献金したい!って人も募集してます。

それでは。

闇記録 006

おはようございます。

戦争と自殺を無くすに笑いしかないと本当で思っているメンヘラナースです。

遅くなりましたが、6/26分の記録とします。

今日の仕事で疲れているので手短に。

マッチングアプリで知り合った男2人と近いうちに会う予定です。

2人ともお笑い好きで1人は芸人?元芸人?現YouTuberなのかな。

とりあえず、会ってから詳しく記事書きます。

いいねよろしくね。

競技会結果 2020/9/23

9/22,23日に出場いたしました国公立大学対校陸上競技大会の結果について書きたいと思います。

今回は9/23に出場した三段跳についてです。

競技結果

14m11(+0.8) 6位

①13m93②13m78③12m23④13m20くらい⑤14m11⑥×

PBは14m47でこれも走幅跳と同じで今シーズンの8月の競技会で跳んだ記録です。
今大会は良くて14m60、最低でも14m台は跳ぶことを

もっとみる

【スポーツ】1歩目が遅い原因

今回は特に球技系スポーツで1歩目が遅いことにお悩みの方向けの内容です(今回は前方への1歩目の話ですので、横方向への動き出しに関してはまた別の記事で解説します)。

遅い原因

原因を解説する前にまずは下の画像を見比べてみて下さい。この画像は2種類の異なるスタート姿勢を撮影したものです。

この体勢から『よーいドン!』で同時に動き出す場合、どちらの方が速く前方へ動き出せそうでしょうか?

正解は右で

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

競技会結果 2020/9/22

今回は9/22,23に出場いたしました国公立大学対校陸上競技大会について書きたいと思います。

試合結果の投稿は初めてですが、ぜひ読んでいただけたら幸いです。

結果

走幅跳

6m97(+2.1) 3位
①6m24②6m84③×④6m84⑤6m89(+1.1)⑥6m97(+2.1)

PBは今シーズンの8月の記録会で出した7m02で、今回はその記録を超えることと3位以内が目標でした。

各跳躍

もっとみる

不整地を走ること

基本はタータンか土のグラウンドで練習する陸上。

しかし、時には不整地で走ることで自らの能力を向上させることができると私は思っています。
私自身、不整地で走ることが今の能力の土台となっているといっても過言ではありません。

そんな私がお世話になっている不整地を今回は紹介いたします。

砂浜

短距離、跳躍、投擲は馴染みの深い練習場所だと思います。特に夏合宿や冬季練習で取り入れる選手は多いでしょう。

もっとみる

陸上の立ち位置が難しい

皆さんにとって陸上はどの立ち位置にいますか?

人生のど真ん中だという人もいれば、趣味の領域にあるという人もいるでしょう。
私は今現在は後者寄りであると思っています。

しかし、前回の投稿のように、人生のど真ん中にあった時期もありました。

https://note.com/doiya_2768/n/nbbfc0e766877

だからこそ、今はものすごくいい距離感で競技に取り組めていて、調子も良

もっとみる

私はきっとアスリート

いざ何かを書こうにも何書こうって悩んでる

私はいま大学4年で、来年から社会人。
つまり学生最後の年。

私の学生時代は部活動、競技活動三昧。
小学生の頃から友だちと遊ぶ時間もなく、クラブに部活にと時間を費やしていた。

そう、だから肩書きはきっとアスリート。
けどこんなカッコいい言葉が似合うほどの実力も実績もない。
もうすぐその競技人生も終えることになるのだけど、いまふと思う。
何のためにここま

もっとみる

大学2年の冬季

こんにちは。小林です。

前回の投稿、読んでくださった方ありがとうございます。

今回は私が陸上に1番向き合った時のことを書きたいと思います。

1人の陸上選手の体験談だと思って読んでくださると幸いです。

大学2年の冬(昨年度の冬)、その時が私にとって1番陸上に時間を捧げた時期であり、私の陸上への考え方を変えさせてくれたきっかけになった時期でもありました。

結論からいってしまうと3月に入る前に

もっとみる

【インタビュー】スクール共同開発*SCJ中村さん

こんにちは。
マイナビアスリートキャリア 広報担当です!

アスリートキャリアスクールが開講されて1ヵ月が経ちました!
参加者の満足度も高く、大好評いただいています!
さて、今回はコンテンツの共同開発をしていただいたパートナーへインタビューを行いました!開発の経緯・注目ポイント・思いなどをご紹介したいと思います!!

第1回目のインタビューは・・・・

一般社団法人スポーツコーチングJapan

もっとみる