スポーツで世界へ!byアスリートブランドジャパン/スポーツ留学専門

スポーツで世界へ!は海外大学スポーツで活躍する日本人を紹介するメディアです!IMGアカデミー正規代理店/スラムダンク奨学金エージェント/野球・サッカー・陸上・バスケをはじめとするメジャースポーツから、現地のスポーツマネジメントやコーチングが学べるスポーツ留学まで

スポーツで世界へ!byアスリートブランドジャパン/スポーツ留学専門

スポーツで世界へ!は海外大学スポーツで活躍する日本人を紹介するメディアです!IMGアカデミー正規代理店/スラムダンク奨学金エージェント/野球・サッカー・陸上・バスケをはじめとするメジャースポーツから、現地のスポーツマネジメントやコーチングが学べるスポーツ留学まで

    最近の記事

    アメリカへの留学は、人として成長したい!違う土地で自分は絶対に成功するんだ!という強い意志を持った人にはうってつけの経験になると思います! ~アメリカ大学野球留学

    アスリートブランド生レポートシリーズ! 今回は、まさにシーズン真っただ中、NCAA D2アメリカ大学野球留学生、 ノースウエスタンオクラホマ州立大スタメンショート、3月13日現在、.364 4HR 18打点 という堂々たる成績で活躍中の裕吾君(NCAA 全額奨学金獲得)に質問を送ったら、次のような回答をいただきました! Q:アメリカ大学野球留学して感じた、日本の野球との違いは? 裕吾君: ・練習時間が短いので質の高い練習ができる。 •高校時代、”質より量”という感覚だ

      • アメリカの人達はスポーツ社会を家族全員で楽しんでいて、これは日本でも取り入れるべきだなと ~アメリカ大学ソフトボール留学

        アスリートブランド生レポートシリーズ! 今回はアメリカ大学ソフトボール留学をしている麻由さんからです。 AB(アスリートブランド 以下同):アメリカ大学ソフトボール留学をしてよかったこと、日本では得られなかった経験は何ですか? 麻由さん: ソフトボール留学してよかったことは日本とは違うスポーツ社会を学べたことです。 アメリカは日本と違ってスポーツはある種の仕事だなと感じました。いろんな会社からのスポンサー、奨学金、SNSやライブ配信などいまいる2年制大ですらこの三つは

        • 留学で成功するためのたったひとつのシンプルなコツ。~NCAA D1 アメリカ大学水球留学体験談(下)

          【アスリートブランド留学生に聞く!】シリーズ! アスリートブランドスポーツ留学生にお話を伺うのをシリーズ化して、不定期でお届けしています。 今回も、前回に続いて、NCAA D1 St Francis大水球留学中の健志郎君からお話です。 **** AB 前回伺った以外で1シーズンを過ごして、水球関連で日本との違いを感じたことなどありますか? 健志郎君:まずはコーチと選手との関係ですね。日本はコーチが上、選手が下というのが普通ですが、うちのチームはコーチがまだ若いという

          • アメリカなのにチームメンバー出身国はヨーロッパ中心に10か国。アメリカ人はゼロ。~NCAA D1 アメリカ大学水球留学体験談(上)

            【アスリートブランド留学生に聞く!】シリーズ! 以前、NCAAD1へ陸上留学している陽季君の話を伺いましたが、アスリートブランドのスポーツ留学生にお話を伺うのをシリーズ化して、不定期でお届けしたいと思います。 今回は昨年春、千葉県の公立高校を卒業し、秋からNCAA D1 St Francis大に水球留学している健志郎君からお話を伺いました。水球は秋が公式戦シーズンですので、渡米後まもなくシーズンに入るというハードスケジュールとなります。1年目のシーズンを終え、現在はオフシ

            メジャーリーグ1年目の新庄選手

            北海道日本ハムファイターズの新監督に新庄剛志氏が就任しましたね! 新庄監督にはメジャー1年目、ニューヨークメッツ時代にお会いしたことがあります。 アメリカ市場向け野球用具の担当をしていた前職時代のことです。 日本からメジャーに行くと、メーカーとの契約もリセットされる場合がまあまああり、新庄選手の場合は、シューズがまだ決まってないという事で、新庄選手にぜひわが社のものを履いてもらおうといろいろサンプル(といっても試合で使用可能なもの)を作りました。アメリカ人担当経由で納品

            NCAAディビジョン1所属、アメリカ大学陸上留学1シーズン目を終えて

            こんにちは! 本日は、アメリカオハイオ州にある、NCAA ディビジョン1所属、アクロン大学で奨学金をもらってアメリカ大学陸上留学中の陽季君(跳躍)に1年目のシーズンが終わってのお話を伺いました。 アスリートブランド:(以下A) まず一年目終わってどうでしたか 陽季君: 楽しかったです。 A:陽季君は三段跳び・跳躍専門かと思いますが、アクロン大の跳躍選手は何人くらいいますか。また全体ではどのくらいですか? 陽季君:うちの跳躍陣は15人。アメリカ人やセルビアから来て

            米大学野球留学動画受入調査の動画 ~受入調査の動画はどんなものを撮ればいいのか

            「受入調査の動画はどんなものを撮ればいいのか」 よく聞かれる質問の常連です。 現地に行ったときに行うセレクションではやるメニューはだいたい決まっています。つまりコーチたちはそのメニューでのパフォーマンスを元に選手評価をしています。したがって、その内容を動画で撮影しておくるのが彼らコーチにとっても見慣れていて、評価がしやすい内容だと言えます。 では具体的に見ていきます。 ■まずはバッティング ↑にもありますが、左打者なら一塁線、右打者なら三塁線が映るような角度が打球の

            2021年8月1日、東京オリンピック期間中にオリンピックスタジアム・神宮周辺を歩いてみました。

            東京五輪は折り返しを過ぎ後半戦を迎えました。 陸上競技も始まりました。 約半年前の2月に神宮周辺を走った時に神宮球場の横の軟式野球場&テニスコートにトラックのタータンが敷き詰められ、サブトラックになっていたのを思い出し、もしかしたら、選手が見れるかも、とダメもとでこのサブトラへ行ってみました。 青山通りから銀杏並木に入る車道は規制がかかってます。 歩道はいけますが、青山通りを背に左側は途中から歩道も封鎖されてます。 並木通りをまっすぐ向かうと、元軟式野球場である、サ

            ハーバード大でアイスホッケー留学中の月咲さんのセッションは名言満載で要チェックです!

            先日、アスリートブランド生、吉伸君がUCバークレーに編入合格したといううれしいニュースを投稿しましたが、 ハーバード大に現役合格し,現在アイスホッケー留学している、 佐野 月咲 さんというものすごい方がいます。 先月オンライン開催された、Sports X Conference 2020+1 での その佐野さんの「現役ハーバード生が考える新キャリアの歩み方」というセッションは、 名言満載の素晴らしい内容でした。 ハーバード大は世界のランキングで1,2を争うトップofトップ

            バリバリの日本の高校球児が、アメリカ大学野球留学を経て、超難関校UCバークレー入学に編入合格できた秘訣。~日本高校球児→アメリカ大学野球留学→UCバークレー編入(→国際機関で活躍 予定)

            こんにちは。前回の投稿からだいぶ時間が空いてしまいましたが、今回はうれしいニュースです。 オレゴンの2年大に通う現役大学2年のアスリートブランド生、吉伸君が、このたび超名門・難関校、ソフトバンク孫会長の母校でもあるUCバークレー=カリフォルニア大学バークレー校にこの秋より編入合格という連絡を本人から受けました! "U.S. News & World Reportの世界大学ランキング(2021 Best Global Universities Rankings)では世界第4

            NAIA ~NCAAとは別のアメリカの4年制大学スポーツ連盟

            「NCAAとはどういう組織か&スポーツ留学したい日本人アスリートがNCAAディビジョン1でプレイするためにクリアしなければいけない条件とは」という記事ではアメリカの大学スポーツとして有名なNCAAについてお話しました。 また、「アメリカの2年制大学~なぜ日本人アスリートのスポーツ留学スタート場所としておすすめなのか」では、日本人アスリートのスポーツ留学先としては2年大もあるよ、という話もしました。 実は、アメリカの大学スポーツ連盟には、もうひとつあります。 それが、NA

            IMGアカデミー長期留学!!

            今回はIMGアカデミー長期留学について共有したいと思います。 IMGアカデミーはフロリダ州ブラデントンにあります。 日本から行く場合は直行便がないため、 アメリカ国内で乗り継ぎをし、フロリダに向かいます。 IMGアカデミーは錦織圭選手の印象が強いかもしれませんが、 IMGアカデミーを卒業されたスポーツ選手は多くいらっしゃいます。 ・西岡良仁選手 ・今平周吾選手 ・宮里美香選手 など IMGアカデミーは、東京ドーム約50個分にも及ぶ敷地があります。 55面のテニスコート、

            IMGアカデミースペシャルキャンペーン!

            こんにちは、アスリートブランドです! 本日はなんと、IMGプログラム費用が10万円割引または 2週間以上の参加で1週間分無料となる特別キャンペーンのお知らせです! 人気テレビ番組でも取り上げられるなど、 日本でも有名になっているIMGアカデミーのスポーツプログラムにおいて、 今夏にご参加いただける方を対象としたキャンペーンです。 下記の条件に当てはまる方の中で先着順での受付となりますので、 ぜひお早めにお申し込みをお願いします! ◇キャンペーン対象条件◇ 特典:プログラ

            NCAA Division1女子サッカー部とは、、実際のサポート選手の声!

            皆様こんにちは! アスリートブランドです。 今回は、NCAA D1にサッカー留学をしているTomoyoさん(星槎国際湘南)の現地の声をご紹介させていただきます。 Tomoyoさんは、全国女子高校サッカー選手権大会で日本一も経験し、アメリカ大学リーグの最高峰であるNCAA D1のサッカー部よりフルスカーラシップ(全額奨学金)を獲得し昨年9月に渡米をしました。 コロナ禍の中、開催していたリーグ戦では合流して間もないのにも関わらず 開幕戦よりスタメンで出場し、2戦目ではアメリ

            アメリカの2年制大学~なぜ日本人アスリートのスポーツ留学スタート場所としておすすめなのか

            前回  NCAAとはどういう組織か&スポーツ留学したい日本人アスリートがNCAAディビジョン1でプレイするためにクリアしなければいけない条件とは というタイトルでNCAAについてお話しましたが、アメリカの大学スポーツ留学先はNCAAだけではありません。 NCAA以外の組織は4年制大学のNAIA、2年制大学ではNJCAA, NWAC, CCCAAという連盟があります。 本日は、2年制大学運動部をまとめる連盟についておよびそしてこの2年制大学が日本人アスリートがスポーツ留学を

            NCAAとはどういう組織か&スポーツ留学したい日本人アスリートがNCAAディビジョン1でプレイするためにクリアしなければいけない条件とは

            アスリートブランドの根本です。 スポーツで世界の人をたくさん繋げたい という思いをもとに、スポーツ留学という言葉がなかった2003年からスポーツ留学事業を推進しています。 アスリートブランド・スポーツで世界に挑戦する若者たちの情報は、これまで、ホームページやアスリートブランド独自ブログアスリートブランドの独自ブログ、ツイッター(サッカー留学)、ツイッター(代表)、Facebookページ、Facebook野球留学ページ、インスタサッカー留学ページ などでも発信していたので