太極

太極拳に興味津々   練習は甘いものではありませんでした!

太極拳に興味はありつつも、日本にいる時には、なかなか始めるきっかけも掴めずにいました。 台湾で、やってみたいことの一つに太極拳があり、機会を伺っていました。 台湾での太極拳の呼び名は太極(タイチ)です。 台湾では、朝早くから、近くの公園などで太極拳やその他の体操など、毎朝練習をしているグループもよく見かけます。 太極拳人口もかなり多いものと思われます。 以前の散歩の公園で、「近くで、無料で太極できるよ、行きましょう」と誘われたこともありましたが、時間が合わずになかなか参

スキ
19

転載後編(81)

顯質(けんしつ)第八十一 と言う副題がついています。   老子道徳経、最後を飾る章です。   性質、本質を顕わにしている 老子に徹底された争わず、与える精神、行動です。   斬り結ぶ    刃の下こそ地獄なれ 身を捨ててこそ   浮かぶ瀬もあれ と言う境地は古来様々な剣豪や仏家が似たような句を発していますが、鳳凰堂はまだまだこの域には遠いです。 先ずは気持ちだけ、志だけでも同じくしています。     以下鳳凰堂流解釈 真に信じるべき言葉には飾りはなく、人の息づかいで表

スキ
35

可能性を引き出す「言葉」

こんにちは。 スクラムヒューマンパワー代表 日原 達仁です。 私の記事を読んでいただいて、ありがとうございます。 私には、3人の子供がいます。 子育てに関しては、9割妻に任せ私は放任主義でした。 「日原さんの子育て論を教えてください」なんて質問が来たら、 どう答えようかと悩んでしまいます。 ただ、ひとつだけ言えることは、「言葉」なんだと思います。 肯定し、前向きに、スマイルを、 「できる」思考で想いを言葉にしたことです。 叱ることもありますが、後には引きずりません。 で

スキ
57

先生と師匠、生徒と弟子の違い#5

前回の記述~ あたながあなたの人生という舞台を 舞うためには、主役のあなた以外にも 脇役が必要なのですが… 脇役=脇を固める人達… あなたが人生に於いて自身の「志」 企業であれば「理念」 これらがしっかりと 確立されているならば、 自ずとそれに必要な脇役達で 周囲が固められていくはずです。 脇役には善玉のみならず悪玉~ 悪役=必要悪の役者も居るでしょう;;; 一番大事なのは「志」「理念」 これらが太極(ブレない軸)とならなければ、 人生の脚本、シナリオが成立しません!

私の、夏の怪談

おはよう。こんにちわー!こんばんは あなたのフォローしている作家さんに、サイコパスな水流君(仮名)がいるかも知れない。 一度、水流君に捕まると執拗にディスられます。 彼は彼。永久に変わる事無く、善人とサイコパスを繰り返して行く。 太極が回転し、くるくる回ってバターになっちゃった。 そんな時は水で流してしまえ。 綺麗になった後は、どす黒く塗り潰す。 そう、彼が本物のサイコパスなのだ。 ありがとうございました こんごとも、よろしく

スキ
4

転載後編(40)

去用(きょよう)第四十と言う副題がついています。   循環と言う法則性は全てに通じています。 循環する動きは、元に戻ろうと言う動きと感応し合いながら巡っています。   震動、波動の原理です。   そして、震動、波動が起こるのは、常に変化していると言う事で、一見柔弱に見えます。   あらゆるものは、この柔弱と思える人の無意識から生じ、意識して目的、目標となり、実現に向かいます。   つまり、プラスの事を考え続ければ、プラスとなって現実に現れます。   【直訳】 反は道の動なり。

スキ
4

転載(11)

無用第十一と言う副題がついています。  有用の反義語となりますが、有用が有用とされるのは、無用(用いていないように見える)ものがあるから。 活躍する人がいれば、陰で支えている人がいる。 便利なものは、人の手間を省くが人が使える機能を使わない方向に導いている。 全て自分1人でやる事を考えると、そこには誰かや何かのサポートがあり、1人ではできていないことを陰で支えてくれている。 こんな風にかんがえると、全てのもの、全ての現象に感謝しかありません。 車の車輪は三十本前後

スキ
1

【雑記】太極図に違和感がある話

太極図 ☯ と言われるものがある あるのだが、どうしても僕にはこの図に違和感がある なぜだろう、と直感的に違和感がずっとあったのだ 違和感がある、つまり信頼をおけない なぜかぱっと見のイメージで 易(易経(?))と繋がらなかったのである しかし、そこで出会ってしまった 安岡正篤さんの易経講座をよんでいたら 太極は「━」と表す、と そう、僕はこれを見た途端にスッっと心に落ちた しっくりきた。 陰と陽の勉強をして爻というのがあることは理解していた 爻は陽「━」 と 陰「

スキ
3

「すがかて」もぐもぐワーク

やわるしすの講座に「すがかて」というものがあります。これは、「清々しいカラダを作る糧」の略です。 中医学や日本の伝統医療などをまぜまぜして塾長が編み出したものですので、エビデンスもありませんし、実践例も塾長のみです。ですが、やってみてもらうと中々評判がいいですので、呼吸のワークとセットにして展開しています。 もぐもぐワークと呼んでいる部分については、文字情報だけあればできる方もあるのではないかと思いまして、noteにも載せておきます。 何を食べるかより、どう食べるかが大事

スキ
15