大嘗祭

剣山山頂大祭

昨年開催の御代替わりを寿ぐ大嘗祭と阿波忌部

講師で講演頂いた林先生が中心となって活動している忌部文化研究所

毎年、剣山で7月17日に剣山本宮例大祭(ほんぐうれいたいさい)この日は「旧約聖書」の中に出てくるノアの箱舟がアララト山に漂着した日と同じでそれがユダヤに関係しえちるのでは?ないかとの伝説があり

ユダヤの三種の神器が納められている「アーク」
アロンの杖
十戒が書かれた石板
マナの壺

もっとみる

<活動レポート> 春日大社《大嘗祭》勅祭にて、プロジェクトの収穫米を奉納しました(2019.11)

みなさまこんにちは。お米を主食に!プロジェクト公式ノートです。本日も活動レポートをお届けします。(お米を主食に!プロジェクトの内容を知りたい方は、まず下の記事からご覧ください)

春日大社《大嘗祭》勅祭に、収穫米を奉納しました。

遡ること、2019年11月14日。
その年の新穀豊穣を感謝する《新嘗祭》。「令和」に改号され新天皇が即位された昨年は、勅祭社16社の春日大社《大嘗祭》勅祭にご縁いただき

もっとみる

2020年を統計学でみる

2020年については、以前からなにやらある年だと噂になっていた。いったいどうなるのだろうと期待半分、不安半分で断捨離をしたり、10年日記を始めたりしていた。

どういうことを聞いていたのか、記しておく。

2020年は『庚子年。かのえのねどし』

庚とは金属のことで、現代風にはアンテナ、受信機、ひいては直感、ひらめき。または金、鉄ともいわれ、刀剣、行動、攻撃…などと意味される。
子年は種子、種の意

もっとみる
一杯呑んでっておくれよ
3

あまり普段なら踏み込まない話題、皇室と政教分離について

主な皇位継承儀式が行われた昨年、「政教分離に反する」という意見をTwitterなどでちらほら見受けました。

儀式は話題にすれど、なんの話だろうという人も多いと思います。また、仮に知っていてもわざわざ触れない人も多いと思います。

雑に説明すると、
・自然現象など神羅万象に神が宿ると考える、日本独自の民俗信仰を「神道」と言う。
・日本神話に出てくる天照大神は、皇室の祖とされる神である。

批判の内

もっとみる
ありがとうございます!ツキの10ヶ条。その7「ツイている人と付きあう」

コトタマTalk【旧約聖書と新約聖書】

結婚式の儀式においては、二つの聖書の意味が込められている。
白無垢の角(ツノ)隠しで花嫁が登場し、お色直しで再び登場するは、旧約聖書から新約聖書に死んで甦りましたよ!と伝えるためのもの。
角(ツノ)は牛を現し、牛は、モーゼの象徴であり、旧約聖書において、モーゼは牛によって救われた。
白無垢は死を現しており、お色直しは、色つまり生命を甦りさせた、キリストの復活の意味を現している。
また、宮中では大嘗

もっとみる
スキをありがとうございます。感謝です
5

G装置開発記 その1

執筆:ラボラトリオ研究員 磯部 航

2020年、新年が明け、
仕事が始まり、すぐの1月7日。
ミーティングの場は静かな熱気に包まれていた。
開発コード「G装置」の心臓部ともいえる、
基礎設計が決まったのだ。

「銀河革命が起こっちゃったか」
と、七沢先生がおっしゃった。
まさにいま、この場に、革命が起きたのだ。
それは「はい、どうぞ」と、バーンと発表されたようなものではなく、
淡々と、自然の流

もっとみる
励みになります!
107

國學院大學博物館企画展【大嘗祭】行って来たよ

へいへい、悪意表出ソムリエで御座いますよ。

2019年12月15日、母校國學院大學博物館の企画展【大嘗祭】に行って参りました。
日曜日まっ昼間の渋谷住宅街は閑散として静かですた。

◆外観

超ド級久方ぶりに訪れた母校・國學院大學は敷地スゲー増えてた。

博物館敷地内の外展示、これはオイラが在学中から見慣れているものがそのまま移設されていたよ。

この看板はその内のひとつだ。
横には、朝鮮半島の

もっとみる
お目汚し失礼致しました

2019年スキをたくさんもらった記事ベスト10

明けましておめでとうございます❗️

アクセス数ランキングに次ぎ、スキをたくさんいただいた記事をランキングでご紹介します。アクセスと結構違っていて、興味深いです。アクセスランキングはこちら

こちらも本当は昨年のうちに上げておきたかったですが、お許しください。実は集計も今なので、厳密には違ったらすみません❗️でもたぶん合ってます。

1位:紀子さまのしゃべるスピードを数値化してみた!♥️18

もっとみる

12月行った神社さん①

〇月行った神社さんシリーズが2019年いよいよ最後になりました。
2018年の11月から始めていて、もう1年以上続けていたのかと、少しの誇らしさと感慨深さを感じています。

それでは早速今年最後の振り返りをしていきたいと思います。

【竹下稲荷神社】12/2

新人保険屋さんとして、担当しているエリア内にある神社さん。
いつも人気(ひとけ)がなくて、手水舎には水がなく、社務所も閉まってるのですが、

もっとみる