阿波忌部氏

剣山山頂大祭

昨年開催の御代替わりを寿ぐ大嘗祭と阿波忌部

講師で講演頂いた林先生が中心となって活動している忌部文化研究所

毎年、剣山で7月17日に剣山本宮例大祭(ほんぐうれいたいさい)この日は「旧約聖書」の中に出てくるノアの箱舟がアララト山に漂着した日と同じでそれがユダヤに関係しえちるのでは?ないかとの伝説があり

ユダヤの三種の神器が納められている「アーク」
アロンの杖
十戒が書かれた石板
マナの壺

もっとみる

日本創生セミナー〜シリーズ阿波忌部から学ぶ日本復活のヒント〜

昨年、大嘗祭と阿波忌部のセミナーで講演された林先生の東京でのイベントが2月24日渋谷にて開催されます。

阿波忌部の精神が日本復活の鍵!! 日本建国のメッセージを令和に受け取り、明日を創る! 日本創生セミナー〜シリーズ阿波忌部から学ぶ日本復活のヒント〜

2020/02/24 (月) 17:30 - 22:00

会場 パセラリゾート グランデ渋谷 チケット

講演会のみ ¥3,500

もっとみる

日本創生セミナー 〜シリーズ阿波忌部から学ぶ日本復活のヒント〜

昨年、大嘗祭と阿波忌部のセミナーで講演された林先生の東京でのイベントが2月24日渋谷にて開催されます。

日本創生セミナー 〜シリーズ阿波忌部から学ぶ日本復活のヒント〜

2020/02/24 (月)
17:30 - 22:00 JST
会場
パセラリゾート グランデ渋谷
チケット
講演会のみ ¥3,500
講演会+懇親会 ¥9,000 

◎チケットpeatix
https://peatix.c

もっとみる

大嘗祭と阿波忌部に関連し年末、山崎忌部神社

年末のゆくとしくるとしにて、大嘗祭と阿波忌部に関連した山崎忌部神社

こちらは10月27日14時に行われました山崎忌部神社での大嘗祭に使われる麁服の出発式

麁服(あらたえ)とは、阿波忌部直系氏人の御殿人(みあらかんど)が、天皇陛下が即位後、初めて行う践祚大嘗祭の時にのみ調製し調進(供納)する「大麻の織物」を云います。麁服は、悠紀殿・主基殿の大嘗宮の儀で、天皇陛下が威霊を体得される為に神座に 神御

もっとみる

11月14,15日大嘗祭(万世一系で続く和の精神を日ユ同祖論とYAP遺伝子から)

大嘗祭
天皇が即位後最初に皇祖および天神地祇 (てんしんちぎ) に新穀を供え,これを食べる儀式
その年に収穫された米などを神々に供え、自身も食し、五穀豊穣(ほうじょう)や国家安寧を祈る
古くはこの祭りによってあらたな天皇の資格が完成するものとされていた。
歴史的には858年に9才で即位した清和天皇の時に遡り
平安末期よりの皇室の式微と共に簡略化され,103代後土御門天皇を最後に応仁の乱以降221年

もっとみる