吉本ばななのキッチン②

満月の
「うっすらとオレンジに染まるほの暗い雲が西の空に広がりはじめる。もうすぐ、ゆっくり冷たい夜が降りてくる。」

吉本ばななの短編キッチンを読んで、空の表現が好きだと思った。

冷たい夜が降りてくるだよ!?
う~~~ん。好き!

夕空を思い出した時、
太陽が沈み夜は登って来るって私は感じる。
まぁ現実通りに表現してもってとこだしね。

夕方になると東の下から夜がどんどん濃ゆくなり空を登ってくる

もっとみる
スキありがとうございます
1

夕焼けこやけ

日が暮れる前の時間帯が好きだ。

日が暮れる1時間前に夕焼けこやけが流れる。メロディーが街に流れ出すと自分の中のスイッチがゆるやかに切れるような感覚を感じる。

賑やかだけど底に静けさが流れる時間。

洗濯物を取り入れなきゃとか、晩ごはんの準備をはじめなきゃなど、いろいろなことを思いながら、もう少しだけ猶予をもらったような時間。

波打つように動く心と時間を無にして、夜に向かう準備をする。

スキありがとうございます。
3

日が長くなってきた

1月20日。月曜日、夕方。帰り時間に歩道橋からきれいなピンク色の空が見えた。少しずつ日が長くなってきている。

仕事どうしようかなあ。このままでいいのかなあ、とふと思ってしまった。もっと腰を据えて一つのことに集中するか、いまのままいくつかのことをこなしていくのか。そして結局、できることをやっていこう、といういつもの結論に落ち着く。

夜ご飯に生姜焼きを作るか、回鍋肉を作るか迷いながら中途半端なおか

もっとみる
ありがとう♡
2
チャージ完了!
41

ヴェネツィアにて

夏、夕方のヴェネツィアが好きだ

水上バス=ヴァポレットに乗って、エメラルドグリーンの上で
涼しげな風に汗を冷やし、暮れてゆく日を見るのが好きだ

すべての美しいものの魂が、この時ここに集まっている

最後にパッと、光の拡散

魅惑的な夜の迷路へ

よろしければシェアもお願いします( ◠‿◠ )
2