地域課題

【総合的な探究の時間�】80チームが市内80社にインタビュー! Vol.1

今年度から2年生の「総合的な探究の時間」が新しくなりました。

ポイント1:市役所と連携

市役所と掛川市の抱える課題を10個選択。

この10個の課題をもとに2年生で10個のゼミを作りました。

クラスの中で10個の課題の中から一つ選んでグループを作ります。

同じ課題のグループが集まり、ゼミになります。

ポイント2:探究の流れ

1学期には探究の手法を学んできました。

2学期には地域の課題

もっとみる
Merci フランス語でありがとう!
8

【「いわきFCクリニック」の設立経緯・続きの続き】 人材の絶対数不足が解決困難な地方でも、打つべき手は必ずある

〜医療従事者不足という社会課題に対して、【全国単位での「偏在」】と【地方単位での「絶対数不足」】は、同時に取り除ける原因であるのか?〜

今回は、日本における医療従事者不足に関するの課題の原因と、その原因を取り除く実践を続けるいわきFCクリニックでの取り組みについて触れていきます。

● いわき市の動態データに衝撃:"自分事"として地域医療に動き出す

私が起業をする前に、いわき市の医師不足解決に

もっとみる

【「いわきFCクリニック」の設立経緯・続き】 ボランティア活動からいわきFCクリニック誕生に至るまでの歩み

〜 地方に医師が集まる状態をつくるには? 地域全体を巻き込んでの「いわきFCクリニック」の誕生まで 〜

そもそも、私が地域医療を意識するきっかけとなったのが、家族を在宅で介護し看取った経験です。2009年、東京勤務の私は、終末期となった父をいわき市の実家で介護するため、東京と福島を毎週末に往復する生活をしていました。

患者家族として地域医療の当事者となり、「地域の医療介護の現場で従事される方々

もっとみる

【「いわきFCクリニック」の設立経緯】 限られた財源で「地域医療体制」を守るために地域の皆さんを巻き込む!

〜 少子高齢化が加速する中で地域の社会課題を克服するためのロールモデルを目指す 〜

株式会社HealtheeOne(ヘルシーワン) 代表取締役社長CEOの小柳正和です。私はプロサッカークラブ・いわきFCと共同で、地域医療の課題克服を目的として設立した「いわきFCクリニック」の経営を担う立場でもあります。

ITを本業としていた私が地域医療を志すきっかけとなったのは、2009年に父をいわき市で在宅

もっとみる

未来は出会いで輝く

高知県いの町にある室町時代から続くお寺

金蓮寺で令和の寺子屋はじめます♪

「自分はどんなことに興味があるのか?」

「将来どんな世界と関わりたいのか?」

自分のキモチを発見するキッカケとなる様々な”場”を作っていきます。

・学生や親子の学びや楽しめるイベント

・様々な仕事を知ることができる場

・色んな世代、違った環境にいる人との交流の場

など♪

9月には第一弾となるイベントがありま

もっとみる
やったーー!ありがとうございます( ^)o(^ )
8

『ゲームなんて』と言わずに

こんにちは。求道よみと申します

地域課題解決、
産業振興につなげることが、
今回のプロジェクトの目的

今このような状況下であるからこそと
地域課題の解決を探るために取り組む自治体

シニア世代の
コミュニケーション活性化にも
効果を期待している取り組みについて
今朝はこのような記事を拝見いたしました ↓↓

(7/22(水) 11:01配信)

\\  高齢者とeスポーツ  //

『ゲームが

もっとみる
本当に感動です
57

やさしい未来をITと迎えに行こう

コロナだとか豪雨とか訃報だとか何とも落ち着かない日々真っ只中でありますけど、皆様いかがお過ごしてしょうか。調子が良い人もそうでない人も、とりあえずこの記事を見ることが出来てるのであれば生きてるって事なのでね。そしたらまた会えますからね、とりあえずはそれでOKですよね。

今年度はのんびり過ごしたいなと思っていたのですが、中々そううまくはいかず、色々な展開の中で今月から改めていくつかのプロジェクトに

もっとみる

DX OITAをはじめます。

DX OITAは、やさしい未来をITと迎えに行こうをコンセプトに、ITを活用した地域課題の解決とコロナウイルス感染症の影響を見据えたビジネスの構築を行うため、大分県及び公益財団法人大分県産業創造機構(おおいたスタートアップセンター)の主催により、令和2年度遠隔型ビジネス創出促進事業として開始しました。

DXってなに?

近年、様々な形で注目されているデジタルトランスフォーメーション、通称DX(デ

もっとみる

コミュニティでまとまりと多様性を両立させるために必要なこと

スポーツコミュニティの運営を初めて現在10年目。

下は最近撮影したソーシャルディスタンスを踏まえた集合写真です↓↓

元々大会を目指すようなチームではなく、初心者から誰もが楽しめる場となり、スポーツの枠を超えて一人ひとりにとって心地よいサードプレイスになればという想いをもっていましたが、

レベルも年代も国籍も様々な方が集まることによる良い面もあれば、難しい部分も経験してきました。

一方、スポ

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
8

地方を活性化する為には part1

地方創生という政策が始まりもうすぐ6年目ですが、地方創生ってなんだったのか考えてみました。地方創生とは、2014年に第2次安倍内閣によって打ち出されました。東京一極集中を是正し、地方の人口減少を抑制、日本の全体を底上げするものです。
具体的な方法として、地方の雇用創出、地方への人口流入、若者のワークライフバランスを保つ、地域間の連携などがあります。

ここからは個人的な意見ですが、まず人口の減少は

もっとみる