地域支援

リハ職の団体、訪問看護の規制に抵抗 署名活動を開始

朝、GoogleAlertに上がってきたニュースを見て驚きました。

来年度の介護報酬改定に向けて議論されているリハビリテーション専門職による訪問看護の抑制策をめぐり、日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本言語聴覚士協会が、国に再考を求めるための署名活動を共同で行っているというのです。

記事によると以下のとおりです。

「介護保険だけでも約8万人の利用者がサービスを受けられなくなり、約5千

もっとみる
少しでも参考になれば嬉しいです!
6

「仕方ない」の社会

仕事をしていて日々考えていることです。

前にも書いたのですが、私の仕事は心理士と呼ばれるもので、カウンセリングとか心理検査とかやるような人です。

心理士といっても、組織の中の一社員であるし、組織の中で動く以上、組織の方針にそった働きになるのは当たり前。
だから、組織の方針上どうしようもできない人も出てくることはあります。それは、組織を回すために必要なことだから(と割り切ってはいる)。
「仕方な

もっとみる
ありがとうございます🐿
1

すがもプロジェクト-鴨台祭企画まとめ-

大正大学は、毎年11月に開催されている大学祭「第8回鴨台祭〜心は満(みつ)に〜」をオンラインで開催します。

すがもプロジェクトでは、歩こう巣鴨班、祈りのまち巣鴨班、キャンパス農園班、東北活動復興班の4班が鴨台祭に参加します。今回はその4班の企画をまとめました。

① 歩こう巣鴨班 「巣鴨オンラインツアー初級編 大正大学の学びの地、巣鴨はこんなまち」
歩こう巣鴨班の全体的な企画のコンセプトは、巣鴨

もっとみる

歩こう巣鴨-学生の街 巣鴨へ-

「すがもプロジェクト」の七班にインタビューして内容を紹介する連載第3回は「歩こう巣鴨」班の皆さんです。大正大学は巣鴨にありますが、巣鴨と聞くと何をイメージするでしょうか。「おばあちゃんの原宿」が有名ですね。昔から親しまれている高岩寺や真性寺などのお寺、たくさんの人であふれる地蔵通り商店街。その巣鴨の町を学生の学びの場として大いに活用しよう、そのためにまずは巣鴨を学生に歩いてもらおうと様々な仕掛けを

もっとみる

尼崎ラーメン紀行【わが街活性化計画】

こんにちは。行政書士の阪本です。

生きるために食べているのではない。
食べるために生きているのだ。

とある行政書士の名言。ええ、私です。

飲食店の受難はまだまだ続いている印象です。

飲食店に元気がないと街全体が活気を失います。飲食大好き行政書士としては支援したいところ。

そうだ。外でご飯を食べよう!

単純な結論ですが、結局はこれが一番の支援策。そして私の趣味と実益も兼ねた一石三鳥。

もっとみる

東北復興活動 -まずは行こう 南三陸-

「すがもプロジェクト」の七班にインタビューして内容を紹介する連載第2回は「東北復興活動」班の皆さんです。一見関わりが無いような南三陸と東京・巣鴨にある大正大学。実は、大正大学は東日本大震災発生直後に南三陸でボランティア活動を実施したことがきっかけで、現在でも強い絆でつながっているのです。「南三陸まなびの里いりやど」は大正大学のエリアキャンパスにもなっているほど! 学びの地としての「すがも」は遠く東

もっとみる

すがもプロジェクト始動

大正大学が2016年に創立100周年を迎えるにあたり打ち出したのが「すがもオールキャンパス構想」。「巣鴨のまち全体が大正大学のキャンパス」とする大胆な発想だ。この構想のもとにこの春から、教職員と学生が協働して企画・実践する「すがもプロジェクト」が動き出した。まずはこのプロジェクトの概要をみなさまにお伝えしたい。

大正大学の超改革!

この春より大正大学魅力化構想の一環で「すがもプロジェクト」が動

もっとみる

農家の意識改革

農家の皆さんの耕作放棄地へ意識が低いのが今の問題点です。そのような事を下記で書かせて頂きましたのでご覧下さい。
#READYFOR #クラウドファンディング

もっとみる

生活の実感から「世の中の体温をあげる」ビジネスを創る ★ 自治体の方々と、これからの地域事業者の支援を考えたい(2)

株式会社ただいまの佐藤と申します。これまで10年以上、地域の事業者さんの支援を手がけてきました。支援にあたっては、日本各地の自治体や、地域の金融機関さんや支援機関の方々とご一緒させていただく機会が多く、千葉、長野、京都、広島、福岡、長崎などで主に活動しています。

新型コロナの影響が、まだまだ見通しにくい状況が続いています。そんな中でも、地域の事業者は生きていかなければならず、またそのための支援も

もっとみる
ありがとうございます!
4

地域版「公益」資本主義の必要性 ★ 自治体の方々と、これからの地域事業者の支援を考えたい(1)

株式会社ただいまの佐藤と申します。これまで10年以上、地域の事業者さんの支援を手がけてきました。支援にあたっては、日本各地の自治体や、地域の金融機関さんや支援機関の方々とご一緒させていただく機会が多く、千葉、長野、京都、広島、福岡、長崎などで主に活動しています。

新型コロナの影響が、まだまだ見通しにくい状況が続いています。そんな中でも、地域の事業者は生きていかなければならず、またそのための支援も

もっとみる
ありがとうございます!
2