四季折々

収穫祭は遠くとも

例えば、この秋の冷気が身体に触れたとき、ふいに自らの郷を想ってしまう我が心を、一体だれが責めるというのだろう。窓越しに見えるのはいつしかの紅葉でも、隣に住む幼馴染みの姿でも、畑を耕す叔父の背中でもない。ただ、無機質な建屋が息をせず群れる都市にあって、人混みの中で無数に吐かれた溜息が象徴する、深淵の街「東京」。天候が安定しないのは、皆がやるせない呼吸をするからだ、という叔母のよく分からない冗談を以て

もっとみる
ありがとう!今日も世界が笑顔でありますように。
43

季節の匂いに敏感であること

陽が沈んでからベランダに出ると、それはもう明らかに漂う秋の匂い。
金木犀の香りだろうか。澄んだ空気の香りか。そんなことを考えているうちに、寝違えた首筋の痛みが気になり始めるKHです。こんばんは。

誰しもプチ自慢というのを持っている。
人より食べるのがはやい。
人より起きるのがはやい。
人より歩くのがはやい。
......それが自慢となり得るのかはさて置き、実は僕も『他人より少し優れている事』があ

もっとみる
ありがとう!今日も世界が笑顔でありますように。
44

第52回|子どもと自然と未来のトリコ!

子どもと自然の未来のために、習慣にしていることはありますか?

Iターンの田舎暮らし2年目のTSUKI家。
暑さも和らぎ、自然レジャーに忙しい毎日です!

山・森・川・畑と、無限に遊び場所があるのが田舎のいいところ♡

too much NASU LIFE!に自然を愛すことを習慣にしています♩

目次
【1】那須スタンダードの自然!
【2】子どもと自然!知る編
【3】子どもと自然!守る編
【4】子

もっとみる
ありがとうございます♡
8

40おじさん人生日記9/22【自分ルールは四季折々】

無理をしない

社会にでてるだけでルールに縛られてる

今、言うことは法ではない

自分ルールのことだ

自分で決めたことを 破ってもいい

明日からやろうとか

目標を持つことは大切

だが縛られてると感じたりストレスに感じたら柔軟に変化させよう

それが出来るのは自分ルールだからだ

落胆することは決してない

柔軟に対応している

臨機応変な自分を素晴らしいと思う

俺なんかは それの繰り返

もっとみる
うん わかるよ 気になるよね
16

【福井県】私がよく行く癒し&穴場スポット

今日は福井県にある養浩館をご紹介します。

養浩館庭園は、江戸時代に作られた庭園で

福井藩主松平家の別邸でした。

建物が水辺にうつってとても綺麗です…

閑静で落ち着きのある町並みは時間の流れをゆっくりにしてくれます。

養浩館には、2つのものが共存しているように感じました。

私のような一般人には手が届かないような、どこか別世界にいると思わせられる雰囲気。

しかし畳の色や、水がキラキラと壁

もっとみる

青と緑と青

今日もいい天気でしたね☀

朝起きた時に、私の目の前に現れた景色は…空の青と草木の緑、そして…海の青。
夏景色。

夏景色の中には、さまざまな色がある。

水面を照らす太陽のヒカリ(黄色・金)。
青い空に浮かぶ雲(白)。
草木を揺らす風(無色透明)。
行楽地・仕事に向かう車(色はさまざま)。
そして、人間模様。

青と緑と青…この景色を見てると、今世の中で起こってることが嘘みたいに思える…

四季

もっとみる
スキありがとうにゃ🐱大好きだにゃ🐱
2

9月入学制への拒否反応

9月入学をどうしても受け入れられない私がいる。そういう話をします。

私は職業や趣味がバラバラで、「何ものであるのか」を言いきれない。それってどうなの…?と、思っていた時期があった。そのときに、そうだ、私は一個人として、日本の文化(とそこを要にして他の地域の文化)を愛していく人になろうと、そういうアイデンティティを掴んだのです。

そういう私なので、季節のめぐり、空の模様が本当に好きなのです。ペン

もっとみる

週5で信州を走る大学生 vol.6

最近は長野県でも暖かい日が続いています。洗濯物もよく乾いて厳しい冬から一変、とても過ごしやすい季節になりました。

基本的に夕方から夜にかけて走ることが多い私は日中の太陽の恩恵を受けられずにいます。私のランニングのスタート地点は市内でもわりと規模の大きな公園です。

日中は子供たちで賑わっています。やはりこのご時世人が密集する場所は避けがちです。

先日のnoteでは走るときの音楽について書きまし

もっとみる
また読んで頂ければ幸いです!
7

ワインにも季節がある?四季折々の楽しみ方【はる編】

食べ物は旬がありますが、ワインはどうでしょうか。

ボジョレーヌーボーの解禁日は11月、その後はクリスマスシーズン。確かに年末になるとワインの消費が盛んになります。でもその時期だけワインを楽しむのは勿体ないことです。

なぜなら、日本に四季があるように、ワインも季節に合わせる楽しみ方があるのです。そんなワインの楽しみ方を、春夏秋冬に分けてご紹介します。

✿はるワインの楽しみ方✿

桜シーズンの春

もっとみる
わーい、うれしい♡
3

明日世界が滅ぶなら

世界が滅びる、という話題が出ていたそうで。

私にとっては今日は、春分の日で連休初日。

金曜日のお休みは久しぶりだなぁ?と感じながら、朝から天気が良かったので 洗濯ものを干したりと身体がよく動きました。

ここのところ凝っている「春の苦み」にあやかって生命力をもらおうと クッキングも捗りました。

皮のままのりんご、菜の花、レタス、菊菜、きぬさや。

新じゃがとツナとゆで卵をサラダにしてレタス包

もっとみる
♥やった!うれしいです♥
3