反トラスト法

今日のニュース

米、巨大ITの追及緩めず 司法次官補に反グーグル弁護士 バイデン米大統領は20日、司法省の反トラスト法(独占禁止法)担当トップに米グーグルへの批判で知られる弁護士を指名した。米連邦取引委員会(FTC)のカーン委員長を含め、競争政策を担う主要ポストにはIT(情報技術)大手に厳しい専門家をそろえる。独禁法を厳しく執行する方向へ転換する姿勢を鮮明にした。と述べられていた。では、なぜここまでして取り締まりを強化したいのか? その理由に原価というものがる。飲食店や販売店などの企業には

スキ
1

米国下院のパワフルな委員会は、大企業を弱体化させる一連の提案を承認。

CNNは2021年06月24日に、米国下院の強力な委員会は2021年06月24日木曜日に、大規模なハイテク企業の弱体化を目的とした一連の提案を承認した。 司法委員会(Judiciary Committee)は、上位のデジタル・プラットフォーマーに新たな義務を課し、ゲートキーパーとしての力を乱用することを禁止し、場合によっては新たな罰金や解散の道を開く一連の法案を可決した。 司法委員会の議員たちは、2日間で約29時間に及ぶマラソンのような会議を行い、米国の独占禁止法(U

再生

トラ、GAFA規制法案に指摘。

先日、下院の司法委員会がビッグテック(巨大IT企業)規制法案を作成し、下院に送った。 下院でも通過する公算が高いとみられている。 トランプ前大統領は、この法案を歓迎してはいるが、一方で欠陥があることも指摘している。 その欠陥とは・・? ↓ ↓ https://youtu.be/oZ3CtAJHkYs

スキ
1
再生

ジョシュ・ホーリー議員が、ビッグテックに斬り込む!

最近、米国で注目されているビッグテック問題。対策として、マイピロー社CEOが独自SNS創設等に取り組んでいる。 しかし、米政界でもこの問題に立ち向かう動きがみられる。その一つがジョシュ・ホーリー議員のビッグテック規制法案の提出である。 気になるその中身とは? ↓  https://youtu.be/oZv6x7Nb0yQ

スキ
1

ハイテク企業ショック❓❕

1月最後の米国市場は、3指数とも急落しました。。フェイスブックがアップルを反トラスト法で訴訟を検討しているようです。そのほかでは、テスラ、ジョンソン・エンド・ジョンソンの下げが目立ちました。また、このところ続いておりますヘッジファンドとロビンフッダーとの攻防が値動きを荒くしています。なお、ゲームストップの株価は、再度急騰しています。 ダウ平均 29,982.62 -620.74 -2.03% S&P500種 3,714.24 -73.14 -1.93% NASDAQ総合

スキ
10

巨大プラットフォームのトランプ氏への対応

アメリカ大統領選が終わり、バイデン氏が大統領に就任しました。 そして、今回の大統領選ではトランプ氏が不正を訴えており、就任式に現れないなどとても荒れた選挙戦になりました。 そんな中で、報道によると熱狂的なトランプ支持者が議事堂に乱入するなどしており、トランプ氏は暴動を扇動したなどとして巨大プラットフォームからアカウント凍結などの制裁を受けています。 GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)やTwitter、TikTok、Snapchatをはじ

スキ
4

独占禁止法について勉強しよう! -3分で読めます👟-

近年、GAFA(Goole, Apple, Facebook, Amazon)企業の「独占禁止法」を巡る話題が増えましたね。 そんな独占禁止法(=反トラスト法:Antitrust)について今回はその中身と、実際に取り扱われた事例をご紹介します。 -独占禁止法とは何か?💬-正式には「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」と定められいます。しかしこれでは何だか分かりづらいですよね。 上記の画像を見てみましょう。A社、B社、C社が同様の商品を扱っていたとします。この3

スキ
34

グーグルの反論:司法省によるグーグルに対する反トラスト訴訟

このnote記事『戦略をアップデートする』は、競争戦略コンサルタントとして「GAFA×BATH」などの米中メガテック企業をはじめと国内外トップ企業の動向をフォローしている田中道昭が、日々行っているこれら企業へのリサーチの中からその内容をシェアするものです。 今日の『戦略をアップデートする』は、第70回で取り上げた米国司法省によるグーグルへの反トラスト訴訟に関連して、グーグルの反論をシェアしたいと思います。 グーグルは、2020年12月17日、コーポレートブログに「Rede

スキ
3

GAFA潰し第二弾?米司法省がGoogleを反トラスト法違反の疑いで提訴。反トラスト法=独占禁止法。裁判の本格的な審理は3年後。日本もGoogleに支配。Microsoftもそう。日本はトヨタやニンテンドーが強いが、分野が違う。ITが脆弱でデジタル庁を新設した。ベンチャー伸びろ。

スキ
1

フリーランス、独禁法で保護 政府が年内にも指針

政府はフリーランスとして働く人を独占禁止法などの法令で保護する指針を年内にもまとめる。組織に属さずスキルを生かすような多様な働き方を法的な安全網の整備によって後押しする。取引する企業側が契約内容を書面で残さなければ独禁法違反につながる恐れがあることなどを明記する方向だ。 内閣府や厚生労働省などの試算では、国内のフリーランスは300万~400万人台に達する。曖昧な法的位置づけが原因で、不利な立場に陥りやすい。内閣官房の2~3月の調査では、企業から業務を受託するフリーランスの約

スキ
3