米国下院のパワフルな委員会は、大企業を弱体化させる一連の提案を承認。

米国下院のパワフルな委員会は、大企業を弱体化させる一連の提案を承認。

DigitalCreator

画像1

CNNは2021年06月24日に、米国下院の強力な委員会は2021年06月24日木曜日に、大規模なハイテク企業の弱体化を目的とした一連の提案を承認した。

司法委員会(Judiciary Committee)は、上位のデジタル・プラットフォーマーに新たな義務を課し、ゲートキーパーとしての力を乱用することを禁止し、場合によっては新たな罰金や解散の道を開く一連の法案を可決した。

画像2

司法委員会の議員たちは、2日間で約29時間に及ぶマラソンのような会議を行い、米国の独占禁止法(US antitrust law)をここ数十年で最も大きく変えるであろう6つの法案を下院に提出した報告した。

https://time-az.com/main/detail/74681

これらの法案は、米国の反トラスト法に数十年ぶりに大きな変化をもたらすもので、最も厳しい法案は、委員会メンバーが主張する、ビッグテック企業が行う最も露骨な反競争的戦術を禁止する(the most blatantly anti-competitive tactics practiced)ものでである。

画像4

これらの法案では、Amazon(AMZN)は、個人販売者と競合する同じ電子商取引プラットフォームを所有する(owning the same e-commerce platform)ことを禁止される。Facebook(FB)は、将来的に競争上の脅威になると思われる新興企業を買収する(acquire startups that it may perceive to be a future competitive)ことができない。Googleは、検索結果でYouTubeを他の動画ライバルよりも宣伝する(promoting YouTube in search results over other video rivals)ことを禁止される。また、Apple(AAPL)は、iOS上でサードパーティのアプリストアを許可する(allow third-party app stores on iOS)よう求められる可能性がある。これらの政策案は、ビッグテックの主要なビジネスモデルの核心に迫るものである。

画像5

これらの法案は、GoogleがYouTubeの動画をプッシュするように、大規模なハイテク企業が自社の製品やサービスを自社が所有するプラットフォーム上で不当に高めたり、アマゾンの販売者に対する扱いのように、複数のプラットフォームを支配することで、そのプラットフォームに依存する他のビジネスに損害を与えたりすることを違法とするものである。

画像6

しかし、Googleのもっとも危険なコンテンツ泥棒に対する規制がない。つまり、泥棒を合法化している。
さらに、個人の要求により個人情報の駆除も抜けている。
まだまだ、Googleに対しては、規制すべきことが多くある。

連邦取引委員会の元委員長であるウィリアム・コバチッチ(William Kovacic, former chairman of the Federal Trade Commission)は、フォード時代の法律に言及して、合併や買収のための公的透明を確立する「これらの措置は、45年前の1976年の米国の競争法制度において、ハート・スコット・ロディーノ(Hart-Scott-Rodino)以来の最も重要な改革となるだろう。」と述べている。

下院司法委員会のジェリー・ナドラー委員長(House Judiciary Chairman Jerry Nadler)は、水曜日の会議の冒頭で、「各法案は、イノベーター、起業家、新興企業のために競争の場を公平にし、米国の消費者にイノベーションと選択肢の増加による利益をもたらすための超党派的な計画の重要な一部である。(Each bill is an essential part of a bipartisan plan to level the playing field for innovators, entrepreneurs and startups, and to bring the benefits of increased innovation and choice to American consumers,)」と述べた。

画像3

法案が委員会を去る際、この法案の共同提案者である共和党のケン・バック議員(Rep. Ken Buck)は、ハイテク業界からの圧力に負けずに勝利(victory)を収めたと主張した。

バック議員は、6つの独禁法関連法案が可決された後、「ビッグテックは、委員会を通過しないだろうと言って、6つの独禁法関連法案すべてに反対するよう働きかけていた(Big Tech lobbied against all six antitrust bills, saying they would not pass out of Committee,)」とツイートした。
バック議員は、木曜日に法案が可決された後、「私は、通路の両側にいる同僚たちと協力して、ビッグテックを打破し、これらの法案を下院に進めることができたことを誇りに思います。(I'm proud to work with my colleagues on both sides of the aisle to Break Up Big Tech and advance these bills to the House floor.)」とツイートした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Gracias de antemano. Gracias
DigitalCreator
ドイツの国立ヨハネス・グーテンベルグ大学大学院博士課程、既に何10年も休学中! 博士論文は完成しているが、未提出。 大阪芸術大学は卒業。 雑誌グラフィックデザイン編集部在籍経験者。 「デザイン」という言葉を日本に持ち込んだ勝見勝の唯一の師弟として公認された弟子。