企業文化

“社員に最も喜んでもらえる表彰制度”について考えてみた

皆さんの会社には社員の表彰制度はありますか?

すべての社員に公平で正当な評価を与えることを目的として、もしくは皆のモチベーション向上のためや、会社側から皆に日頃の感謝の気持ちを伝えるために、表彰制度を取り入れている会社も多いのではないかと思います。
しかしただ制度として設けるだけでは期待した効果に繋がらないことも多く、具体的に「どのように取り入れるか?」「どんな表彰なら喜んでもらえるか?」など工

もっとみる

【文化浸透の6つの施策】企業文化のつくり方Vol3

こんにちわ。株式会社ottoman(オットマン)の永松 心です。
このnoteでは、YouTubeチャンネルで紹介している動画を書き起こし、振り返りやすいようログとして残していきます。

↓↓↓以下は本編のYouTubeです。

今回は、企業文化の創り方についてお話させていただきます。

それでは、早速スライド見ながら進めていきましょう。
まずは、前回のおさらいです。

前回は、企業文化の見つけ方

もっとみる
スキありがとうございます!
5

プロ経営者への批判に対して思うこと

俺が監督だったら・・・が溢れる理由

昔、「プロ野球監督はなぜ批判されるか?」という記事を読んだ。それによると、観客は選手になることは難しいがなんとなく監督にならなれそうな気がするらしい。なるほど。確かに監督は実際にプレーすることはない(たまに選手兼の方もいるが)。采配だけなら素人でもできそうな気がしてくるのだとか。甘く見られたものである。

さて、プロ経営者についても同じことが言えると思っている

もっとみる
あなたのnoteにも遊びに行きますね!
18

企業文化ってパワフル!

先日、ソニーが63年ぶりに社名変更することが発表しました。

この記事のまとめ

この記事を簡単にまとめてみると、ソニーは創業以来、画期的な製品を世に送り出してきて、それは、当時の松下、東芝などの家電他社とは企業イメージで一線を画してきた「ソニーらしさ」があった。

その「ソニーらしさ」は、二人の創業者である井深大、盛田昭夫の創業の精神でもあったと言うこと。

その「ソニーらしさ」が無くなってしま

もっとみる
やったー!
7

“HAPPY LINK LAB”はじまります!!

こんにちは!
株式会社スペサンのCHO(Chief Happiness Officer)佐藤です!
(もう30代なのに、“かおりん”って呼ばれていて、ちょっと恥ずかしいです。)

この度、幸せに働く人を連鎖的に増やしていくためのハブとなるコミュニティ、“HAPPY LINK LAB(ハッピーリンクラボ)”を開設いたしました🤗

HAPPY LINK LAB始動

コロナウイルスの流行により、働き

もっとみる
ありがとうございます!幸福度あがりました😁
6

企業文化を創りたいなら『○』『✖』はハッキリしていた方がいい。

皆さんの会社では『やっていいこと/悪いこと』の『○』『✖』はハッキリしていますか?これが明確になっている会社は『企業文化がしっかりできている』といえるでしょう。企業文化ができている会社は社員から自然と「それってうちっぽいね/うちっぽくないね」という言葉が聞かれると思います。

この『○』『✖』が意外と難しくて、『法令違反の行為』とかであれば誰が見ても『✖』とわかるのですが、同じ事柄であってもA社で

もっとみる
ありがとうございます!
7

【企業文化の見つけ方】企業文化のつくり方Vol2

こんにちわ。株式会社ottoman(オットマン)の永松 心です。
このnoteでは、YouTubeチャンネルで紹介している動画を書き起こし、振り返りやすいようログとして残していきます。

↓↓↓以下は本編のYouTubeです。

今回は企業文化の見つけ方についてお話させていただきます。
それでは早速スライドを見ながら進めて行きましょう。

まずは前回のおさらいです。

企業文化とは、「組織で当たり

もっとみる
スキありがとうございます!
9

【企業文化とは何か】企業文化のつくり方?Vol1

こんにちわ。株式会社ottoman(オットマン)の永松 心です。
このnoteでは、YouTubeチャンネルで紹介している動画を書き起こし、振り返りやすいようログとして残していきます。

↓↓↓以下は本編のYouTubeです。

まず、企業文化とは何か。企業文化を一言で言うと「組織で当たり前になった判断基準」の事です。

例えば、

会議への参加姿勢。多少遅れても問題ないか、それとも開始時間ピッタ

もっとみる
スキありがとうございます!
7

【note】転職はそう簡単ではない

多分、あきっぽい私は、サラリーマン時代天転職を軽々しく考えていた。

今は昔ほど、転職のハードルは高くなくなったが、とはいえ、色々とリスキーであるのは、昔も今も変わらない。なにせ仕事を1から覚えなおす。ローカルルールもあって、前職の考え方が通用しない部分もある。カルチャーショックなんてのは、覚悟しておいた方がいい。さらに付け加えると、新卒の新入社員であれば、容認されていた失態も許されなくなる。それ

もっとみる

企業カルチャーについて考える

※この記事は約2000文字です。約4分で読めます。

Gallup Webinar【不透明な状況下で企業カルチャーを維持する方法】に参加しました。

VUCA(Volatility/変動、Uncertainty/不確実、Complexity/複雑、Ambiguity/曖昧の頭文字をつなぎ合わせた造語)の状況下でどの様に企業文化を守っていくのか、それがどう会社の成長に繋がるのか言う内容でした。

V

もっとみる
読んで頂き、有難う御座います!
5