【連載小説】 この素晴らしい世界を 【最終回/全五回】

【連載小説】 この素晴らしい世界を 【最終回/全五回】

朝方、聞き覚えのないスマホからの緊急ブザーの音で叩き起こされた。送り主は『日本政府』。 テレビをつけると大統領がこう言った。あと24時間で人類は突然の終わりを迎える事になったと。 僕は彼女と最後の日常を過ごす為に、旅へ出た  十八時間後。零時。  決められている作法を正しく守るように、僕らは静かに抱き合った。紗希の熱と肌、息遣いの全てが愛おしくて何度も何度も触れ合った。花火の音数が段々と減って行き、やがて外から聞こえて来る嬌声も少なくなった。  外の気配を心寂しく感じる

スキ
13
【連載小説】 この素晴らしい世界を 【第四回/全五回】

【連載小説】 この素晴らしい世界を 【第四回/全五回】

朝方、聞き覚えのないスマホからの緊急ブザーの音で叩き起こされた。送り主は『日本政府』。 テレビをつけると大統領がこう言った。あと24時間で人類は突然の終わりを迎える事になったと。 僕は彼女と最後の日常を過ごす為に、旅へ出た。  十三時間後。午後七時。  絶え間なく喋り続けるラジオから、新しい情報がもたらされた。どこか緊張したようなDJの声に、家族となった僕ら四人は無言で耳を傾けた。 「非常に断続的にですが、えー、新たな情報が入ってまいりました。明日未明、落下する小惑星ク

スキ
11
【連載小説】 この素晴らしい世界を 【第三回/全五回】

【連載小説】 この素晴らしい世界を 【第三回/全五回】

朝方、聞き覚えのないスマホからの緊急ブザーの音で叩き起こされた。送り主は『日本政府』。 テレビをつけると大統領がこう言った。あと24時間で人類は突然の終わりを迎える事になったと。 僕は彼女と最後の日常を過ごす為に、旅へ出た。  九時間後。午後三時。  広い通りに出たが交通量は相変わらず少ないままだった。天気の良さも相まって、思わずアクセルを踏む力が強くなる。あと半日後には何もかもが木っ端微塵になって消えてしまう景色の中を、快適なスピードで進んで行く。  心地良く運転して

スキ
18
【連載小説】 この素晴らしい世界を 【第二回/全五回】

【連載小説】 この素晴らしい世界を 【第二回/全五回】

 朝方、聞き覚えのないスマホからの緊急ブザーの音で叩き起こされた。送り主は『日本政府』。 テレビをつけると大統領がこう言った。あと24時間で人類は突然の終わりを迎える事になったと。 僕は彼女と最後の日常を過ごす為に、旅へ出た。  四時間後。朝十時。  電波マークが消えたスマホを何気なく眺めると、電波が四本立っているのに気が付いて、僕はすぐに紗希に知らせた。 「紗希、スマホ見てみろ!」 「えっ、嘘……ちょっと、掛かるかな? ……もしもし? お母さん?」  実家に電話を掛

スキ
18
【連載小説】 この素晴らしい世界を 【第一回/全五回】

【連載小説】 この素晴らしい世界を 【第一回/全五回】

 朝、僕は聞き覚えのないスマホからの緊急ブザーで叩き起こされた。送り主は『日本政府』。 テレビをつけると米大統領がこう言った。あと24時間で人類は突然の終わりを迎える事になったと。 僕は彼女と最後の日常を過ごす為に、旅へ出た。  朝方。スマホの緊急速報のブザー音が部屋中に鳴り響いて僕は飛び起きた。地震かと思ったのだが、それは聞き馴染みのない甲高いブザー音だった。スマホを手繰り寄せ、画面を見ると「日本政府より」という表題でこんなメッセージが表示されていた。 「至急テレビを点

スキ
14
酸化グラフェンとか
スパイクタンパクとか
知れば知るほどまともじゃない
こんなワクチン考えつく連中と
同じ地球の空気を吸いたくない

大量殺戮のみならず
生きたまま人をゾンビにして
生まれてくる子は奇形児
こんな猛毒を何度も何度も
アトランティスの末路のように
この世界ももぅ滅亡

酸化グラフェンとか スパイクタンパクとか 知れば知るほどまともじゃない こんなワクチン考えつく連中と 同じ地球の空気を吸いたくない 大量殺戮のみならず 生きたまま人をゾンビにして 生まれてくる子は奇形児 こんな猛毒を何度も何度も アトランティスの末路のように この世界ももぅ滅亡

スキ
9
[妄想]ワ○○ンで人口削減ではなく、人類端末化説

[妄想]ワ○○ンで人口削減ではなく、人類端末化説

おらは一端のエンジニア。この茶番で色々情報収集して、技術者視点でこんなことを考えてみた。単なる妄想だから、読むも読まないも、何を感じるかも自由。 重要な事実(真実かどうかは別として)コロ珍に下記の様なことが言われている。 ・5爺と珍で人口削減とか、人類を新たな支配体制にする計画という陰謀論者の噂 ・腕に磁石がついたりBluetooth(探しものタグなどに利用されるBLEタグっぽい反応らしい)が反応する(macアドレスがついており、時々番号が更新されるそう。ただ、注射前のバ

スキ
2
猛毒注射で万単位の死者が出ていて
ついに12歳の女の子まで死んだ

それでも全力で推奨されつづける猛毒
あとどれだけ死ぬの??

集団接種会場に並ぶ面々は
善意溢れる製薬会社が
善意で全世界に配布しているとでも
思うのだろうか?
否、日本人自身、人類自身が
集団自殺を始めたのだ!

猛毒注射で万単位の死者が出ていて ついに12歳の女の子まで死んだ それでも全力で推奨されつづける猛毒 あとどれだけ死ぬの?? 集団接種会場に並ぶ面々は 善意溢れる製薬会社が 善意で全世界に配布しているとでも 思うのだろうか? 否、日本人自身、人類自身が 集団自殺を始めたのだ!

スキ
9
人類絶滅をデザインする

人類絶滅をデザインする

2021/10/06 7:49 内山田康の原子力の人類学を読んでいて苦しい。 原料たるウランを採掘/環境破壊し、発電に利用/環境破壊し、ゴミとしてのプルトニウムを最終処理/環境破壊する。 核利用/環境破壊の全ての段階で、さらに人/コミュニティ/信頼をどんどん破壊していく。 自らの住むべき土地もコミュニティも分断され、全てが核関連ビジネスに取り込まれ、異議申し立てが言えなくなる現実、 それを知れば知るほど、人類不信になる。 そんなとき、パオラ・アントネッリ、の言葉を見つけた

スキ
2
次世界のプレデターたち

次世界のプレデターたち

「ドードー、大陸ペンギン、ジンルイ、絶滅してしまった動物について今日は絵を描いてみましょう。みなさん」 先生がにっこりと微笑んで言う。はーい。生徒のひとりが朗らかに返答する。パキミ゜☆=ァ7(翻訳できません)は近所でも評判な元気な女の子で、教室でもハキハキと目立っていた。 パキミ゜☆=ァ7(翻訳できません)は、隣の席の男子にためらいなく声をかける。一緒にやろーよ。 「え…でも…☓☓☓(翻訳できません。人類語にない概念です)じゃないかな」 「必要ある!? イイじゃん、行

スキ
2