世襲

昔読んだ本(確認)

僕はあまり本を読まない、読んでいない…という事を再三書いていますが、
それでも過去に読んだ本というのはある訳で、
その中から最近確認したことがあるのでその話を一つ。

翻訳本って本当にそういう話で合ってるの?…という事を、約15年を経て
確認したその方法はAmazonで本をわざわざ買う…でしたけどね。

どうして両方買ったかというと、あ、日本語版は単行本の方ですけど、
表紙が全然記憶と違う、もっと

もっとみる
ありがとうございます。
4

政治に興味持てというけれど

こういう類の話、もううんざりな感じです。↓↓↓

世襲の政治家が多すぎますね、この国は。

親が国会議員だと、そのまま家系が国会議員(政治家ならぬ政治屋?)になるわけですね。

選挙なんて政策の中身よりも知名度がものをいう感じがするので、親の地盤があれば、それだけでかなり有利ですよね。

小泉進次郎なんてこの1年で見事に空っぽなことが判明しましたが、選挙区ではぶっちぎりで当選してしまうわけです。

もっとみる
ありがとうございます! Thanks ! 謝謝 !

小説家の日

明日から四連休です。我が社もしっかり四連休です。
そこで、お暇な時間を潰すためにこんなお話はいかがでしょうか。タイトルを見て「あれ?」と気付かれた方も多いと思いますが、これは星新一先生の「殿さまの日」に対するオマージュの思いを込めて書かせて頂きました。



 三月一四日。僕はその日、これまでの人生の中で最も暗鬱とした日を迎えていた。

 その日は僕の大学の卒業式で、周りの友人達は、これから始ま

もっとみる
God bless you!!
6

どうしたらお金持ちになれると思いますか?と韓国人に尋ねる朝鮮日報、そこで露呈する成り上がれない韓国の現実w

さもありなん、という話なのだが、どう膨らませて記事にすべきかがわからない。
何にしても、文政権が息も絶え絶えと見るや一気に意地悪な記事を連発し始めた朝鮮日報が、まさに国民を腐す記事を発射したのでまず取り上げたい。

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
20

世襲資本主義

一昔前に「21世紀の資本」(トマ・ピケティ)という本が話題になった。しかしながら、ボリュームがあるだの、難解だのと避けられた結果、さほど影響力を持たなかった。もちろん、受け手の感じ方にゆだねられるので、特に思うところがなかったり、接してみようと思うには足らなかったとみるのが自然である。

「r>g」という不等号が躍ったが、とどのつまりは労働賃金よりも、生まれながらの土地、株といった財産を運用してい

もっとみる
ご覧いただき誠にありがとうございます

菅義偉はゴルバチョフになれ←なんでやねん

ゴルバチョフ氏といえば、ソビエト連邦最後の指導者。数々の改革はどれも失敗し、ソ連崩壊の立役者となってしまった人物だ。もちろん、ソ連崩壊の原因をゴルバチョフ氏一人に負わせるのは酷だが、少なくともソ連の立て直しに失敗したという事実は否定のしようがない。指導者の座に就いてから1年後にチェルノブイリ原発事故という未曽有の惨事に見舞われるという不運もあった。日本では大変人気のある指導者ではあったが、政治は結

もっとみる

中国の中華思想と日本の東華思想、そして世襲(しつこいw)

まだしつこく世襲について調べておりますw。さくっと書くつもりでひも解いてみたのはいいけどおもったより複雑怪奇で迷走しまくっておりますw。いろんなことをいっぺんに言おうとすると破綻するということに気づいた本日。これで最後にしたいものですw。

長くなるのでそもそも私が何を突き止めたいかについて書いておきますね:

私の疑問1:政治において、秩序と血筋正当性は必要?貴族性は?なぜ現代日本政治においてこ

もっとみる
ポチせんきゅうっ!
3

書評 世襲の日本史 本郷和人

同書を読み終わる前日の金曜日に、安倍首相が辞任を表明し、週が明けて、後任は菅官房長官に決まりそうな流れになっている。菅氏は秋田から集団就職で出てきて、夜学に通って、政権の中枢に登り詰めるという、安倍氏や同じ内閣の小泉、河野、梶山、江藤、祖父が吉田茂の麻生の各氏とは違って、「世襲」とは無縁な政治家である。

政界だけでなく、企業に目を転じれば、トヨタも一時期財界総理とも言われた奥田氏が社長務めた時期

もっとみる
ありがとうございます!うれしく励みになります。
3

無理やり生きてる

何でしたっけ、withコロナ

いいんですよ、誰かが罹患して治ってまた罹患してって繰り返しながら生きていく。働く人の目的は明確に「生きていくこと」、「生活していくこと」になった。

大昔のファミコンゲームみたいに、敵にやられても生き返り、またやられる。感染症、熱さ・・・。でも、これらは世界中に平等にあるのであって、受け入れるまでに時間はかからず、しかたがないと思い凌ぐ。

他国と違うもの、やっぱり

もっとみる

どうか、お寺を継がないで。

先日、未来の住職塾の企画で、U30世代を中心に若手宗教者の当事者ミーティング(オンライン)を開いた。当事者ミーティングとは、北海道浦河町のべてるの家などで盛んに行われている、当事者の人同士が集ってそれぞれ自分の感覚や経験をそのまま言葉にしてお互いにシェアするミーティングだ。アジェンダが決まっていて結論を出すことを目指すビジネスミーティングとは違って、一人一人の素直なナラティヴが大切にされる。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります〜!
27