たーさん

1986年生まれ。早稲田大学第二文学部卒。映画や小説が好きです。漫画を描いたりしてます。 https://rookie.shonenjump.com/users/11844546810159759151

たーさん

1986年生まれ。早稲田大学第二文学部卒。映画や小説が好きです。漫画を描いたりしてます。 https://rookie.shonenjump.com/users/11844546810159759151

    マガジン

    最近の記事

    1986年生まれの自分の事

    物心付いた頃 怖いものだらけだった。 お母さんに三輪車の荷台に乗せてもらう時、いつも顔を隠してうずくまっていた。 夜寝る時、お父さんの方を見るのが怖くて、いつも反対側を向いて寝ていた。 いとこの大ちゃんやこうくんが大好きだった。別れる時は寂しくて泣いていた。 幼稚園の頃 幼稚園のバスに乗りたくなくて、泣いていた。 自分だけ違う小学校に入るので、仲間外れにされた。 小学校低学年の頃 学校に行きたくなくて、家の裏に隠れては親父に探させていた。 絵を描くのが好きで、たごさくとい

      • 福島県郡山市周辺のラーメン備忘録

        ラーメン ▼にゅーちゃいな 郡山(もう無い) 支那そば 550 鶏ガラ。昼から煮込んでるので、夜には豚骨みたいになってるらしい。(夜行った) むっちゃ美味い。肉もトロトロ。 ▼みどり湯食堂 道の駅あだち上り線 会津山塩ラーメン 750? チャーシュー入れると味が変わるので注意 美味い。肉もトロトロ。 ▼大志軒 郡山富田 ガッツリ豚骨醤油 薄い。食えない。 普通の醤油 そこそこ美味い ▼伏竜 郡山 そこそこ美味い。肉はボソボソ。 アブラ固形 ▼大須賀 郡山台新 油そ

        • 『福島県(郡山市)の歴史』備忘録

          弥生時代 稲作が始まる 霊山の根古屋遺跡 多くの骨壺が出土 人骨の歯や指に穴を開けてペンダントにしてた 古墳時代 国造 大和朝廷から任命された地方の豪族が地方を治め、中央に特産物や労力・兵力を上納する仕組み。 国造は直・君という姓を与えられた 一族の男子は舎人、女子は采女として大和朝廷に仕えた 国造→白河、石背(いわせ)、阿尺(あさか)、信夫、石城(いわき)…など、今の地名に通じるものがある 最北端は阿武隈川の河口、宮城県南部の伊具。会津や山形には国造は無かった。 装飾古墳

          スキ
          1
          • 『郡山市の郷土史』備忘録

            十六世紀末 会津葦名氏を滅ぼし、福島のほとんどは伊達政宗の領地になってた 奥羽仕置 秀吉が小田原城を攻めるのに伊達政宗に兵を出すように再三迫ったが、最後の最後まで出さなかったので、福島のほとんどの領地を没収した →蒲生氏(会津)の支配下になった 太閤検地で土地の私有を認めなくなった代わりに、農業経営権を与えた。(分家や隷農は例外) この時の検地で、大槻は安積郡内でも片平や福浦に次ぐ村高とされた。 明治維新 →武士が失業 →不平 →明治政府初の国費事業として安積開拓(安積疏水

            スキ
            1
            • 福島県郡山市周辺のラーメン備忘録

              3週間前
              • 『福島県(郡山市)の歴史』備忘録

                スキ
                1
                3週間前
                • 『郡山市の郷土史』備忘録

                  スキ
                  1
                  3週間前

                マガジン

                マガジンをすべて見る

                記事

                記事をすべて見る
                  • 『旧約聖書』備忘録

                    天地創造 アダムとイブ カインとアベル カインは農家、アベルは牧畜 作物を羊が荒らした事が発端でカインはアベルを殺してしまう 隣人との関係の難しさ? ソドムとゴモラ 堕落したからソドムとゴモラは滅ぼすという天使 それに対して50人正しき者がいたら滅ぼさないでくれと交渉→最終的には10人まで値切る →それでもロトの一族以外は正しき者でなかった ロトは自分の娘と子をもうけた 娘に酔わされて作ったとされている アブラハム 女奴隷との子→イシュマエル→アラブ人の始祖 本妻サラ

                    スキ
                    1
                    • 『たびにっき』20190503(水)東京→山梨

                      8時八王子発 12時河口湖着 18時郡山着 給油1回 出発 昨日歩きすぎて余程疲れたのか、意外に5時間くらいは眠れた。ミツタカは先に1階ロビーにいた。 駐車場の場所がわからないので、最初に停めた駐車場からさかのぼると、わりと簡単に見つけられた。 ナビの反乱 ヤフーのカーナビで河口湖に設定して、出発。 高速に乗るも、相模原辺りまで大渋滞なので、次のICで降りて一般道を攻めることに。 一般道で河口湖に設定するが、しばらく立つと何故か川俣町が目的地になる現象が頻発。仕方ないので

                      • 『たびにっき』20190502(火)東京

                        8時郡山発 14時八王子着 6時間運転 給油1回 出発 中学時代の同級生ミツタカと自宅で合流。電車かクルマで迷っていたが、自暴自棄のノリで高速に決定。郡山南ICから八王子へ。 道中 気の置けない仲なので、ひとり旅の気楽さと旧友との和を感じつつ、楽しく南下。意外と道は空いており、スイスイ進む。 羽生~蓮田辺りで車線を間違えて高速を降りてしまうが、これまたノリで下の道で進む事に。 下の道も意外と快適に進めた。(三井アウトレットパーク辺りは混んでた。) 途中で腹が減ったので、焼

                        • 『たびにっき』20190428(日)ひとり旅二日目

                          7時盛岡発→恐山→21時郡山着 早起きしてホットケーキだけ流し込み、ホテルをチェックアウト。ぐずついた昨日とはうって変わって青空。一時間も寝てないので身体はつらいが、意思の力だけで恐山を目指し北上。 盛岡→十和田 岩手の南部町で鬼ヶ島みたいな山が気になり、写真に収める。AR山ナビで見たところ、名久井岳って600mくらいの山だそう。なかなか良い。 道は最初は空いていたが、やはり10時くらいを回ると混みだした。 疲れていたが、快晴で景色も良く、なんとか運転し続けられた。 青

                          • 『たびにっき』20190427(土)ひとり旅一日目

                            10時に自宅発、20時半に盛岡のホテル着。 12時間運転。給油1回。 とにかく移動 松島あたりでナビに騙されて高速に乗せられそうになったり、グダグダだったので、昼はデイリーヤマザキのタコス風ホットドッグ(美味くもなんともなかった)しか食わず、ひたすら移動。最初は歌ったり、元ちとせ聴いて泣いたり、感情豊かだったが、2時間くらいで既に「花塚山の帰り」状態になっていた。 大船渡 津波の痕 何の脈絡もなく、家族の命も、今まで築いてきた生活も、人生そのものを奪われ、踏みにじられても

                            • ちいかわ ~その魅力の謎と考察~

                              ここ最近、何かにハマるという事がほとんど無くなってきている僕がすっかりハマってしまったものがある。 そう、それが、ちいかわ「なんか小さくてかわいいやつ」である。 ちいかわは、なんか小さくてかわいい生き物が友達と遊んだり、美味しい物を食べたり、労働をしたりして暮らす日常を描いた漫画であり、Twitterで無料で見られる。 ちいかわの魅力①とにかく可愛い まず、キャラクターがむっちゃ可愛い。 丸っこくて大きい頭に潤んだ瞳、小動物の鼻と口もと(特に下唇)。小さな胴体と短い手足

                              スキ
                              3
                              • SDGsと僕らの今後について~畜産と培養肉、半導体と人々の欲望~

                                「お題目」化してしまったSDGs テレビでも会社でも、何かと「SDGs」「SDGs」と聞くようになって、もう食傷気味になってきているあなた。まあ、僕も同じで、なんか「もういいわ」って感じである。 ただ、彼らはただ響きがカッコ良いから繰り返し騒いでいるわけではなく、本当にヤバいから騒いでいるのだという事にそろそろ気付いてやろう。 偉い人達は「カーボンニュートラル」とか「脱炭素社会」とか、目を惹きやすいと思って新しい名前を付けたがるが、むしろそのせいで僕らを飽きさせ、実態から目を

                                スキ
                                4
                                • インターネットと僕らの今後について~メディアリテラシーと陰謀論~

                                  「俺が若い頃は…」とか「俺が子どもの頃は…」とか言い出すのは「自分の世代が下の世代より優れている」と思ってしまっている痛い大人にありがちなイントロなのであんまり好きじゃないですが、僕が子どもの頃に社会を知るために触れていたメディアと言えば、学校の授業・教科書・テレビ・漫画・本・CD…くらいなものでした。 パソコンは小学校高学年くらいの時に親父がWindows98(あの目ざわりな蜂が飛んでるやつ)の入ったのを買ってきたのですが、インターネットは遅すぎてほとんど使わず、なんかメモ

                                  スキ
                                  1
                                  • 「さよなら絵梨」感想 ※ネタバレ注意

                                    さよなら絵梨 「ファイアパンチ」、「チェンソーマン」、「ルックバック」と話題作、問題作を次々と生み出す藤本タツキの最新読み切り200ページ。ジャンプ+で無料で見れる。 あらすじ↓ 12歳の誕生日から、母親が病気で死ぬまでを撮影し続けた主人公。それを編集して文化祭で上映した映画は、真面目なドキュメンタリーかと思いきや最後の最後で爆発エンドになるクソ映画だった。 みんなに馬鹿にされ自殺しようと屋上に向かう主人公は、謎の美少女絵梨と出会うのだった…。 絵梨は主人公の映画監督とし

                                    • あなたの人生の物語 ※ネタバレ注意

                                      テッド・チャン 映画「メッセージ」の原作。 感動した! 「人生とは何か?」「なぜ生きるのか?」という人生最大の疑問へのひとつの答えになり得る。 物語は、突如世界各地に現れた謎の物体を通じて宇宙人との意志疎通を図る本筋の部分と、主人公ルイーズとその娘の思い出を描いたような部分が交互に織り込まれる構成。 頻繁に挿し込まれる娘との思い出の部分は、全く時間軸がバラバラで一見本筋とは関係なさそうで最初は「???」という感じだが、物語の真相が明らかになるにつれて、その「バラバラ

                                      スキ
                                      2
                                      • 地球外少年少女 ※ネタバレ注意

                                        Netflixで6話イッキ観。 大好きな電脳コイルの磯光雄の最新脚本監督作品。 面白かった! 忘れかけていた少年時代の冒険への憧れを想起させる展開に、ボロボロ泣きながら観た。 場面によって目まぐるしく変わる重力の中で躍動する少年少女を、よくあんな自然に描けるもんだ。 ハッキングバトルをまるで実際の銃撃戦のように観せる演出力は流石。 そして近未来的なギミックや設定の数々。 どんどん知能リミッターが外されるドローン。頭の良さが数値化されてるのもワクワクさせられる。

                                        スキ
                                        2