三文オペラ

歌い手の底力を見せつけた中嶋彰子〜【Concert】AKIKO NAKAJIMA & FIRENDS "CABARET NIGHT"

歌い手の底力を見せつけた中嶋彰子〜【Concert】AKIKO NAKAJIMA & FIRENDS "CABARET NIGHT"

今年デビュー30周年を迎えた国際的ソプラノ・中島彰子。アニヴァーサリーを記念し、東京・丸の内のコットンクラブで2日間にわたってライブを開催。その2日目は"CABARET NIGHT"と題し、1920年代のヨーロッパ(特にベルリン)の芸術キャバレーを現代に蘇らせる一夜となった。 実は中嶋は2018年に「東京・春・音楽祭」の企画のひとつとして、東京・鶯谷の東京キネマ倶楽部で同様のスタイルのライブを行っている。その時は、2回公演で2回目はオールナイトという破格のイベントとなったが

スキ
15
オペラとコンサートの記録:ベルリーナー・アンサンブル、ブレヒト&ワイル《三文オペラ》プレミエ(8月13日)
+20

オペラとコンサートの記録:ベルリーナー・アンサンブル、ブレヒト&ワイル《三文オペラ》プレミエ(8月13日)

8月13日、ベルリンのベルリーナー・アンサンブルで《3文オペラ》のプレミエを観ました。 劇場の前。 テントの中で、コロナの3G(geimpft=ワクチン2回接種後2週間以上経過、か、getestet=24時間以内の検査陰性証明、か、genesen=完治証明)チェックが行われています。 承認後、紙製の緑のバンドが渡され、腕に巻いておかなければなりません。 これが、腕輪です。 広場前、ブレヒト像。座っている人も緑の腕輪をしています。 劇場の中に入ったところ。 当日のキャ

スキ
8
風の歌208:ロッテ・レーニャ「スラバヤ・ジョニー(Surabaya Johnny)」
再生

風の歌208:ロッテ・レーニャ「スラバヤ・ジョニー(Surabaya Johnny)」

☆風の歌:My favorite songs208:ロッテ・レーニャ「スラバヤ・ジョニー(Surabaya Johnny)」 ふとクルト・ヴァイル(Kurt Weill、1900年3月2日 - 1950年4月3日)を思い出し、『三文オペラ』(ベルトルト・ブレヒトの戯曲)からの音楽を聴きたくなった。比較的よく聴くお気に入りはオッターのものだけれど、今回は当時のドイツ語での歌を。やはり英語に訳されたものではなく、もとのドイツ語の独特な響きが時代も感じさせてくれる。ドイツ語の歌詞があるのでご紹介しておきます。 クルト・ヴァイルと結婚したロッテ・レーニャ(Lotte Lenya/1898年10月18日 - 1981年11月27日)は、映画『三文オペラ』(1931年)のジェニー・タイヴァ役で歌っている。1920年代から1930年代にかけてドイツのミュージカル舞台で活躍した後のことは知らなかったが、1961年の『ローマの哀愁』の伯爵夫人役でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、1963年の『007 ロシアより愛をこめて』のローザ・クレッブ役だったとのこと。『三文オペラ』から「スラバヤ・ジョニー(Surabaya Johnny)」。 ちなみに、ベルトルト・ブレヒト台本、クルト・ワイル作曲《三文オペラ》ロッテ・レーニャ監修による全曲盤が、対訳字幕付きでYouTubeで視聴できる。 https://www.youtube.com/watch?v=SeK1b4q0RNk ◎Lotte Lenya - Surabaya Johnny https://www.youtube.com/watch?v=aSLTvKC-P3Y Lotte Lenya - Surabaya Johnny Ich war jung, Gott, erst sechzehn Jahre Du kamest von Birma herauf Und sagtest, ich solle mit dir gehen Du kämest für alles auf. Ich fragte nach deiner Stellung Du sagtest, so wahr ich hier steh Du hättest zu tun mit der Eisenbahn Und nichts zu tun mit der See. Du sagtest viel, Johnny Kein Wort war wahr, Johnny Du hast mich betrogen, Johnny, in der ersten Stund Ich hasse dich so, Johnny Wie du dastehst und grinst, Johnny Nimm die Pfeife aus dem Maul, du Hund. Surabaya-Johnny, warum bist du so roh? Surabaya-Johnny, mein Gott, ich liebe dich so. Surabaya-Johnny, warum bin ich nicht froh ? Du hast kein Herz, Johnny, und ich liebe dich so. Zuerst war es immer Sonntag So lang, bis ich mitging mit dir Aber schon nach zwei Wochen War dir nicht nichts mehr recht an mir. Hinauf und hinab durch den Pandschab Den Fluß entlang bis zur See: Ich sehe schon aus im Spiegel Wie eine Vierzigjährige. Du wolltest nicht Liebe, Johnny Du wolltest Geld, Johnny Ich aber sah, Johnny, nur auf deinen Mund. Du verlangtest alles, Johnny Ich gab dir mehr, Johnny Nimm die Pfeife aus dem Maul, du Hund. Surabaya-Johnny, warum bist du so roh ? Surabaya-Johnny, mein Gott, ich liebe dich so. Surabaya-Johnny, warum bin ich nicht froh ? Du hast kein Herz, Johnny, und ich liebe dich so. Ich hatte es nicht beachtet Warum du den Namen hast Aber an der ganzen langen Küste Warst du ein bekannter Gast. Eines morgens in einem Sixpencebett Werd ich donnern hören die See Und du gehst, ohne etwas zu sagen Und dein Schiff liegt unten am Kai. Du hast kein Herz, Johnny Du bist ein Schuft, Johnny Du gehst jetzt weg, Johnny, sag mir den Grund. Ich liebe dich doch, Johnny Wie am ersten Tag, Johnny Nimm die Pfeife aus dem Maul, du Hund. Surabaya-Johnny, warum bist du so roh ? Surabaya-Johnny, mein Gott, ich liebe dich so. Surabaya-Johnny, warum bin ich nicht froh ? Du hast kein Herz, Johnny, und ich liebe dich so.

スキ
23
「三文オペラ」の劇中歌の一節(フリーダ・カーロの日記#7)

「三文オペラ」の劇中歌の一節(フリーダ・カーロの日記#7)

Stamp from the former East Germany depicting Brecht and a scene from his Life of Galileo フリーダ・カーロは、日記の中で、ドイツ人劇作家ベルトルト・ブレヒトの戯曲『三文オペラ』にある劇中歌「マック・ザ・ナイフ」の歌詞の一部を、ドイツ語で書き写しています。 そうさ サメは するどい牙を むき出しにした 面がまえ ところで メッキーは ナイフ持ちだが そのナイフ だれも 見たことがな

スキ
58
[2021.05]中原 仁【特集 私の好きなブラジル映画】

[2021.05]中原 仁【特集 私の好きなブラジル映画】

選・文●中原 仁 本エントリーは、5/26(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。  36年前、熱狂的にハマったブラジル映画がグラウベル・ローシャの作品たちだった。それまで、USAニュー・シネマに始まりフランスのヌーヴェル・バーグ、フェリーニやアントニオーニなどのイタリア映画を見てきたので、シネマ・ノーヴォの世界にスンナリと入りこめたのだと思う。今年はグラウベルの没後40年。特集再上映の機会があることを願う。  

スキ
10
日本三文オペラ

日本三文オペラ

"『…どや、おっさん』と彼はいった。『ここは寄合い世帯や。ええか。住んでる奴は朝鮮、日本、沖縄、国境なしや。税金もないし、戸籍もいらん。南鮮も北鮮もないのや(略』"1959年発刊の本書は大阪城の旧砲兵工廠で生きた、実在の泥棒集団アパッチ族の姿を取材をもとにユーモア、風刺的に描いた快作。 個人的にはインバウンド向けにお洒落観光地に整備された大阪城の片隅に、ポツンと放置されたままの廃墟『旧大阪砲兵工廠化学分析場跡』を眺めた際に本書を思い出し手にとりました。  さて、そん

スキ
2
[2021.03]【TOKIKOの 地球曼荼羅⑧】「三文オペラ」が生まれたドイツ黄金の20年代
〜ベルトルト・ブレヒト、クルト・ヴァイルの傑作

[2021.03]【TOKIKOの 地球曼荼羅⑧】「三文オペラ」が生まれたドイツ黄金の20年代 〜ベルトルト・ブレヒト、クルト・ヴァイルの傑作

文●加藤登紀子  歴史の中で記憶されなければならない、ひとつの日付けがあります。それは1933年2月28日、ヒトラーがドイツ文化の息の根を止めた日。  その日が来るまでの流れは、こうです。  1933年1月30日ヒトラー内閣発足、2日後に議会が解散され、3月5日が総選挙と決められました。2月27日の深夜、何者かが国会に火をつけ炎上。首相ヒトラーと警察権力を握ったゲーリングが共産主義者の犯行と断定。28日、共産党員などを法的手続きなしで逮捕できる大統領令を、ヒンデンブルグ大統

スキ
9
単身赴任先『三文オペラ』

単身赴任先『三文オペラ』

第3章 空間論として紐解くドレスコーズの芸術性 単身赴任先『三文オペラ』    志磨は『平凡』で「演劇」の季節をむかえると、はじめて部屋の外に出た。自分のバンド以外の集団行動にはじめて参加し、「音楽監督」という肩書きで臨時に所属したのが、『三文オペラ』というカンパニーである。  バンドに比べるとかなりの大所帯のカンパニーで作り上げた音楽劇『三文オペラ』で、志磨は音楽監督として自らの役割を果たし、自分の作品と呼べるほど、この「空間」で濃密な時間を過ごした。  「演劇」と

志磨遼平の人間性

志磨遼平の人間性

第2章 再考・『PLAY TOUR』 志磨遼平の人間性    志磨の楽曲で、何通りもの ≪PLAY LIST≫(ストーリー)を構成できるという可能性は証明できたが、その何通りものストーリーが、ひとりの主人公のストーリーとして成立できるのは、なぜだろうか。 ≪PLAY LIST≫ の楽曲すべてが、主人公のための、劇伴として聴こえなければ、物語は成立しない。  「個性」や「主張」、「メッセージ性」はなくても、志磨の歌詞には、志磨の思想に反する解釈がされる言葉はもちろん出

歌詞がもつ「可変性」と、楽曲の「静物」化。

歌詞がもつ「可変性」と、楽曲の「静物」化。

第2章 再考・『PLAY TOUR』 歌詞がもつ「可変性」と、楽曲の「静物」化。    前述したとおり、志磨の楽曲には“歴史”と“誇り”そして、多くの意味が込められている。しかし、実験を通じてわかったのは、志磨の楽曲には膨大な情報量がありながら、直接的な「主張」や「メッセージ性」が少ないということである。言葉を変えれば、「個性」がないとも言える。  第1章で書いたように、日本ではアーティストのパーソナルな部分や「個性」、また楽曲の「メッセージ性」が重要視されている。そ

スキ
1