星野由美

スペイン語圏の詩と絵本の翻訳をしています。翻訳した本を中心に綴っていきます。2022年は、宮沢賢治の日西バイリンガル詩集を共訳で刊行します。『フリーダ・カーロの日記』は2023年の刊行予定です。http://colorin-colorado.info/

星野由美

スペイン語圏の詩と絵本の翻訳をしています。翻訳した本を中心に綴っていきます。2022年は、宮沢賢治の日西バイリンガル詩集を共訳で刊行します。『フリーダ・カーロの日記』は2023年の刊行予定です。http://colorin-colorado.info/

マガジン

最近の記事

共訳者のDavidさん家族と、#郷酒 さんで 本の刊行祝いをしました。お花をもらいました💐うれしいな。David さんとの共訳作業は、本当に学びの多いものでした。 #宮沢賢治 Una luz que perdura (ひかりは たもち) セルバンテス書店さんでも販売中です✨

スキ
17
    • 『未だ見ぬ友へ』花房葉子さんフェア in 下北沢💓 ずっと大切にしたい 本たち、そして本から 繋がった人たち 花房葉子さんの書籍の数々、ポストカード、本に登場する関連書籍まで、 一緒に翻訳絵本も置いていただき感激です。 #みどりのほんや

      スキ
      15
      • #フリーダ・カーロ に会いに、津田塾大学へ。自然光で撮られた遺品の数々。ゆらめくスカートやスカーフから体温や息遣いまで伝わってくるよう。 #石内都 in Tsudajuku 女たちのポリフォニー

        スキ
        21
        • むせるような緑、真っ赤なスイカ、宙を泳ぐサメ、桃にかぶりつく子ども…。ゴッホ?ゴーギャン!いやシャガールか!!うわぁ、ひゃー、ふーと思わず変な声がいくつも出ました。 心地よい広さで、椅子に座って観れるのもいいな。選んだ絵本は #たのしいふゆごもり #片山健の油彩画展

          スキ
          17

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 詩のこと
          星野由美
        • 絵本のこと
          星野由美
        • フリーダ・カーロの日記から
          星野由美

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          再生

          ラドヤード・キップリングが12歳の息子に書いた詩「If」

          1931年11月3日に手帳に残した #宮沢賢治 さんの #雨ニモマケズ は、祈り、倫理観のようなものだったのかもしれません。英語圏では「11月3日」のタイトルでよく紹介されています。 ラドヤード・キップリングが12歳の息子に書いた詩「If」と比較されることも多いようです。

          スキ
          20

          ーいまおこっていることが わからなくなってこわくなる そんなときもある。 おおきなドアのむこうには みらいがまっているはずなのに ドアノブを まわすてに ちからがはいらないんだー #どうしてなくの につづき #どうしてこわいの が来年の初めに刊行です。宜しくお願いします🙇‍♀️

          スキ
          19

          神保町で打ち合わせ。#ミロンガ に寄りました。昭和28年創業、アルゼンチンタンゴをレコードで聴く贅沢な喫茶店。フォッカチオが甘すぎなくておいしい。 12月に移転だそうです🥲 この昭和レトロ感が味わえなくなるのはさみしいかぎり。

          スキ
          21

          「問題は、その詩をちゃんと聴いてくれるだれかをみつける、ということなんだ」 詩をつくる喜びやもがきがじんわり伝わってくる。あったかーい気持ちになる。眠る前の本が終わってしまってさみしいかぎり。#百町森 の詩の好きなコウモリさん、おすすめ本をありがとう #詩のすきなコウモリの話

          スキ
          26

          もう10月。毎年この時期になると #Rollbahn の手帳を買います。今年はちょっと派手にしてみました。 今日は籠って、#フリーダ・カーロ の日記を読みはじめる。じんわり。 あきらめずにいると、夢は叶うんだな、と思う。

          スキ
          21

          #板橋中央図書館 は世界の絵本を原書で堪能できる図書館。1階にはカフェも。今日は #ポーランド絵本の100年 のお話を聴きました。講師はちひろ美術館の松方さん。美術専門家の柔らかい話は面白い。グラフィカルな絵本もたくさん!詩の絵本も多いのね。詩といえば #シンボルスカ が好き💚

          スキ
          22

          「ふしぎにさびしい  宇宙のはてを  友だちもなく   ふはりふはりと  昇って行かうよ」 自動からくり人形作家 #武藤政彦 さんのボックスシアターで観て聞く『#風船乗りの夢 』がサイコーによかったな。 まだ何も知らないな。 また行く。 #萩原朔太郎展 #世田谷文学館

          スキ
          32

          「さくらは かたくて  やわらかい」 はっとしてしまう。桜が「かたい」ということに。季節の音がやさしく、はげしく、ふかく しずか なことに。 「見える子も見えない子も一緒に楽しめる絵本を」#点字つきさわる絵本の会 20周年記念展。パネル、動画も充実、ほっとする空間でした。

          スキ
          24

          宮沢賢治日西バイリンガル詩選集 『Una luz que perdura (ひかりはたもち) 』、10月末に刊行します。

          Satori出版さんから宮沢賢治日西バイリンガル詩選集 『Una luz que perdura (ひかりはたもち) 』が10月末にスペインで刊行となります。翻訳はDavid Carriónさんと星野の共訳です。日本では、#穂高書店 さんで販売していただくことになりました。ありがとうございます。 彼の詩を読めば、だれもがその人の名を思いうかぶに違いありません。宮沢賢治はそんな稀有な詩人のひとりです。彼の詩は繊細な輝きを放ち、日本人の心を打ちます。まばゆいばかりの世界の美しさ

          スキ
          23

          『未だ見ぬ友へ』

          私は確実にこの「一冊の本を愛する人」になりました。 ほのかに香るもの、朔太郎はそれを「詩のにおい」と云う。それをリズムによって表すのだと。 花房葉子さんの豊かな絵とテキストからあふれ出る詩のにおい、そのリズムにのって解放されていく。国境を超え、時代を超えて、女たちに会いに行こう。 そこで迎えてくれるのは、文学に身を捧げた粋な女たち。だれかの肩にもたれかかることなく、自分の足であるく女たち。 「葉子から話は聞いてるわ」なーんて言われて、一緒にお茶をしながら、たわいない話を

          スキ
          22

          “何と云はれても わたくしはひかる水玉 つめたい雫 すきとほった雨つぶを 枝いっぱいにみてた 若い山ぐみの木なのである” ….. 今日は #宮沢賢治 さんの命日。夜はこの美しい本をひらく予定。 #永訣の朝:宮沢賢治挽歌画集 #偕成社 #遠山繁年

          スキ
          20

          Luna, Luna Luna Llena menguante Luna, Luna Llena menguante 月よ、月よ 満月がかけてゆく 月よ、満月がかけてゆく … #tonadadelunallena #中秋の名月 #simondiaz #caetanoveloso

          スキ
          18