ワークバランス

夜にヨヨヨ

夜にヨヨヨ

仕事。 メインの仕事を来月で辞める。 パン。 お茶。 珈琲。 本。 興味あること。 でも時間とお金を考えたり。 本当にやりたいことに時間を使いたい。 バランス。 どうにかなるだろうと 思いながらよ✨ ながら夜過ごして… 明日も頑張ろう❗ 頑張ってるのは 何の為よ。 わかっている夜✨

1
公務員本を民間視点で読んでみた(その3)

公務員本を民間視点で読んでみた(その3)

イントロダクション去る4月29日、関東自主研サミットの主催で、関東自主研サミットにご縁のあるお三方(後藤さん、島田正樹さん、助川達也さん)が単著を出版されたのを記念してのイベントがオンラインで開催され、ワタシも参加しました。 それに備え、お三方の著書を民間視点で読み、本人の著書紹介のプレゼンを聴いたうえで、自分なりの学びをまとめてみました。 その3回目は、山形市役所の後藤好邦さんによる「ネットワーク活動でひろがる公務員ライフ」になります。 1回目、2回目に引き続き、ネタバレ要

2
在宅でやるべきこと~最強業務効率への道~最終編

在宅でやるべきこと~最強業務効率への道~最終編

こちらの続きです。 午後編~総集編まで、話していきたいと思います。ではさっそく。 1時間に1回はストレッチ。できれば軽い散歩 これをやるかやらないか=10年後の未来の自分への健康の投資をするかしないか。 ずっと座りっぱなしは体の末端部分につながる細い血管が縮小していって全体的な酸素の供給を阻害。少しのストレッチでも十分効果あるので、小刻みに動きましょう。 残業を減らす/だらだらやらない 帰宅時間がないと、だらっと続けがち。集中力は短期型がほぼで、長期継続することは至

2
女性活躍について思うこと

女性活躍について思うこと

女性活躍推進法が施行され、女性活躍の場が広がってきていると思います。 みなさんは実際に女性が活躍していると、実感出来ていますか? 私自身はまだまだ男性社会で女性が活躍しやすい社会にはなっていないのでは、と感じます。 転勤族なので、私自身も働き方には悩んでいます・・・。 そんな私が″女性が活躍できる社会や働き方とは何なのか、働くことで自己実現するにはどうしたら良いか″を自分なりに考えてみました。 女性の働き方で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね! ※女性活躍推進法に

19
はたらくとは

はたらくとは

学生卒業後の人生の大半は、仕事に時間を費やす。では、はたらくとは?生活のため、生きていくため、社会貢献のため、自立するため、色々ある。 自分自身、キャリアウーマンになりたいと昔から考えている。それは今でも変わらない。働くことは大変だが、それなりに充実もするし仕事するのは嫌いじゃない。しかし、自分のプライベートの時間まで奪われるのは違うと思っている。ワークバランスやワークスタイルといった言葉を耳にするが、それらについて今日は少し考えたい。 働き方としていくつか種類がある。正

2
部署のホームページについて考える

部署のホームページについて考える

こんにちわ、マチルダです。 今回は「部署のホームページ」に悩む、すべての人に。 ひとつの解決策をご提案できたらと思います。 ------------------------------------------------ 「ずっと昔に作ったままだから、情報が古いままなんだよね」 「あるけど、ずっと更新してないんだよね」 「HPみにくいから作り直せって言われてるんだ」 「部署HPなんて、手間が増えるだけだから、誰も更新しないんだよね」 「他の部署が作ってるから、作らないわけに

3
境界線を引くと自信が生まれる

境界線を引くと自信が生まれる

こんばんは 「魔法の宝地図」著者の望月俊孝です。 1.「癒し」のマスターも  「情熱」のカリスマも避けられない病 世界最高峰の作家であり講演家である 「こころのチキンスープ」著者 ジャック・キャンフィールド。 彼は年2回、非公開のリゾートで 秘密の合宿を開いています。 参加者は、自己啓発分野のトップばかり。 さて、そこでは何が教えられて いるのでしょうか? 実は、最先端の科学や テクニックではありません。 「自分をケアする」方法です。 各界のトップは、自分の生

70
新社会人へ。ちょっとウザい先輩が伝えたい働き方。2ヶ月編

新社会人へ。ちょっとウザい先輩が伝えたい働き方。2ヶ月編

こんにちは。小売小企業で正社員しながら様々なことをやっている、田島なるみです。 コロナウイルスが世間を騒がせて何か月か経ちましたね。自粛ムードはやっている人とやってない人と…東京の吉祥寺は人がたくさん集まって自治体が動いたとか動かないとか。新社会人になられた皆さんは入社式もなく研修やらなんやらで早くも2か月が経ちそうですね。 今回もなんとなくシリーズ化してみたい「新社会人へ。ちょっとウザい先輩が伝えたい働き方。」2か月編をお送りしようと思います。 1か月編はこちらからど

こどもの頃に「自分の気持ち」ばかりを大切にするといい理由

こどもの頃に「自分の気持ち」ばかりを大切にするといい理由

パンツを履かなくても大して困っていない 我が家のチームメンバーには4才男児がいるんですけど、最近は便を済ませた後にパンツを履かないで、下半身すっぽんぽんの状態でいることも多いです。(自宅で) わたしから「パンツだけでもいいから履こう」とお願いすることもあります。 「う◯ち」をした後だったら、お尻を床につけた時とかに床が汚れると思うからです( ; ゚Д゚) 実際にそんなこともありましたしね。「なに!?これは何なの!?」というような出来事も。 そんなこちらの困ってる様子

20
新社会人へ。ちょっとウザい先輩が伝えたい働き方。1ヶ月編

新社会人へ。ちょっとウザい先輩が伝えたい働き方。1ヶ月編

こんにちは。小売小企業で正社員しながら様々なことをやっている、田島なるみです。 今回、タイトルの通りに新社会人になられた皆様に、僕が経験したことを踏まえてちょっとだけ見て頂けたらと思いラフに記事を書きました。ここに書いてあることが全て正しい訳ではないので責任は負えませんが、先輩の小言として受け取ってくださいね(笑) まず、はじめにこの度ご卒業を迎えられ社会人の仲間入りをした皆様 おめでとうございます。 これからの活躍に会社の人たちは皆さんの入社を心待ちにしてました。入

9