株式会社スカイフィールドコーポレーション

池袋にある総合建築企業です。 一都三県で設計施工を担っています。 集合住宅(投資物件…

株式会社スカイフィールドコーポレーション

池袋にある総合建築企業です。 一都三県で設計施工を担っています。 集合住宅(投資物件)をはじめ、ホテル・オフィス、工場・倉庫・店舗デザインなどの商業プロジェクトだけでなく、こだわりの個人住宅まで提供することが可能です。 https://www.sky-field.co.jp/

マガジン

  • 建築DXまとめ

    建築業界のDXとして活用できるものをとりまとめています。マーケティング関係も入れるので、会社方針によっては関係ないものも含まれるかもしれません。

最近の記事

  • 固定された記事

スカイフィールドコーポレーションの海外支援:ベトナムと日本を結ぶ新たなインターンシッププログラム

スカイフィールドコーポレーションは、日本を舞台に進化を続けています。今回は、海外支援を中心に人的資本経営とグローバルコミュニケーションを強化する新たなプロジェクトを紹介します。 1. 当社とベトナムのパートナーシップ:KIS-GEインターンシッププログラムとは?当社は2023年6月、ベトナムで開催されたKIS-GEインターンシッププログラムに協賛しました。このプログラムは、ベトナムの学生が日本企業でビジネスマナーや文化を学び、自身のキャリアを築くための先進的な取り組みです。

    • ~今年入社する新入社員を交えた懇親会を行いました!~

      先日、今年入社の新入社員の懇親会を行いました! 場所は池袋の某店、今年の新卒社員である 4 月入社の新入社員たちと、会社のメンバーとの懇親を深めるために開催されました。 懇親会の様子 参加者は、新卒が配属される部署の上長や役員、人事担当者など彼らの新生活を支える重要なメンバーと、昨年の新卒社員たちです。 新入社員達にとっては、先輩たちの温かいアドバイスが新たな刺激となったのではないでしょうか。 和やかで温かい雰囲気の中行われた懇親会では、新卒社員たちは自分たちの新し

      • 【事例で探る】建設業界のDX:位置情報技術が切り開く新たな道

        2024年の今、デジタルトランスフォーメーション(DX)は、さまざまな業界での進化を促進しています。 特に建設業界において、DXは"生産性の向上"と、"長時間労働の改善"という二つの重要な課題を解決する鍵となっています。 この記事では、位置情報というキーワードに着目し、過去と最新の具体的な事例を通じて、建設業界におけるDXの進展を探ります。 1.NEXCO東日本の事例:技術革新による安全と効率の向上 東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)では、インフラ管理の先進事

        • 外国人労働者の雇用について

          2024年問題・2025年問題と、建設業において人材不足が加速する課題が続きます。こうした中、外国人労働者の雇用を施策として選ぶ企業が増えています。当社においても、外国人労働者を雇用しております。 今回は、外国人労働者を雇用するメリット・デメリットについて解説したいと思います。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています。 人材不足の状況2024年問題、2025年問題による不動産投資の影響でもご説明させていただきまし

        • 固定された記事

        スカイフィールドコーポレーションの海外支援:ベトナムと日本を結ぶ新たなインターンシッププログラム

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 建築DXまとめ
          株式会社スカイフィールドコーポレーション

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          中小企業でも活用が進むChat-GPT

          Chat-GPTがローンチされてから1年以上経過した現在、中小企業においてもChat-GPTが普及していることをご存じでしょうか。 openai.comのドメインはもちろんですが、Microsoft Azure上から開発者向けに展開されているAzure OpenAI Serviceの活用も進んでいます。 現在、Chat-GPTはどのような状況になっているか、ご紹介いたします。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています

          液状化が不動産投資に関係ある理由

          2024年1月1日16時06分に石川県能登地方で地震が発生しました。大地震ではよく液状化の話を聞きますが、本地震においても液状化現象が発生しています。 本記事では、この液状化現象が不動産投資において影響があるのか、また、対策するにはどうしたら良いか解説いたします。 1.液状化現象とはそもそも液状化現象とは何でしょうか。よく耳にしますが、いざ調べてみてもイメージが沸かずに、理解を断念する方も多いのではないでしょうか。 地震が発生して地盤が強い衝撃を受けると、互いに支えあっ

          液状化が不動産投資に関係ある理由

          KY活動とは

          KYという言葉をご存じでしょうか?知らない人から見ると空気が読めないという意味のKYと誤解されてしまうかもしれません。しかし、建設業においてはKYとは、危険予知を指します。 本記事では、KYについてご紹介いたします。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています。 なぜKY危険予知をしましょうというよりもKYしましょう、と表現するほうが言いやすく覚えやすく広めやすいのだと思います。 職場で起こり得る事故・災害を未然に

          今からできる建設業の残業上限規制対策

          残業上限規制が適用される2024年4月まで残り4ヶ月を切りました。現段階で2024年問題の対策が何もできていない会社に向けて、いまからでも何かできる施策はないか調査してみました。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています。 生成AIに聞いてみました<質問> 2024年4月から適用される残業上限規制に向けて、建設業が2023年12月から始めてもできる対策を提案してください。 <Chat-GPT(GPT4)の回答>

          今からできる建設業の残業上限規制対策

          Japan Build Tokyoレポート(2023年12月)

          2023年12月13日(水)~2023年12月15日(金)はJapan Build Tokyoが開催されております。今回、Japan Build Tokyoの展示内容に基づき、建設DXの最先端をご紹介いたします。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています。 1.建設DXの方向性大きく分けて4つの技術が展示されている印象を受けました。 遠隔臨場 BIM活用及びBIM自動化 ロボット活用 従来の業務効率化ツール

          建物に重要な『基礎工事』とは

          建物にとって重要な基礎というものをご存じでしょうか。建物の基礎とは、建物を支える要となる構造体であり、住宅においては目に見えない部分です。そのため、施主(建築を依頼する人)目線では、どこの建設会社に任せても変わらないように感じる方もいらっしゃるかもしれません。 本記事では、基礎工事について解説いたします。 ※本記事では、『豊島区池袋本町四丁目』建築現場のベタ基礎工事の写真を使わせていただきました。素人目で見てもとても美しく、写真映えしております。 建物に重要な『基礎工事

          残業と働き方の関係性について

          いま日本は残業を抑制する会社が増えています。従来であれば、残業を暗黙的に推奨する会社は多かったと思います。しかし近年、未婚率増加、出生率急落によって、ワークバランスの重要性が増しています。果たして、残業と働き方にはどのような関係があるのでしょうか。 本記事では、残業と働き方について関係性を深堀していきます。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています。 1.現状把握まずは、近年における日本の状況を整理するところからは

          不動産運用にも関係する近隣説明会について

          集合住宅の建築において、『近隣説明会』というものがあります。近隣住民は周囲にいきなり大きな建物が建つと不安に感じるものです。この不安を払拭して、安心安全な工事を行うための重要で価値ある業務です。 今回は、近隣説明会について、その概要をご紹介します。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています。 近隣説明会とは都道府県・市区町村の条例に近隣説明を義務にしている場合があるものの、実は近隣説明会は民法・建築基準法・建設業法

          不動産運用にも関係する近隣説明会について

          いつのまにか急激に進んでいる政府のDX

          IT後進国日本という言葉をご存じでしょうか。この言葉は近い将来、政府においては使われなくなるかもしれません。 行政といえば、アナログの代名詞だったと思います。もちろん、それがいまも変わらないところも多いかもしれないです。しかし、いまは、政府のDXが急激に進んでいるのです。今回は、政府のDX事例と、それが建設業や不動産業にどのように関わってくるのか、ご紹介いたします。 政府のDXといえば、マイナンバーポータルや住基ネットが有名だと思います。しかし、それ以外にも様々な挑戦的な

          いつのまにか急激に進んでいる政府のDX

          意外と知らない都市計画とは

          都市計画という言葉をご存じでしょうか。宅地や建物を取り扱い仕事をしている人でないと中々聞くことがない言葉だと思います。しかし、実は身近なところで都市計画は行われています。今回は都市計画について、その意味や仕組みについてご紹介します。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています。 都市計画とは税金を無駄なく使うために街作りをするための法律があります。都市計画とは、都市計画法に基づいて行われるものです。都市計画法は、国・市

          能力を高めるために最も重要なこととは?

          以前の記事において、労働生産性を上げるためにはITを活用することが重要ですが、スキルアップも重要であることをお伝えいたしました。本記事では、スキルアップをするために、そして能力を上げるために最も重要なことについてお伝えいたします。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています。 1.なぜスキルアップが重要か労働生産性を上げるために、なぜスキルアップが重要なのか振り返りたいと思います。 労働生産性とは、従業員一人当たりの

          能力を高めるために最も重要なこととは?

          老後2,000万円問題への答え:ワンルーム投資のススメ

          老後2,000万円問題の解決策として、投資や副業・兼業が推奨される時代になりました。近年、不動産においてワンルーム投資が増えています。その背景には老後2,000万円問題があることはもちろんですが、未婚率の上昇もワンルーム投資が時代に合っていることを示唆しています。 本記事では、初心者の不動産投資にはワンルーム投資が最適であることをご説明いたします。 ※本コンテンツで使用している画像は一部『Chat-GPT(DALL-E3)』により生成しています。 1.老後2000万円問

          老後2,000万円問題への答え:ワンルーム投資のススメ