メディアnote

オウンドメディアを作る際に気をつけたい5つのこと

オウンドメディアを作る際に気をつけたい5つのこと

※この記事は2017年でメディアで紹介されたものであり、各情報についてもその時点のものでありますのでご承知おきください。 昨今、オウンドメディア(自社メディア)の開発が著しく活発化している。 オウンドメディアの利点としては、自社コンテンツのファンの獲得、記事への自然被リンクの獲得、また自社でメディアを持つことでペイドメディアへの出稿を減らせることも利点といえるだろう。 反してデメリットも多く存在する。 オウンドメディアを新規でローンチさせ、課金スキームに達するまで成熟する

スキ
14
SNSで人気沸騰中の不要品クリエイターMICHIKOが語る「不要不急が排除される社会に必要なもの」

SNSで人気沸騰中の不要品クリエイターMICHIKOが語る「不要不急が排除される社会に必要なもの」

世の中には絶対に必要のない「不要品」を作り続けてきた不要品クリエイターのMICHIKOさん。 独自のものづくり技術と、ユニークな発想から生み出される「不要品」は、YouTubeチャンネル「不要不急のアトリエ」は現在チャンネル登録者が10万人を突破。そのほかにもTikTokやinstagramなどのSNSで若者から絶大な人気を博している。 現在はネットショップ「MICHIKOのゴミ捨て場」にて制作物を販売しており、新商品が出ると必ず完売するほどだ。 そんな大人気の「不要品」を作

スキ
3
「これが自分の遺作になるかも」と思いながら映画を撮っていた |Fáni vol.3 映画監督・工藤梨穂さんインタビュー

「これが自分の遺作になるかも」と思いながら映画を撮っていた |Fáni vol.3 映画監督・工藤梨穂さんインタビュー

自らの目標に向かって精力的に活動する同年代の方に話を聞くインタビュー企画、「Fáni」。 第3回目は、映画監督の工藤梨穂さんにお話を伺いました。 高校時代に映画の魅力に目覚めた工藤さんは、高校卒業後、京都芸術大学映画学科(旧:京都造形芸術大学映画学科)に進学。2017年に大学の卒業制作でつくった長編映画『オーファンズ・ブルース』が、すぐれた自主制作映画を発見する大規模な映画祭「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)2018」でグランプリを受賞。その他、国内外の映画祭でも出品

スキ
14
メディアは量販店、個人発信はセレクトショップ

メディアは量販店、個人発信はセレクトショップ

量販店があれば必要なものは揃う。 でも、セレクトショップで笑顔になれるこだわりの一品は人生を豊かにする。 メディア運営をしながらの個人発信 私の話で恐縮ですが、私の本職は中堅映画メディア「cinemas PLUS」の編集長です。フリーランスでの業務委託ですが、Webメディア編集長としてはなかなか異例の6年目へ突入して引き続き奮闘しています。 これが本職ですが、あくまでもフリーランスなのでサブ仕事として、Webメディアやブログ運営の経験を活かした映画以外ジャンルのウェブメ

スキ
3
今改めて考える「マイナースポーツ」-メディアのスタンスとヒエラルキー構造

今改めて考える「マイナースポーツ」-メディアのスタンスとヒエラルキー構造

既に「ベンチャースポーツ」と言い出して既に4年近くがたっている。批判や反発などもあるが、日本経済新聞にも取り上げられ、一部では積極的に利用されている印象である。 初期にも書いてはいるのだが、正直名前は「マイナー」のようなネガティブなワードで踏みつけられるスタンスでない限りは、なんでもよいと思っている。実効的に大事な部分は実力やメンタリティの方である話は初期から繰り返し述べている。 しかしそれでもスポーツの呼び名やイメージを変えるような試みは増えているようなので、一部は成功

スキ
6
No.001 あの頃の僕たちへ:出発の日

No.001 あの頃の僕たちへ:出発の日

こんにちは。「あの頃の僕たちへ」の”トイトイ”です。 このメディアは僕と”コイコイ”の2人で運営していきます。 僕とコイコイは現在都内大学の3年生です。 みなさん「今」を有意義に過ごすことができていますでしょうか? 学生の皆さん 「大学に合格したから人生勝ち組」 「大学に入っておけばとりあえずどこかに就職できるだろう」 「学生時代は社会に出る前最後のモラトリアム。遊んでいることこそが学生の本分」 「意識高い系はなんかウザい。まして自分がそれになるなんて断固お断り

スキ
17
9月から「仲良し夫婦の工夫特集」始まります〜夫婦に関するアンケートデータ集めちゃいました〜

9月から「仲良し夫婦の工夫特集」始まります〜夫婦に関するアンケートデータ集めちゃいました〜

こんにちは。Conobieセールスのもえまるです。今回は9月からConobie上で「仲良し夫婦の工夫特集」が始まるということで、いままでConobie公式Twitterで実施してきたアンケートのうち、夫婦に関するデータを集めてみました……! ◆ なれ初め教えて!パートナーとの出会いは? 「職場で」が約3割を占める結果となっています。 こちらは2020年1月のデータですが、将来的に「ネットで」という項目が増えていったりなどするのでしょうか。数年後にまた聞いてみたい質問です。

スキ
4
おまえ編集長やりすぎ

おまえ編集長やりすぎ

 私がCNET Japanを運営していた当時のシーネットネットワークスジャパン(現在の朝日インタラクティブ)に編集記者として入ったのは、2005年1月です。CNET Japanが運営を開始したのは2003年の1月ですから2年後と言うことになります。翻訳や転載記事が主体で、独自取材の記事も少なかったため、私のミッションは「独自の日本国内記事の増産」でした。編集部もまだ少数で、記者会見などに行けるリソースも限られていましたし、そもそもその案内が来ないケースも多々あったので、会見や

スキ
43
メディア人生の始まり始まり~

メディア人生の始まり始まり~

 朝日インタラクティブnoteの初めての記事となります。私は、朝日インタラクティブ 編集統括を務めている別井貴志です。一応、このnoteの責任者になります。CNO(Chief Note Officer)を名乗るように決まりました。陰では「Chief Nonbe"呑兵衛"Officer」や「Chief Nandemoari“何でもあり”Officer」とか言われていますが、役職とか呼び名に執着は一切無いので、どうにでも呼んでください。  朝日インタラクティブがnoteを始めた

スキ
58