『→北海道まで』

既に3時間が経っていた。

「いやー、止まってくれないねえ」
「……」
「お腹すいたね」
「……まあ、そうだな」
「ねえねえ、あそこに吉野家あるしさ、ご飯食べて帰らない?」
「お前、言い出しっぺの癖に自分から言うなよ、そういうこと」

はあ、とため息をついて高木竜二はスケッチブックを持って構えていた手を下ろす。彼の隣でしゃがみこんでいるのが杉原拓海で、向かう目線は大通りの向かいにある牛丼屋に釘付け

もっとみる
読了感謝!
22

ヒッチハイクで飛田新地に行ってきた話。

それは大学に入って初めてのゴールデンウィークだった。

ようやくの大学生。何か面白いことしたいなぁ。と友人と話合っていた。

それで色々考えた挙句ちょっと冒険心ある
「ヒッチハイク」をしてみよう!となった。

その時の話だ。

ヒッチハイク当日。

東京でヒッチハイクが成功できるところは用賀のインターチェンジ(IC)とのことだったので、そこに集合。
インター付近にあった「ニトリ」からダンボールを貰

もっとみる
ポケットからキュンです!!
2

巫話:ヒッチハイカー麻呂。

ある夜、神社へ行った。

その神社へ行くまではなんともなかったのだが、帰りに車を出した瞬間に違和感を感じた。

「ん?パンクしたか?」

そう思って降りて確認したが、タイヤはなんともない。小石が溝に挟まっているかとも思い確認したが、それもなかった。

再び車を走らせるとやはり違和感がある。なんだかハンドルがブレる上に、ずっとカンカンカンカンと音がする。

数回、降りて確認したがやはり何ともない。

もっとみる
魔界の過疎村より心からお礼申し上げます
4

初ヒッチハイク旅 東京〜鳥取砂丘part3

今回も見ていただいてる方、ありがとうございます。
part3です。1〜2は初ヒッチハイクをするに至った経緯と初ヒッチハイクが成功した時、という感じで時系列のように書きました。
今回のpart3は初ヒッチハイクのまとめといった感じで書きたいと思います。

まとめといっても前回の最後に、ぶち当たった壁の事とかも触れたのでその事を軽く話します。

このヒッチハイク中に直面した壁は2回ありました。
・御殿

もっとみる

初ヒッチハイク旅 東京〜鳥取砂丘part2

昨日のnoteでは、初めてのヒッチハイクをする事になったきっかけから当日までの流れを書きました。
もし、昨日のを見て今日のも見てくれた人がいたら本当にありがとうございます。
興味を持ってもらえるのは正直とても嬉しいです。

それでは今回は実際にヒッチハイクした時の状況だったり気持ちなどを書いていきます。
まず初めに、おそらくこの記事は
「これからヒッチハイクをしようと思っているがどうすれば良いかわ

もっとみる

初めての旅「ヒッチハイク東京〜鳥取砂丘」part1

とくに話すことも思いつかないので、今回は初めて旅という名目で行った「鳥取砂丘ヒッチハイク」について話したいと思います。

今回も前回通り、デリートキー使わずにいきますー

まずヒッチハイクをしたきっかけですが、
大学3年の12月頃、就活を軽く初めてたけど、全然やりたいことも見つからず就職先はもちろん職種すらも絞れてないころ
地元の友達と4人で呑みながら、「就職先が絞れない」といったような相談をしま

もっとみる

はじめまして。Renです。

はじめまして。WANDER MAKERS-ワンダーメーカーズのRenです。

初めての記事なので軽く自己紹介も兼ねて書いていきます。

96年生まれで高校生まではサッカーばかりやってきた人間です。普段は動画制作者を目指してyoutubeやインスタ、tiktokなどに動画投稿しています。

21歳の時、初めての旅「ヒッチハイクで鳥取砂丘へ」

この初めてのヒッチハイクをきっかけに旅に夢中になり、就職

もっとみる

15日目「新しい講義スライドを作ってみる」

はいさい!今日も沖縄からこんにちは!

今日は有吉社長からオファーをいただいた専門学校にて遠隔で講義を行うため、新しく沖縄での出来事を追加した講義スライドを用意してみました!
色々と挑戦することでやりたいことが見つかったり、デザインにおいてもより枠を広げて考えることができる、そんな想いをこめて講義内容を考えていました。(思えば講義内容を作るのもどこか脚本や演劇作りに似てますね。人前でしゃべるのもア

もっとみる
さすが俺にできないことをやってのけるッ!そこに痺れる!憧れるゥ!
6

久方ぶりのヒッチハイク、それすなわち人生

そういや先週の金曜日、思い立って久々にヒッチハイクしてみました!約1年半ぶりです。(前回は10日間かけて大阪まで行きました)

18:00からスタートして、合計6時間で旭川の彼女の家に到着しました。乗せていただいた方々には感謝しかありません。

なぜか仕事中に急に「ヒッチハイクしたい!」と思ったんです。いてもたってもいられなくて、仕事が終わってすぐに家に帰って準備をし始めました。

もっとみる