ハヤカワ

田舎のいちばん長い日。本が本屋にないというお話。

※三体のネタバレはないです ある外国のSF小説の完結篇ということでその発売日を心待ちにしていたのだけど、本というのはどうやらその他のモノたちと違って田舎には一日遅れで届くのが普通らしい。 実は出版業界のいう発売日という言葉は問屋に卸される日のことを指し、実際に店先に本が並ぶ日は各書…

感想『女たちのニューヨーク』

先日ハヤカワさんの読書モニターに当選し 『女たちのニューヨーク』を拝読しました。 そして本の帯に載せていただきました! 賛辞として紹介していただくさらに、賛辞としてこちらでもご紹介いただきました。 ぶつかり、泣き、痛い目にあいながら、折り合いをつけ、自分を満たす方法を見つけ、愛す…

本の帯に名前が載りました!!『女たちのニューヨーク』

卍易風水師、 時々はちみつ代理店、 双子男子の母、澄恵です。 先日、ハヤカワさんの読書モニターに当選し、 本を一日中、読みふけるご褒美を頂戴しました。 さらにご褒美がやってきたそしてそして! なんと、感想(※)が採用されて、 本の帯に載せたい旨、 ハヤカワさんからご連絡いただきました。 …

ハヤカワさんの読書モニター当選しました『女たちのニューヨーク』

卍易風水師、 時々はちみつ代理店、 双子男子の母、澄恵です。 先日、こちらの読書モニターに応募したら 当選しました!! 『女たちのニューヨーク』『女たちのニューヨーク』 エリザベス・ギルバート/那波かおり 訳 早川書房より5月18日に発売 合格祝いに読書三昧私、小説を読むのが大好きです。 …

古典ミステリまわりのアレやコレ9

今年刊行の始まったハヤカワジュニアブックス コレをきっかけに古典ミステリを読み始めた方が多いと信じたい。 ハヤカワジュニアミステリに出てくる用語を主に日本や現代では馴染みのない用語を解説します。 ABC時刻表  駅名をアルファベット順に記載し、ロンドンからの発着時間、距離、運賃、所要時…

古典ミステリまわりのアレやコレ8

今年刊行の始まったハヤカワジュニアブックス コレをきっかけに古典ミステリを読み始めた方が多いと信じたい。 ハヤカワジュニアミステリに出てくる用語を主に日本や現代では馴染みのない用語を解説します。 お茶の時間(アフタヌーンティー)  夜、映画や観劇等に行くと夕食が21:00以降になってしまう…

古典ミステリまわりのアレやコレ7

今年刊行の始まったハヤカワジュニアブックス コレをきっかけに古典ミステリを読み始めた方が多いと信じたい。 ハヤカワジュニアミステリに出てくる用語を主に日本や現代では馴染みのない用語を解説します。 糖蜜のタルト  ゴールデンシロップと言うサトウキビから白砂糖を精製する時に出るシロップ(…

古典ミステリまわりのアレやコレ6

今年刊行の始まったハヤカワジュニアブックス コレをきっかけに古典ミステリを読み始めた方が多いと信じたい。 ハヤカワジュニアミステリに出てくる用語を主に日本や現代では馴染みのない用語を解説します。 舌平目のノルマンディ風  フランスの海沿いにあるノルマンディは海産物とリンゴと酪農の街…

【ゲラ読み書店員さん募集!】"無傷のままで真実を知ることはできない――" 11月刊青春…

 早川書房は2020年11月19日に、酒井田寛太郎氏の青春連作ミステリ『放課後の嘘つきたち』を文庫書き下ろしで刊行します。 『ジャナ研の憂鬱な事件簿』シリーズ(全5巻、小学館ガガガ文庫)で、ビターな青春ミステリを発表してきた酒井田氏は、今回ハヤカワ文庫初登場。  刊行に先立ち、新作のゲラを…