ノーサイドゲーム

池井戸潤氏が「ノーサイドゲーム」で伝えたいメッセージ

本日は、先日読破した池井戸潤氏による小説「ノーサイド・ゲーム」について書きます。私は、著者がどれだけラグビーに精通しているか分かりませんし、私自身ラグビーは詳しくありません。しかし、この小説で描かれているチームやリーグ、協会、そして企業スポーツというのはかなり現実に即しているのではないかと感じました。
以下、おおまかなあらすじ(ネタバレにならない程度)と著者が「ノーサイド・ゲーム」を通して訴えたい

もっとみる

日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」を噛みしめまくった先にたどり着いたのは…

2019年夏のTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」。
あの熱い物語が、年明けに各地で一挙放送され、1/10にDVD&Blu-rayが発売された。

正直、これほど円盤の発売を待ち焦がれた作品は、今までなかった。
放送が終わってから、1日も欠かすことなく、本編かParavi配信スピンオフか主題歌の「馬と鹿」どれかを観たり聴いたりしていたし、年明けの一挙放送も実家で観た。
もちろんBlu-rayも購入

もっとみる

「勝つ」とは?

年末にTBSで『ノーサイド・ゲーム』の再放送がやってた。

企業の経営戦略室にいた優秀な社員が左遷され、廃部寸前の弱小ラグビーチームのGMに着任する。チームを優勝させることで、本社に返り咲こうとする中、早々に監督が辞任してしまう。GMはラグビー未経験。なんならラグビー嫌い。新しい監督を選ばないといけないけど、どんな監督が良いのか分からない。「そもそも監督って重要?」と言っちゃう感じ。

チームのス

もっとみる
雄手です!ありがとうございます!
6

祝!!「ノーサイド・ゲーム」DVD&Blu-ray本日発売!!

昨日フラゲし、特典映像を早々にノーサイドして(全部観終わったの意)、アストロズメンバーのクランクアップで泣き、アストロズメンバーに囲まれて大谷さんがアップするのもエモいな…と思っていたら、1人だけ異様な熱気の中クランクアップする上川さんwwそれにしても、特典映像ディスク2枚計4時間とか聞いたことないw

ノーサイドゲームのBlu-ray BOXフラゲ🏉ノーサイドゲームの話も書きかけ…

大企業が支える「文化」

(こちらは8月22日に共同通信社から地方紙向けに配信された「スポーツ随想」の千種担当回第6回の記事です。内容が少し古いのはご容赦を…。共同通信社からは許可を得てnoteにも配信しています。)

 ラグビーワールドカップ開幕まであと少し。CMや町中の広告にラグビーが登場するなど少しずつ盛り上がりを見せていますが、私もドラマ「ノーサイドゲーム」を見て熱を高めています。

 「ノーサイドゲーム」は直木賞

もっとみる

ありがとう!ラグビーW杯!!

南アフリカ優勝で幕を閉じたラグビーW杯

ついに、長きに渡って盛り上がったラグビーW杯は、南アフリカの優勝で幕を閉じました。
初めての日本大会ということで、前回日本が「世紀の番狂わせ」を演じたことや『ノーサイド・ゲーム』の放送により、日本大会は大いに盛り上がって大成功だったのではないでしょうか?

奇しくも、前回大会で「世紀の大番狂わせ」で倒した南アフリカが、日本大会今度はその日本を破り、優勝した

もっとみる
スキあり!!
13

ドラマのノーサイドゲームからすっかりラクビーにはまり、ワールドカップもしっかり見ている。
なかなかルールやポジションが覚えられないが、とてもおもしろい。
プロフィールの好きなスポーツにラクビー観戦と書き足したいくらいだ。
こんなに逞しくて潔くて愛くるしいチームスポーツははじめて。

スキ、うれしいです。また明日も何かつぶやけたらいいですね。

一夜明けて

2019年日本代表記者会見
2015年日本代表記者会見

https://m.youtube.com/watch?v=jPsKG9drg2E

https://m.youtube.com/watch?v=BoSDO7CumHE

にわかラグビーフアン🏉です
こんなにも、自分が熱くなり、応援せずにはいられない、不思議だ彼らを応援しているのにまるで、自分達に頑張れ!ていわれているようで…

ノーサイ

もっとみる

(日本と日本以外の国)両方の文化を合わせて、 ワールドカップに一生懸命向かっている。

リーチ・マイケルという男

今回のラグビー日本代表には史上最多の
15人の外国出身選手がいる。
ニュージーランド・クライストチャーチ出身の主将、
リーチ・マイケルもその一人だ。しかし、
15歳のとき北海道の札幌山の手高校にラグビー留学のために
来日して以来、既に人生の半分以上を日本で生き、
東海大学時代の同級生である知美(さとみ)さんと2012年に結婚、
2013年には日本国籍を取得し、
パパの周

もっとみる