【読書メモ#3】「行くぞ!ロシナンテス」 川原尚行

読書メモ
「行くぞ!ロシナンテス」 川原尚行

スーダンで医療活動を行う川原さん、
ロシナンテスの取り組みです。
2016年に残念ながら役目を果たした東北事業では直接お世話になり深い深い学びと経験を共有させていただきました。

とにかく「困難さ」に真っ正面から立ち向かう性行のある川原さんを中心にした物語。
スーダンでも被災地・名取閖上でも、「お互い様」、「共助」、「協働」を軸に、困難に向かう方々と

もっとみる

禁断症状が。。。

昨日は久々の温泉入って、たまってたはなしが山ほどあったのでこれでもかってくらい喉が痛くなるほど話をしました。こんなに話したの久しぶりで興奮して眠れなかったよ。

私と話が通じる貴重な人。頭がいいから打てば響くし、私の話すとんでも話もちゃんと本質を掴んでくれる。

彼女と私は中学入学してすぐ、グランドに降りる階段のとこで出会いました。その瞬間お互いスキ!って恋に落ちちゃった。それから今までずっとその

もっとみる
嬉しいです

Simple is the Best!!

Hello everyone. I'm Tomoki Kishioka!!

This article is continued from last time.
If you have not read the previous article, please read from the following.
I believe that there are some learning from

もっとみる
いつもありがとうございます!!
13

タッチラグビーの教科書⑤ タッチラグビーならではの点の取り方!

どうも、こんにちは!
矢後です。

今回のnoteでは、前回書いたDFの基本の『き』である外を守るDFを打ち破ってトライをするための『タッチラグビー』ならではの点の取り方を書いていきます。
前回のnote↓

□これまでの振り返り

まず最初に、これまでのnoteで書いてきた事の振り返りをします。
点をとるために!ということでこれまで書いてきたポイントは3つ!
・目の前(トイメン)の相手に勝つ

もっとみる
スキありがとうございます!😊
1

試合は練習のように・練習は試合のようにを深く考える|勝負する習慣はありますか?

*こちらは有料記事ですが購入いただかなくとも無料で全文読むことができます。

試合は練習のように練習は試合のように

この言葉良く聞きますよね。僕自身も小・中・高一貫してそう教え続けられてきました。

そしてそれを当たり前のように思いこれが理想なんだと思ってきました。

ですが最近これって本当に正しいのかなと考えるようになりました。

今回はその考えを共有したいと思います。

試合は練習のように・

もっとみる

『菅平』で若さを紡いだあなたへ

菅平 その響きが嫌いだった

まとわりつく朝靄と 滲み出る汗と

刺すような日差しと 永遠に進まない時間と

先輩に叱られて 同期に責められて

なぜあんなに泣いたのだろう 泣かせたのだろう

菅平が好き? いいえ

あまりに辛く あまりに苦い 思い出ばかりで

懐かしい? いいえ

あまりに子供で あまりに未熟で 恥ずかしくて

でもこれだけは言える

ありがとう 菅平

未来はどこまでも広がっ

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♀️

【27歳・ラグビーを引退した今思うこと】❷

第二部

−リコーでの4年間を振り返った時に、2年目のPR(プロップ)転向は大きな転機になると思う。

きっかけは1年目の11月のつま恋合宿で監督と面談した際に転向を打診されたことでした。
自分の中では今までやってきたLO(ロック)っていうポジションをとても大事にしていて。ラグビーを始めた中学生の時のニュージーランド人顧問の先生に、ニュージーランドではLOはとても尊敬されるポジションで、身体を張っ

もっとみる

スポーツと人種差別問題~その歴史と現在の流れ~

最近”black lives matter”のスローガンのもと世界中で人種差別反対運動が起こっています。サッカー界でも試合開始前に全員が膝をつき人種差別反対の意思を見せています。

 この運動の発端は今年2020年5月にアメリカ・ミネソタ州で発生した、白人警察官による黒人男性への不適切な拘束方法が原因で発生した殺人事件です。しかし、スポーツの場における人種差別問題は最近の問題ではありません。今回は

もっとみる

スーパーラグビーAU ROUND1 レッズvs.ワラタス

スーパーラグビがー ニュージーランドの スーパーラグビーアオテアロアに続き、オーストラリア国内で再開されました。

スーパーラグビーオーストラリアカンファレンス(SuperRugby AU)とは

ニュージーランドに続き、再開を決めたオーストラリア。

参加チームはスーパーラグビーに参加する15チームのうち、オーストラリアに所属する5チームのうち日本のヒト・コミュニケーションズサンウルブズを除いた

もっとみる
「スキ」嬉しいです。ありがとうございます。💛
7

新潟からお届けします

今日は親友に会いに新潟に来ています。久しぶりの再会なのではなしが尽きません。

新幹線のなかでこれを読みました

均さんが日本開催のワールドカップ前に出版された本です。均さんご本人ののラグビーとの出会いや試合の思い出などから2019年の日本代表メンバーに送るエールが書かれています。

均さんの優しいお人柄、酒豪ぶり、そしてラグビーを愛する気持ちがハンパないです。

大学からラグビーを初めてワールド

もっとみる
嬉しいです
1