オールブラックス

ニュージーランド・スーパーラグビー・パシフィックチーム、2022年のジャージを公開。

ニュージーランドのスーパーラグビー5チームは、2022年に開催されるスーパーラグビー・パシフィックの初開催に向けて、プレーイング・ジャージを発表しました。 ニュージーランドの各チームは、2022年と2023年に向けて、それぞれのチームにとって意味のある新しいホーム&アウェイ・キットを発表しました。 オークランドを本拠地とするブルースは、「ニュージーランドの歴史の中で重要な役割を果たしている、この地域を取り囲む水によって可能となった大移動に敬意を表して」、ダークトーンのホー

スキ
3

アーディー・サヴェア、サバティカル・オプションを発表し、サモア代表でのプレーに意欲を示す。

アーディ・サヴェアはニュージーランド・ラグビーと4年契約を結んだため、サモア代表としてプレーするのは早くても2028年になると思われますが、59テストのオールブラックは将来的にパシフィカチームの代表になることも視野に入れていることを明かしました。 サヴェアは、ワールドラグビーが規定を変更して、選手がスタンドダウン期間後に国際的な忠誠心を変えることができるようにすることを提唱しており、以前から将来的にはサモア代表になりたいと話していました。奇しくも、サベアが4年契約を結んだの

スキ
5

オールブラックスたちが、新ブランドカクテル「Grins」のヒットを狙う。

オールブラックスのダミアン・マッケンジー、アントン・レイナートブラウン、元オールブラックスのステファン・ドナルドは、Grinsを発売してRTD市場に参入しました。 低カロリー、低糖質、グルテンフリーの「Grins」シリーズの最初のフレーバーは、ウォッカ、パイナップル、マンゴー、ソーダのトロピカルと、ウォッカ、レモン、ライム、ソーダのクラシックの2種類です。彼らは、次のフレーバーを決めるために、インスタグラムで投票を行っています。 ドナルドはSpyに、3人は素晴らしい仲間で

スキ
5

ブルースは、ケイレブ・クラークを信じている。

ケイレブ・クラークを覚えていますか?少し前のことですが、彼は今シーズンの注目株であり、イーデンパークでの見事なブレディスロー・パフォーマンスでワラビーズを引き裂き、オールブラックスのスターとしてブレイクしました。 この107kgのオークランドとブルーズのウイングは、2020年に大きな動きを見せました。スーパーラグビーのアオテアロア大会でブルーズで活躍した後、イアン・フォスターが率いるオールブラックスの最初のチームに招集され、ラグビーチャンピオンシップとブレディスローの縮小版

スキ
4

オールブラックス物語第2話: 知的な大男、サム・ホワイトロック。

13年前、ウェールズで開催された第1回ワールドラグビーU20チャンピオンシップで、ニュージーランド代表として活躍していたサム・ホワイトロックは、2018年8月18日、この年齢別トーナメントの卒業生としては初めて、テストキャップ100を達成しました。 リッチー・マコウ(テストキャップ148)、ケヴェン・メアラム(132)、トニー・ウッドコック(118)、ダニエル・カーター(112)、キーラン・リード(109)、マア・ノヌー(103)、ミルス・ムリアイナ(100)に続く8人目の

スキ
6

オールブラックス物語第1話: 「ダミアン・マッケンジーは、何故ラグビーをプレイするのか?」

私は子供の頃、決して大柄ではありませんでしたし、今でも公平に見て大柄ではありません。 しかし、私がいつも考えていることは、私の親父がよく言っていたことです。 「サイズが全てではない、それがどれだけ欲しいかだ」 私は小柄な男子の多い学校に通っていました。毎週、自分たちよりはるかに大きな体のチームと対戦し、自分たちの力を信じてパンチを繰り出していました。 私はいつも挑戦だと思っています。 タックルできないからといって、みんなに狙われるような男にはなりたくありません。

スキ
35

クライストチャーチの屋根付きスタジアム。新しいデザインプランを公開。

クライストチャーチに建設される5億ドル(約570億7,762万円)規模の屋根付きスタジアムの最新デザイン画像が本日公開されました。 カンタベリー・マルチユース・アリーナ(CMUA)は、2025年半ばまでに完成する予定で、3万人収容の長方形の芝生が敷かれます。 クライストチャーチを拠点とする建築家Warren & Mahoney氏と国際的なスタジアムデザインの専門家Populous氏による4つの予備デザイン画像は、都心の敷地にスタジアムがどのように配置されるかを示しており、

スキ
4

分析:オールブラックスがアイルランドを攻略できた場面。

ダブリンで行われたオールブラックス戦でアイルランドが採用した狭いアウトサイドインのラッシュディフェンスは、ツアー中のニュージーランド勢に貴重な勝利をもたらしたことでよく知られています。 アイルランドの素早いディフェンスのおかげで、オールブラックスのサイドラインのアタッカーに手を使ってボールが届けられるたびに、サイドラインを進むことはおろか、ボールをキャッチすることすらできないことが多くありました。 試合開始から約5分、ニュージーランドの最初の攻撃フェイズでは、ブロディー・

スキ
4

ダミアン・マッケンジー、「長い」シーズンを振り返る。

オールブラックスは、今年の旅を終えた。15試合という大規模なシーズンを終え、最後の10試合をニュージーランド国外で戦ったオールブラックスは、ニュージーランドに戻り、義務づけられた隔離期間を終えたところです。しかし、ダミアン・マッケンジーにとっての旅は、まだ始まったばかりです。 マッケンジーは現在、日本のホテルに滞在していますが、間もなく新設されたリーグワンのサントリー・サンゴリアスで今後出走する予定です。 元ハリケーンズのユーティリティーバック、ジェームズ・マーシャル氏の

スキ
14

10番それとも15番?ダミアン・マッケンジーが意図を明らかに。

多才なオールブラックのダミアン・マッケンジーは、キャリアの次のステップとしてファーストファイブに集中する時期だと感じています。 フルバックも10番もこなせるマッケンジーは、東京サンゴリアスでプレーメーカーとして活躍することを目指し、日本のクラブシーンが花開いてきていることを考慮しながら、短期契約での参加となります。 マッケンジーは、ジェームズ・マーシャルのポッドキャスト「What a Lad」の最新エピソードで、「私は、ちょっとしたミックス&マッチをしてきました。"5番は

スキ
7