原 正樹

引退間近のマーケティング屋。読書と思索とギター弾きと世界のスポーツ観戦だけのリタイア生活に移行計画中。 2019年は、ちゃんとものを書いていきます。の、つもり。

『アウターライズ 』赤松 利市 (著)==東日本大震災について粘り強く考え続けた成果が、コロナ後の日本の在り方に示唆を与えてい…

『アウターライズ 』(単行本) (日本語) 単行本 – 2020/3/6  赤松 利市 (著) Amazon内容紹介 「「現時点で判明している被害者は六名です」 東日本大震災に匹敵する災禍…

カズオ・イシグロに最適の年齢  ④『わたしを離さないで』から『忘れられた巨人』へ、共通・連続したテーマについて。

今日で最終回、この回が、本当の本当に書きたかったこと。なので、今までの回が退屈だったり、難しかったり、そもそも読んだこともない小説について論じられても、興味がわ…

カズオ・イシグロに最適の年齢  ③『充たされざる者』から『わたしたちが孤児だったころ』

『充たされざる者』 Amazon内容紹介を引用「世界的ピアニストのライダーは、あるヨーロッパの町に降り立った。「木曜の夕べ」という催しで演奏する予定のようだが、日程や…

カズオ・イシグロに最適の年齢  ②『浮世の画家』から『日の名残り』へ

※昨日の予告では、『浮世の画家』だけ取り上げる予定だったのだけれど、ここから一気に『日の名残り』まで論じてしまいます。 『浮世の画家』 Amazon内容紹介引用  「…

カズオ・イシグロに最適の年齢  ①「遠い山なみの光」

カズオ・イシグロに最適の年齢 はじめに   日本において、日本人が考えると、出世作、英語圏で最大の文学賞、ブッカー賞を受賞した『日の名残り』における最大の謎は、…

『カズオ・イシグロに最適な年齢』という文学評論を書きました。主要長編を連続して論じながら、イシグロについて考えたものです…

今日から、新しいマガジンを立ち上げます。カズオ・イシグロの長編小説を、デビュー作『遠い山並みの光』から、最新作『忘れられた巨人』まで取り上げながら、主要長編を貫…