【ニュージーランド】 修学旅行

皆さん、たい焼きは頭から食べますか?それともしっぽから食べますか?

僕はしっぽから。 

どうもすずショウです。

高校の修学旅行でニュージーランドに訪れて行った場所を書いたnoteがあるのですが、他にも行った場所があります。

行った場所というよりしたことですね、それはホームステイです。

ホームステイは3日間しました。そこでの生活は泊めてもらっ方が所有している牧場に行って動物の世話をしたり、

もっとみる
スキして下さると飛び上がって喜びます!!

クイーンズタウンの日々、そして平野先生とクライストチャーチ

前回のジャンプについての投稿に沢山の反響をいただきましてありがとうございます!ジャンプについての小話はまたちょくちょく書いていこうと思いますので、お楽しみに。

とはいえ、一つのことをずっと追及していくほどに無駄を削る工程に入っていって、その末に今のところ行きついたのが前回の投稿に詰まっています。

ジャンプって本当に自己の把握とメンタルの遊びなので、それほど筋肉が必要なわけでもなければ体格に左右

もっとみる

アルバイト① ニュージーランドワーホリ

入国してから、Queenstownの中心地, Frankton, Remarkable, Five mile, をプラプラしながらCVを配ってた。それでOKをもらえたのはFive Mileにある、St Pierre's Sushiだった。ほかのお店はあとで連絡するね、というだけで連絡は来なかったけど、CVを配りに行ったときに、その場で書類を渡されて記入して、いつ入れるのか具体的な話をして、その場で

もっとみる
興味持っていただけて嬉しいです^_^

ニュージーランド番外編③ 〜ニュージーランド最北端 ケープレインガ〜

今日はニュージーランド最北端。
ケープレインガに行った時の話をします。

とにかくめちゃくちゃ良い。

です。

僕達はオークランドから向かいました。
そして途中にあるファンガレイって街で
エアビーで宿をとって行きました。

レンタカーで行ったんですが
レンタカーめちゃくちゃ安かったです。
2泊3日で$100 ちょいぐらい。
5人乗り。

5人で行ったから
ガソリン代合わせても1人$50 ぐらい。

もっとみる
励みになります〜!ぜひコーヒーブレイクのお供に!
7

幸せな生活in ドイツ orニュージーランド🇳🇿?

幸せっていうと、わたしは国・土地・環境で決まる気がするんだ。

わたしの幸せの源:

⭐️周りの人との関わり

⭐️新しいモノ・人・こととの出会い =好奇心

⭐️好きなことをする。

これらができるかどうかは、環境、その土地に住む人の特性(性格?)、好きなことができるかどうか などにかかってる。 つまり住む国。

だからわたしは将来、好きな国に住みたい。

ニュージーランドに1ヶ月住んだときにマ

もっとみる

June 2020

何をしていたのか記憶がないだと…??あとで見返したり自分で整理したりするために時々こうやって記録をつけるのが好きなんだけど、6月は毎日やらなきゃいけないことにひいひい言ってたら一瞬で終わってこれといった記憶がないのでは??(ここでTwitterを見返す)

①引っ越した。これ大事。真冬なのに前の家寒いし、一緒に住んでる人たちとの交流なすぎてロックダウン気まずいし。もしもう一回ロックダウン来たらあの

もっとみる
とてもすき
2

国をあげて性教育に取り組む国ニュージーランド

家のドアを開けたらそこに2人のポルノスターが。どういうこと?と驚く母親に2人は言います。
「あなたの息子さんがネットで私たちを検索してたから会いにきた」と。
今日は、再生回数約270万回のこの動画に関する記事をご紹介します。

ストーリーはおおよそこんな感じ;

 2人のポルノスターがネットの世界から抜け出してリアルに家にやってくるという設定。彼らは息子のMatt君に会いにきました。彼がネットで彼

もっとみる
ありがとうございます!うれしいです!
6

満月のイベント

昨日は、満月でしたね。

昨夜は私の住む湖畔で、ヨガの先生が開いた近所の女性たちが集まる満月のイベントがあり、足を運んでみました。以前お世話になったヨガの先生も新月にイベントをしていたし、こちらでは月のめぐりに合わせて女性のイベントが行われるのをよく目にします。実は6月から女性性を大切にするオンラインコミュニティに入り、様々な学びを受けています。カラーバス効果なのか、「Feminity」という言葉

もっとみる

子どもたちは、そもそもアクティブラーナー

「学習」という言葉から連想する最近の嬉しかったことは、数時間前、5歳の息子が急に「ボク、ニュージーランドの学校に行きたい!」といって、自分からワークブックを取り出し、アルファベットの練習を始めたことです。ビックリしました。同時に、今年COVID19による閉鎖が始まる前に親子留学をしていたニュージーランドでの体験が、彼の中でナイスな経験として存在しているのだなあと感慨深いものがありました。

4歳最

もっとみる
ありがとうございます♡嬉しいです!
5