人間の最も重い罪

人間の最も重い罪とは『裏切り』である
ダンテの「神曲」で裏切り者は地獄の最下層の嘆きの河の中に
永遠に氷漬けにされている
この地獄の門には
「我を過ぎんとする者は一切の望みを捨てよ」と記されている
「一切の望みを捨てよ」とは、希望のない絶望の人生のことである
そして希望のない人生こそが、生きていながら地獄に住むことなのだろう、そして、それは死と同じである
世の中には「主体的に生きている人間」「受動

もっとみる
ありがとうございます💖
1

【目印を見つけるノート】192. 土地のことばを大切にするのは

きのう、スイッチが入ったのでまだ書いています。いまは、福山のことばと熊本のことばを教えてくれる人がいないかなあと思っています。それ以外はたいてい材料が揃いましたね。
「なに欲張ったことを言っとるんじゃいや」
ははは😆自分で突っ込んでいます。

⚫自分のネイティブなことば

私は東京生まれで東京育ちなのですが、実はそう思われないのです。
垢抜けていないということでしょうか。
よく、「出身はどこ?」

もっとみる
スキありがとうございます!
30

イタリアの人は
国民作家ダンテの「神曲」を
高等教育で学習するという。

作中でダンテは
地獄や煉獄をめぐり
最後は何とか天国に行く。

言葉は大事だ。
あまり深く考えずに「断定」し過ぎると
天国に行くどころか
地獄や煉獄めぐりをするかもしれない。

ダンテイし過ぎは避けるべき。

あなたの一押しが私の財産です!

本の紹介100冊目 『神曲(地獄篇)』

こんにちは、TAKUです。

今日紹介するのは、
ダンテさんの著者『神曲(地獄篇)』です。

この本は、
13-14世紀のイタリアの詩人である著者が、

1300年の春に35歳のダンテが古代ローマの
大詩人ウェルギリウスの導きえながら、
生き身のままに地獄・煉獄・天国を
めぐる旅に出た物語を綴った第一部の地獄篇です。

それでは、紹介していきます。

【著者のダンテ・アリギエーリさんについて】

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます^ ^
4

<芸術一般>ドレ「神曲」と4歳時の絵

先日、一時帰国してから2回目となる実家での荷物整理に行った。改めて、私の荷物、特に書籍の多さに辟易したが、帰り道の苦労を考えて、2冊だけを自宅に持ち帰った。

それが、ダンテ作ドレ挿画の「神曲」とニジンスキー「ニジンスキーの手記 肉体と神」だった。ニジンスキーについては、後日書く予定なので、ここは「神曲」の方をご紹介したい。もっと正確には、ギュスターヴ・ドレの挿画について書きたい。

この表紙で、

もっとみる
これからも、宜しくお願いします。
5

ダンテリザードンデッキ

こんにちは。ふったか(@Kazumaru_tuki)です。
徐々に仰天のボルテッカー情報が公開されてきましたね!
今週はダンテリザードンを紹介させていただきます!このデッキはどうやって素早くダンテをトラッシュに送るかに重点を置き考えました!
今回はなるべく読みやすく簡単な記事にさせていただきます。

デッキレシピ

今回は早速デッキレシピの紹介です!

今回のリザードンはどうやってダンテを複数枚ト

もっとみる
励みになります。ありがとう!
9

評論 ダンテの地獄

シリーズで、
「久保研二 大人の寺子屋 特別講演」というのをやっている。

 そこで私は、天国だと勘違いをしている人たちが棲む池に小石を投げ込むのである。

「これより一切の望みを捨てよ」と、ご存知「ダンテの地獄」の入り口には書かれている。

 歌や音楽、創作活動の広き狭き門をくぐる者は、まず幻滅を感ずるべきである。

 そのぐらいの感受性を持たない者に、オリジナリティーに溢れた創造も、心をわし

もっとみる
私は決して怪しい者ではございません。

2020.8月21日 夜空に輝く星々に🌌

あまりにも暑くて
更に、雑務・雑事も多く 多忙で
(「忙しい」や「多忙」という言葉を嫌う人も多くいらっしゃるかと思いますが。
私は、好きです。
好きなので、この言葉をよく使います)

深く考えなくても、"さらさらら"と編むことが出来る
ヘアゴムばかり、量産しています。



しかも、この青い糸で編むのに嵌まっています🧵
この糸、明るめの青色にキラキラとした光沢を施してあって
とても綺麗なのです

もっとみる
ありがとうございます(๑╹ω╹๑ )♪
17

西洋美術の名品を巡るひとり旅 ボローニャ編 8日目 まとめ 「ボローニャ 〜 サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会、サンタ・チェチリア礼拝堂、サン・ドメニコ教会、アルキジンナージオ他」

現在イタリアを旅することが、難しい状況です。全世界の状況が1日も早く良い方向へ向かいますように。 

「お暇中」に西洋美術専門の私がはじめた「西洋美術の名品を巡るひとり旅 ボローニャ編」として2020年3月17日〜7月21日まで、各見所をnoteに書いてきました。(その間、旅note以外のことをつぶやいておりますが)その総数かなり多いです。より立体的に旅を想像していただけるように、各記事を1日の行

もっとみる
あなたの「スキ」が次の記事を書く強力なサポートです!
14

ダークトライアドとは?人の悲しみをエネルギーにする危険な人たちの特徴

マキャベリズム、ナルシシズム、サイコパス=ダークトライアド。それぞれについては書いてきましたが、そもそもダークトライアドとは?について今日は書いていきます。では、いってみましょう。

世の中には、平気で人の傷つくことを言える人たちが存在します。
誹謗中傷をするような人たちが、そのようなタイプとして目立っていると言えます。
このように、関わるべきではないと言われる人たちは大きく分けて3種類存在してい

もっとみる