名曲348 「聖母たちのララバイ」【岩崎宏美】

名曲348 「聖母たちのララバイ」【岩崎宏美】

ーーこれが本物ーー 【岩崎宏美 - 聖母たちのララバイ - 1982】  1980年代で外してはいけない人のうちのひとり、岩崎宏美から。まだあの人もあの人も取り上げていないだろと言われそうだが、もうちょい待ってほしい。以前の良美のときにちらっと書いたがようやく。  かつての歌謡界は歌唱力の高い女性、いや「本物」しか生き残れない時代だったと思う。90年代やいまは多少歌が下手でもプロデュースの力だったり容姿や売れそうなキャッチーさがあれば台頭できるが、1970年から80年代

名曲347 「あの時君は若かった」【ザ・スパイダース】

名曲347 「あの時君は若かった」【ザ・スパイダース】

ーー時代を感じる名曲。ボーカルはあの大御所司会者ーー 【ザ・スパイダース The Spiders/あの時君は若かった Anotoki Kimi Wa Wakakatta (1968年)】  私の脳内に、なぜこんな曲を知っているのだろうというものがある。今回紹介するのは1968年に発売された「あの時君は若かった」。当然私は生まれていないのだが、何故か知っていた。恐らく何らかの動画のBGMで流れていたのではないかと思う。それで気に入ってメモしていたのだ。  ザ・スパイダース

名曲345 「我愛你」【135】

名曲345 「我愛你」【135】

ーー思わず中国が好きになる趣向作ーー 【我 愛 你 by 135】  135は知らないとただの数字の羅列のまま通り過ぎてしまうだろう。立派なバンド名なのである。読み方は「いちさんご」。  今回は知る人ぞ知る名曲を紹介。タイトルからわかるように中国の歌……ではなく中国っぽい雰囲気の日本の曲である。「うぉーあいにー」と言って『私はあなたを愛する』」という意味。こういった曲はわざわざ中国に寄せる意図がないとサムい出来になってしまいがちだが、そんな考察などいらぬ完成度なのだ。黙

スキ
1
ダンテ『神曲』読書途中の覚書 #10

ダンテ『神曲』読書途中の覚書 #10

今日は逆に三つの歌を一気に読んだ。まあ、色々とムラっ気のある日々です、ここのところ。 ======================================= ・「煉獄篇」の第八歌まで読み進める ・歌を通して、ダンテの時代のヨーロッパ諸国の状況が描かれていく、と言ってもいい ・やっぱり淡々としてるなあ、煉獄篇 ・こういうのを読んでいると改めて、よくまあ、EUって実現できたなあ、って思う。イギリス抜けちゃったけど笑

スキ
4
ダンテ『神曲』読書途中の覚書 #9

ダンテ『神曲』読書途中の覚書 #9

ここ数日読み進められていなかったのですが……少しずつ前に進んでいきましょうか。 ======================================= ・「煉獄篇」の第五歌まで読み進める ・ダンテが生者であることに煉獄をめぐる死者たちが気づく→死者たちの素性や生前の行いが語られる→ウェルギリウスに諭されて先へ進む……この構造がしばらく続くのかな? ・やはり穏やかな空気感が続いている。このままいくのか、何か変化がつけられてくるのか ・中世には、海に至る河川を「王の河

スキ
2
名曲344 「Money, Money, Money」【Abba】

名曲344 「Money, Money, Money」【Abba】

ーー子どもの頃に出会って世の中をかっこよく思った思い出の曲ーー 【Abba - Money, Money, Money (Official Music Video)】  洋楽は有名な曲しかしらない私。聞いたことがあるなーというくらいの知識しかない。だが正直そのインパクトは海外の方が秀逸だと思う。日本の数多く存在する「聞いたことがある曲」よりも、海外の大ヒット曲というのは耳ではなく人間の心にその魂を燃やし続けているのである。  最強クラスのインパクトを誇る名曲を紹介。この

スキ
1
明後日はコロナワクチンを注射(小説)前篇

明後日はコロナワクチンを注射(小説)前篇

 新型コロナウイルスワクチン注射の1回目を来月にひかえた雅江は、2021年7月14日に、ホームヘルパーがケーキを届けてくれて、51歳の誕生日を迎えた。  ヘルパーが帰り、夜になると、編輯者の弟とふたり暮らしの雅江だったが仕事で同席できないという弟ぬきのまま、Lineのヴィデオ通話で友達7人から、誕生日をお祝いしてもらった。   新型コロナウイルスの出現によって、みわたす視界が消毒液とマスクと感染への注意喚起と、新型コロナにまつわる流言と外術と淫祠だらけになった現在を雅江は、

スキ
4
名曲343 「Annie's Cafe」【安藤秀樹】

名曲343 「Annie's Cafe」【安藤秀樹】

ーーセンス大爆発の軽快ポップーー 【安藤秀樹 Annie's Cafe】  安藤秀樹は1980年代を中心に活躍していたアーティストだ。  今回紹介する曲は7枚目のシングル(ジャケ写がまあ~イケメン)曲である。現在はシングルの入手が困難なので画像を楽しむしかないのだが(ジャケ写の雰囲気、夕暮れをバックにたまらない)、上記の動画のサムネイルがちょうど貼ってあった(ジャケ写の小顔ぶりと童顔がやばい。旺盛な奥様が食べちゃいそうですわ)。  この曲は1988年に発売された。つま

スキ
1
♪37【✨斉藤由貴💖】Spotifyで見つけた神曲たち(^^♪

♪37【✨斉藤由貴💖】Spotifyで見つけた神曲たち(^^♪

本日のメニューは。。。 『♪悲しみよこんにちは/斉藤由貴』『♪情熱/斉藤由貴』 ★どうぞ<m(__)m>注※spotifyのマークをクリック⬇️ 注※ 尚、番組内での楽曲はアプリ内での”限定公開”となりますのでアプリをダウンロード(無料)してお楽しみください!!

スキ
1
♪36【✨とんねるず💖】Spotifyで見つけた神曲たち(^^♪

♪36【✨とんねるず💖】Spotifyで見つけた神曲たち(^^♪

本日のメニューは。。。 『♪雨の西麻布/とんねるず』『♪迷惑でしょうが…/とんねるず』 ★どうぞ<m(__)m>注※spotifyのマークをクリック⬇️ 注※ 尚、番組内での楽曲はアプリ内での”限定公開”となりますのでアプリをダウンロード(無料)してお楽しみください!!

スキ
2