ダリア開花!

球根を植えてから80日
7月22日に一つ目のダリア「はるみ」が開花した。

そして7月27日に続々と開花し
「ウェディングマーチ」

「祝花」(シュクカ)

「プリティ由香」

「縁結び」

「ペアレディ」

「花漆器」

「花明かり」

畑の様子はこんな感じ

今回のダリアたちは、観光案内施設に寄付しました。
写真には無い華やかさ!
「半壊したけど、残りが無事に咲いてくれて良かった~」
と思った

もっとみる

悲劇!!野生動物を侮ることなかれ

田舎の地域において、鳥獣害対策がいかに大事かということを突きつけられた。

鹿が出るとは聞いていた。
ダリア園の周りにも電柵が張られているのも知っていた。
でもフラワーネットを張れば、以降侵入した足跡が無いのも現場で見ていた。
だから大丈夫だろうと思っていた。
しかし・・・。

3度の襲撃に遭い、やはり防護柵は必要なのだと身をもって体験した。
新芽を食べられ、球根も引きずり出されてかじられる。

もっとみる

摘芯作業をコツコツと

ダリアは「天花仕立て」という最初に伸びた芽を咲かせる仕立て方と、「摘芯仕立て」という最初に伸びた芽を摘み脇芽を伸ばす仕立て方があります。
切り花は本数を取りたいので、後者の「摘芯仕立て」を採用しています。
芽を摘むタイミングですが、地上に2節分伸びて脇芽が4つになったタイミングで摘んでいきます。
そうすることで一株から4本のダリアを咲かせることができます。
巨大輪ならば2本、小輪なら6本と応用をき

もっとみる

2020年はちょっと拡大

ダリアの種を取り、土壌の多様性を学び、連作ということを考えると、ちょっとスペースが足りないなということで、お休みしている畑を新たにお借りして、開墾を進めていきます。
最終的にはダリアが育ちやすい、力を発揮しやすい場所を作れるように、土壌の多様性を狙って野菜の栽培も検討。
昨年蒔いた花の種は、せっかく出てきた芽を根こそぎ食べられたからなぁ。
今度はちゃんと囲って、野菜の栽培にも挑戦します。
育種につ

もっとみる

支柱とネットの準備と雑草マルチ

ダリアの球根を植えたあとは、支柱とネットの準備を。
支柱にはイボ竹の180cmを使用し、間隔は2mで打ち込んでいきます。
先に支柱を立ててしまうと邪魔になるので、植えた後から。
そしてフラワーネットですが、網目は18cmで7目を使用。
これでネットの横幅が126cmになります。
(ダリアの生産者の方に確認して、18cmに決めました)
少ない本数であれば株を支えるのに支柱を使えば良いわけですが、本数

もっとみる

お教室のフラワーアレジメントコースの生徒様のレッスンで使ったダリア。とても素敵だったので教室に飾る用に購入。レースフラワーとはらんを組み合わせていけました。
https://www.instagram.com/p/B-QqyqihIwu/?igshid=19tz2wzrr6ief

スキありがとうございます♪
4

いよいよダリアの球根を植える

5月3日
いよいよダリアの球根を植える準備をする。

ダリアは暖かい所なら3月~4月から植えることが可能。
なぜこの時期かというと、球根はダリア園の提供を受けているため。
ダリア園では4月から昨年注文を受けた球根を発送し、夏の暑い時期を乗り切るため5月の下旬に球根を植える。
つまり挑戦初年度の球根は、ストックからお客様分と植える分を引いた中から選ぶことになる。
出荷数も植える分もそれなりの数がある

もっとみる

「窒素飢餓」って何?

久々の体調不良。
熱は上がってないが悪寒がする。(この記事を書いたのは2019年1月です。新型コロナが騒がれる1年前ね。)
鼻水も出る。
体調不良の前日新年会があって、明け方4時まで住んでいる地域について熱い話をした。
原因は睡眠不足だな・・・。
価値のある時間だったから良しとしよう。

体調不良なので畝を作ることは厳しく、その代わりに勉強を進めよう。
「窒素飢餓」から関連して「C/N比」という数

もっとみる

畝つくり開始

ススキの除去が終わったので、いよいよ畝を作ってみる。
自然に任せる農法なので耕さないが、水はけの調整などの関係で畝は作る。
作るとはいっても周りを掘って積むだけだが。
畝は高くなるほど水はけが良くなるようなので、土の状態と植物が欲する環境によって高くしたり低くしたり、場合によっては畝を作らない。
ダリアは水を欲しがるが、水につかってしまうと球根が腐ってしまう。
水はけが良くなければならないが、同時

もっとみる