笹塚 心琴 文フリ東京【キ-35】

ささづかここと|詩・短歌・俳句・エッセイ|悲しみや苦しみに裏打ちされた優しさを求めて
固定された記事

短歌 仮説 十首

1 間の抜けた顔で剥き出しの惰性をかじる君のまつげに浮く汗 2 「星座って孤独を繋げてできてるの」君の仮説を葬り去ろう 3 舌の根も乾かぬうちに発車ベルが聞こえたか…

心優しい獣だけが識る

柔らかな裏切りを 生唇で受け止めて 虚しくなるだけで 上等だって笑えよ 風はまた吹くだろうか 遠ざかる記憶を手繰る 獣に堕ちたあなたの眼 もう一度くださいって 失うご…

短歌 ソーダ水 十首

1 土曜日は海を見に行く大丈夫大丈夫って波が鳴くから 2 好きなひとのいちばん嫌なところまで好きになるってありなんですか 3 更新が止まったサイトで何年も明滅をする「…

【告知】文学フリマ東京に出店します!

こんばんは、笹塚です。本日、文学フリマ東京の開催が正式に決定しました。私はブース【キ-35】、「こことのこと」というサークル名で当日おります。 参加者の一人として…

なぞなぞのなぞ

連休は明けてしまいましたが、明日頑張ればまた土日ですね。嬉しい。さて、ゴールデンウィーク中、ふたりでトライしたものがあります。 ズバリ、なぞなぞ。 「マジカル頭…

現代語俳句の会投句作品と日記

傘ひとつ心ふたつよ春時雨 かわいいを辞書から奪う猫の子よ 蜃気楼手を振り返す遠い友 褪せてこそ日記帳にも春の虹 レモン水舌出してこそ恋の味 ◈以下、未採用句◈ …