読書感想文#1 『ゴドーを待ちながら』

 初投稿です!!!!!

 書評をやってみたいと思ってnoteを始めたわけですが、1冊目はどうしたものかと悩みましたね。小説にするか一般書にするか、はたまた絵本なんかでもいいなと思うわけですね。でも、無難に芥川龍之介とかシェイクスピアやっても面白くないですよね。しかも、自分がそこまで深い知識があるわけでもないですし。(病)

 読んでくださることを考えて、有名な本ではあるけれどちょっと変わった本と

もっとみる

「聞くこと」のインタラクション ── 『もしもし、わたしじゃないし』参加者座談会

21年2月11日〜14日、かもめマシーンではTPAMフリンジの参加作品として、『もしもし、わたしじゃないし』を上演した。2020年9月に初演されたこの作品は、今回、20ステージが行われ、20人の観客が自室や屋外など、それぞれの場所で「口」の話に耳を澄ませていた。

この作品は、電話回線を通じて1対1で上演される。それは、俳優と観客とが同じ時間・場所を共有しないという意味での特殊な体験となるのみなら

もっとみる

【感想文】ゴドーを待ちながら/サミュエル・ベケット

『ゴボウを炊きながら』

「ブリッジ」というお笑い用語がある。

「ブリッジ」とは、ショートコント等においてネタとネタの合間に挿入する動作/言葉の事であり、ネタが連続する際、多くの芸人はネタ終わりに「ブリッジ」を用いて次のネタへの橋渡しを行う。
※例:あるある探検隊、ジャンガジャンガ、ヒットエンドラーン、ヒロシです...etc

本書『ゴドーを待ちながら』においても「ブリッジ」を用いて、ネタに抑揚

もっとみる
幸あれ。
12

サミュエル・ベケット著『ゴドーを待ちながら』読書感想文

時代も国籍も明かされないまま二人の浮浪者がゴドーと呼ばれる何者かを待ち続ける話。二人の他に数人の人物が登場するが、さして事件らしい事件も起こらず、結局ゴドーなる者は現れないまま物語は一貫して独特な浮遊感を醸しながら幕を閉じる。シュールで不思議な物語だ。

シュールで不思議な物語、私は何故そう思ったのか?

それは小説や物語に、私は無意識的に"いわゆる物語的な起承転結"や、共感を見出すことを求めてい

もっとみる
おおきに〜
4

ベケット「ゴドーを待ちながら」 わたしは眠ってたんだろうか

ヴラジーミル わたしは眠ってたんだろうか、他人が苦しんでいるあいだに?今でも眠ってるんだろうか?あす、目がさめたとき、きょうのことをどう思うだろう?友達のエストラゴンと、この場所で、日の落ちるまで、ゴドーを待ったって?ポッツオが、お供を連れて過ぎた。そして、わたしたちに話しかけた?そうかもしれん。しかし、その中に、どれだけの真実がある?(エストラゴンは、夢中で靴と戦うが、だめなので、再びうずくまる

もっとみる

ベケット「ゴドーを待ちながら」 わたしはうれしい

ヴラジーミル おまえだってそうだろう。ほんとはうれしいんだろう、白状しな。

エストラゴン うれしいって、何が?

ヴラジーミル またわたしに会ってさ。

エストラゴン そうかな?

ヴラジーミル 言ってごらん、ほんとでなくても。

エストラゴン なんて言うんだ?

ヴラジーミル だから、わたしはうれしい。

エストラゴン わたしはうれしい。

ヴラジーミル わたしもね。

エストラゴン わたしも

もっとみる

ベケット「ゴドーを待ちながら」 やっとか

ヴラジーミル やっとか!(エストラゴン、立ち上がって、ヴラジーミルの方へ、片手に靴を二つさげて近づく。そして、舞台前面にそれを置くと、腰を伸ばして月を眺める)何してるんだ、そこで?

エストラゴン おまえと同じさ、月の光を見ている。

ヴラジーミル いや、おまえの靴だ。

エストラゴン ここに残しとく。(間)誰かおれと同じように・・・同じように・・・とにかく、おれより文数(もんすう)の小さいのが来

もっとみる

ベケット「ゴドーを待ちながら」 さようなら

ポッツォ では、おいとましましょう。

エストラゴン でも、懐中時計は?

ポッツォ 屋敷に置いてきたんだろう。たぶん。

エストラゴン そうですか。じゃあ、さようなら。

ポッツォ さようなら。

ヴラジミール さようなら。

エストラゴン さようなら。

  沈黙。だれも動かない。

ヴラジミール さようなら。

ポッツォ さようなら。

エストラゴン さようなら。

  沈黙。

ポッツォ 

もっとみる

「もしもし、わたしじゃないし」  参加者座談会レポート<後編>

(前編はこちら)

電話線を舞台に、観客と1対1で行われる演劇作品『もしもし、わたしじゃないし』。この作品の上演終了後、参加者の方々とともにオンラインでの座談会を開催。この第2回目の模様をまとめた。

6人の参加者が加わって行われた2回目の座談会では、電話で行われるこの形式ならではの体験をしたという肯定的な意見の他にも「どう聞けばいいのかわからなかった」といった戸惑いの言葉を語る参加者もみられた。

もっとみる