ottimista

2022年春から、語学をもう一度学んでいます。息をするように読み、読後感に打たれた時、文章に表していけたらと模索中。

ottimista

2022年春から、語学をもう一度学んでいます。息をするように読み、読後感に打たれた時、文章に表していけたらと模索中。

マガジン

最近の記事

知里自身が抱く深い同胞愛の源にあるものとは。10/2読書会で参加者の方々との意見交換が楽しみです。 https://iwagiku20221002.peatix.com 先祖の自由の天地であり、大自然に抱擁されて、深雪に熊を狩り、夏の海で魚を漁る。引用『アイヌ神謡集』(知里,1972)「序」

スキ
9
    • ケストナー『飛ぶ教室』を読んで

      友情とは何か。 友達のためにどうしたら役に立てるか。 こっそり友達のためにひと肌ぬぐ。 その友達にお礼を言ってもらいたいなんて思ってない。 自分がそうしたことが、そのまま自分へのご褒美。 仲直りの方法 何かしてしまったら、落ち着いて考えて申し開きをしなければならないときも。 孤独 ジョニー、ゼバスティア、禁煙さんはそれぞれ呟く。 孤独を抱えている、と。 三人三様の孤独との向き合いかた。 孤独を見せないように、時々そっと姿を消したり、夜に深い考えごとをする。過去に遡って出な

      スキ
      16
      • イタリア・ルネサンスの文化を読んで

        ヤーコプ・ブルクハルト著 新井靖一訳『イタリア・ルネサンスの文化 上・下』ちくま学芸文庫. 2019.5. 「ルネサンス」というと、ミケランジェロ、レオナルドなどの絵画や彫像が浮かぶ。美術が花開いた時代、というイメージが私にあった。 しかし、著者はまず、「教養が芸術に先行した」時代だと主張する。イタリア人は「ヨーロッパの息子たちの長子」であった,と。それらを客観的に提示するため、膨大な参考文献に踏みこみ、区分して近代文化の原型となるルネサンスの全体構図を描いた。 著者によ

        スキ
        22
        • Before/After

          原田マハ著『リボルバー』幻冬舎. 2021 人と人の関係性の不思議さ,多面性をとらえたミステリー。 読みごたえがありました。 パリのオークションに持ち込まれた「ただならぬもの」 それはゴッホの自殺に使われたもの? そこでオークション会社オーナーは,「来歴(プロヴィナンス)こそが最大の価値を生む」と張り切ってしまう。 主人公の高遠冴は,ゴッホとゴーギャンを主軸に,博士論文執筆に挑む社会人院生。 前述のオークション社に勤務している。 冴は,フランス国立図書館Bnf(に

          スキ
          7

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • イチオシ
          ottimista

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ウッドターナーって何?Radikoから新しい世界を知る。「目指す領域に、師匠がいなくても廃材に付加価値をつけたい。」肩の力抜けたトライ&エラーっていい。創り手の想い。生木の香りと循環。物作りが新鮮。中島 信太郎 / ウッドターナー https://www.j-wave.co.jp/original/growingreed/

          スキ
          4

          ジャズクラリネット演奏者・北村英治さんのひと言。凄い! 〜長く生きて気づいたことは「競争と敵討ちをやめて、他人も自分もそれぞれにたいせつであると思って生きていると、幸せがやってくる」ということです。死ぬのもだいじょうぶ!生まれることができたのだから、うまく死ねると思う。〜

          スキ
          12

          https://www.knowledge.pref.nagano.lg.jp/now/mezasukoto/torikumi/toshokanforum_dbg_20220903.html?fbclid=IwAR2yUG2memcQX0iy_k3X-bCyeaiTPTQ-0GC9sFU6EKNAv30oeUvLM2ARlm8 長野県立図書館の電子図書館フォーラム!気になります!

          スキ
          2

          アンナ・カレーニナを知った夏

          読書記録2 カルミネ・アバーテ著 関口英子訳「海と山のオムレツ」 新潮クレスト・ブックス.2020. 溢れんばかりのごちそうに味蕾が刺激され,読みながら伊・カラブリア州の懐にくるまれているようだった。 親しい人たちと囲む郷土料理の格別の味わい。 それらは,単なる伝統料理の紹介に留まらない。新しい土地を知る度に,主人公は,“新しい郷土料理を足す歓び”を親しい人たちと分け合う。 個人的に一番ビビットだった一皿が「アンナ・カレーニナを知った夏」。唐辛子みたいに全体を引き締めて

          スキ
          20

          積み重ねてきたこれまでを、なかったことにしない。 今は少し、停滞する時間があっても。 そういう時もあるよね、と。 1番長くそばでつきあうのは、私自身とだから。 肯定も否定もせず。ただ受けとめる。

          スキ
          6

          塩むすびと鏡のワーク

          読書記録1 野村総一郎著「人生に、上下も勝ち負けもありません」文藝社.2019 1番ズシンときた内容(鏡のワークより) 「目の前にいる自分から見て、ほんとうに誇れる生き方が出来ているか?」p.41 本著には、精神科医による『思い込みをやめてジャッジフリーに生きてみませんか』という問いかけがある。 古代中国老子の言葉を引用しながら、ジャッジフリーになるための32の思考を解きほぐす。コラム風に所々ワークがあり、塩大福の思考、水の思考などとユニークに名づけられた項目が並ぶ。 幸

          スキ
          9

          つる、鶴亀杯、みんなで夏。川柳

          tamaさん、川柳大会にお声がけいただきありがとうございます。 川柳は、番傘を主宰した岸本水府が好きです。 恋せよと薄桃色の花が咲く(水府) 田辺聖子著作が家にあります。 道頓堀の雨に別れて以来なり 川柳作家・岸本水府とその時代  https://honto.jp/netstore/pd-book_01927765.html 私の3句です。 1.  2030 海上ファームがポテンシャル 2. ひとり来て 君と聴きたい波の音 3. 撫でられた 記憶の底に蜜の味 1は、

          スキ
          27

          ちょける

          業務上、産休に入る同僚の業務を代理で担うことになった。 新たに覚えること、業務の優先順位、納期があり、業務量が増加する。そこで、(他の業務を減らすなど)調整を希望する旨を上司に掛け合った。 しか~し! 「自身の新しい業務を優先した説明になっており、全体としてどう回すのか。話がよく分からなかった。」と言われ。練り直すことになってしまった(汗)。 こういう時、私の思考のクセがぐるぐるまわり出す。 (どーしよう。退勤後に、こりゃ「伝え方が9割」の本を買って帰り、上司への伝

          スキ
          11

          完・子どもへのまなざしを読んで

          最近、思いめぐらすことがあります。 本を選び、好きに読める歳月は無尽蔵にあるのではない。 だからこそ、本との出逢いも、人との巡り会いのように 大事にしたい。そう思えるような一冊でした。 読了しました。 佐々木正美著(2011)『完 子どもへのまなざし』福音館書店 全3巻シリーズ最終巻。 書名は「子どもへの〜」ですが、「いのちへの、または人間まるごと」へのまなざしだと思いました。 人間関係が希薄になる社会で生きていく糧になる考え方。 著者の恩師エリク・H・エリクソンの「ラ

          スキ
          22

          ブルネロ・クチネリ著.岩崎春夫訳「人間主義的経営」を読んで

          降参です。 (私にとって,今年No.1の本に巡り合ったかもしれません。) ブルネロ・クチネリ著.岩崎春夫訳「人間主義的経営」株式会社クロスメディア・パブリッシング.2021 ハドリアヌス帝,スピノザ,ソクラテス,セネカ,フランシス・ベーコン,デカルト,ベネディクト・クローチェ,エルネスト・エロー,ヘラクレイトス。 各章の始まりは,歴史上の巨人の格言が,灯台となっています。 役者あとがきによると。 “世界で一番美しい会社に学ぶ,資本主義の使い方”に,ひっそりと開かれたある

          スキ
          19

          3つの断捨離

          GWは、合間に衣替えをしよう。 引き出しから数年着てない衣類を分け、愛犬の敷物などに流用・資源ごみなどへ。とっても気分すっきり。 ふと書棚を見る。2つめの断捨離ターゲットがここに。私の場合、本の断捨離は、しばらくぶりの本を読み耽ってしまいがち。捗らず、横に縦に積んでしまう。しかし、今回は自分の内面の波がいい具合に打ち寄せてきて、さっぱり取り組めそう。よしよし。スペースが空いたら、新しい面々を迎えられる。 3つめの断捨離。これは個人の思考のクセを洗い出すこと。そして、感情と理

          スキ
          25

          河合隼雄著『こころの処方箋を求めて』を読んで

          臨床心理学の基本的な解説書である、下記①の読後感をふまえつつ、河合隼雄著②『こころの処方箋を求めて』を読んだ印象を書いてみたい。 ①下山晴彦監修『面白いほどよくわかる!臨床心理学』西東社, 2012. ②文藝別冊総特集 『河合隼雄 こころの処方箋を求めて』河出書房新社.2001 ←☆☆☆☆個人的にイチオシ本です! *下記読書会の課題本【河合隼雄著『こころの処方箋』新潮社, 1992.1】について理解を深めたく、別冊総特集も読みました。 1. 河合氏が模索した、分類しきれな

          スキ
          34