珍ぬ

ボードゲームとパズル関連で、自分が見つけたこと思ったことをあれこれ書き連ねていきます。

珍ぬ

ボードゲームとパズル関連で、自分が見つけたこと思ったことをあれこれ書き連ねていきます。

マガジン

  • せまゲー生半可集

    せまゲーとは、一次元盤面で遊ぶ、とか、プレイヤーのできるアクションが全員一緒、とか、なんか窮屈そうな感じのボードゲームをまとめてみる言葉を勝手に作りました。

  • □□□とボードゲーム

    ボードゲームをサブにして、自分の知識が疎い分野をメインにしてあれこれ書いてみます。

  • アインシュタインタイルを愛でてみた

    平面を非周期的に敷き詰められるモノタイルについて、あれこれ書いてみた記事が多くなってきたので、まとめました。

  • 超動くマンカラ

    世界最古のボードゲームの1つ「マンカラ」について、関係あること関係ないことあれこれ書いてみました。

  • トリックテイキングゲームと連句について書いてみた

    なんでトリックテイキングゲームと連句が並列しているのか不思議ですが、ともかくこの2つに関して書いたnoteたちです。

最近の記事

  • 固定された記事

珍ぬがnoteに投稿した記事の索引を用意する【2024年版】

2019年7月からはじめましたnote。 2020年まで書いた記事は99本。 2021年までだと、のべ188本。 2022年までで、254本。 2023年までで、315本。 2024年2月末で、324本。 できれば毎週1本と記事をUPしつつ継続しました。 今回で5度目となります毎年恒例の索引。 2024年の索引となります。 改めて、よろしくおねがいします。 2024年上半期(1月〜6月)2024年1月【5本】 № 0316 2024/01/01 □□□とボードゲーム(0)〜

    • せまゲー生半可集(27)~Phutball(哲学者サッカー)続々

      前回、前々回の記事はこちら。 『Phutball(哲学者サッカー)』について2回書きましたが、3回目。 ちょっとしたバリエーションを考えてみたいと思います。 これ、ムダ? 『Phutball(哲学者サッカー)』を実際にプレイしてみると、ちょいとしたひっかかりがあります。 果たして、プレイヤーは以下の配置を狙ってするのか?と。 コマをタテまたはヨコに2つ並べる配置です。 というのも、最短手数でゴールを狙う作戦だと、 上の図のように、タテの一間トビ・ナナメの一間トビ・ケ

      • せまゲー生半可集(26)~Phutball(哲学者サッカー)続

        前回の記事はこちら。 続きになります。 チャンス 去年の12月にAdventarで「アブストラクトゲーム Advent Calendar 2023」を立ち上げて、こんな記事を書きました。 組合せゲーム理論の論文を集めた『Game of No Chance』の紹介です。 なんとか5冊分入手(PDFのダウンロード)しまして、ざっと眺めてみると『Phutball』に関する論文がいくつかありました。 シリーズ2冊目の『More Game of No Chance』に2本あり

        • せまゲー生半可集(25)~Phutball(哲学者サッカー)

          ひさびさのせまゲー生半可集です。 シリーズ前回の記事はこちら。 今年の1月以来でしたので、5ヶ月ぶりです。 『Phutball』の元ネタ 『Phutball』は、数学者John Conway(ジョン・コンウェイ)さんが考案したアブストラクトゲームです。 『Phutball』はPhilosophers Football(哲学者サッカー)を縮めた単語です。 『Phutball』の元ネタですが、去年(2023年)の年末に「ゆる哲学ラジオ」で「哲学者サッカー」を話題にして語っ

        • 固定された記事

        珍ぬがnoteに投稿した記事の索引を用意する【2024年版】

        • せまゲー生半可集(27)~Phutball(哲学者サッカー)続々

        • せまゲー生半可集(26)~Phutball(哲学者サッカー)続

        • せまゲー生半可集(25)~Phutball(哲学者サッカー)

        マガジン

        • せまゲー生半可集
          29本
        • □□□とボードゲーム
          16本
        • アインシュタインタイルを愛でてみた
          20本
        • 超動くマンカラ
          26本
        • トリックテイキングゲームと連句について書いてみた
          13本
        • ボードゲームと剽窃/盗作/パクリと著作権であれこれ書いてみた
          23本

        記事

          『山』を手書きでフラクタル表現してみる

          『山』 フラクタル『山』 フラクタルフラクタル『山』 フラクタルフラクタルフラクタル『山』 フラクタルフラクタルフラクタルフラクタル『山』 やってみたかった 前回の記事はこちら。 しばらく、デュシャンに関わっていたので違った話題で気分転換しようと思いまして。 しかし、本来は別の話題があったのですが、ふと「山」をあんなふうに描くとどうなるか、見てみたくなりましてやってしまいました。 普通の山のフラクタル表現――何じゃ普通って?――は、例えば以下のサイトなど参考に

          『山』を手書きでフラクタル表現してみる

          □□□とボードゲーム(1.818)〜デュシャンとチェス(続々々々々々々:補足)

          前回の記事はこちら。 デュシャンは一区切りで、別なことを書くつもりでした。 でしたが、あとになってこれ書いときゃよかった、と思い出した小ネタが1つありましたので、今回はそれです。 小ネタ:デュシャンのポスターの歪み デュシャンのポスターについて書いた記事はこちら。 デュシャンは、網袋に入れたたくさんの立方体のブロックを撮影して、その写真をもとにしてチェス大会のポスターを描きました。 しかし、現代技術(3DCGなど)を用いて調査すると、 ・描かれたブロックは実際の状態と

          □□□とボードゲーム(1.818)〜デュシャンとチェス(続々々々々々々:補足)

          □□□とボードゲーム(1.8)〜デュシャンとチェス(続々々々々々:《泉》とナイトと投影法)

          前回の記事はこちら。 2週間ぶりの記事でしたが、けっこう読まれております。 でありがたいです。 さて今回もデュシャン絡みですが、違う書籍を読んであれこれ連想がはたらいたので、ダラダラと書きます。 『Fontaine』 デュシャンといえば《Fontaine》。 このフランス語のタイトルを日本語に訳すと、おなじみなのは《泉》。 ですが《噴水》という呼び名もあります。 Wikipediaでは「《泉》または《噴水》」と明記しています。 Kindleで見つけちゃいました

          □□□とボードゲーム(1.8)〜デュシャンとチェス(続々々々々々:《泉》とナイトと投影法)

          □□□とボードゲーム(1.618)〜デュシャンとチェス(続々々々々:超マス)

          前回の記事はこちら。 前々回の宿題をしないまま終わりました。 さらに、ちょいとした体調気分不良の「のほほ〜ん」状態となってけっこう休んでしまいました。 ごめんなさい。 さすがに今回は宿題を片付けます。 なお、ナンバリングは黄金比(1.618…)の近似になっていますが、たまたま気づいて悪乗りしているだけで、記事の内容とはほぼ無関係です。 前々回の宿題と個人的妄想 で、前々回の記事はこちら。 残していた宿題はこちら。 正解はわかりません。 わかりませんが、四次元に興味

          □□□とボードゲーム(1.618)〜デュシャンとチェス(続々々々々:超マス)

          本日は記事をUPする予定ですが、もうちょっとかかるのでお待ちください。 久々に良性めまいでクラクラしているのも原因のひとつ。落ち着いたらせっせと書きますよ。 ということで、ごめんなさいでした。

          本日は記事をUPする予定ですが、もうちょっとかかるのでお待ちください。 久々に良性めまいでクラクラしているのも原因のひとつ。落ち着いたらせっせと書きますよ。 ということで、ごめんなさいでした。

          □□□とボードゲーム(1.61)〜デュシャンとチェス(続々々々:四次元)

          前回の記事はこちら。 締めのところで、こんなことを書きました。 今回は、この妄想を回収していきます。 デュシャンは数学好き? 毎度お世話になっている『マルセル・デュシャンとチェス』から引用です。 デュシャンは「連続」に興味をもっていることは、前の記事にもふれましたが、数学にも興味をもっていたそうです。 その手の情報を知ることのできるチェス仲間もいました。 フランソワ・ル・リオネ(François Le Lionnais)。 数学者でもありましたが、1960年に潜在

          □□□とボードゲーム(1.61)〜デュシャンとチェス(続々々々:四次元)

          □□□とボードゲーム(1.6)〜デュシャンとチェス(続々々:1925年のポスター)

          前回の記事はこちら。 ここしばらくデュシャン周りのことを書いていますが、どこかのタイミングで一旦離れようとは思っています。 しかし、なかなか面白い話題が見つかるもんで、難しい。 今回も、デュシャンです。 芸術家やめてませんよ デュシャンが芸術から離れてチェスプレイヤーに転身、その区切りが1923年といわれています。 この年に未完成の大作『大ガラス』の制作を中止した、ということもありますし、実際チェスクラブに所属してトーナメント大会に出場します。 しかし、完全に芸術し

          □□□とボードゲーム(1.6)〜デュシャンとチェス(続々々:1925年のポスター)

          □□□とボードゲーム(1.5)〜デュシャンとチェス(続々:《階段を降りる裸体、No.2》)

          前回の記事はこちら。 今回は、またまた戻って前々回の記事 『マルセル・デュシャンとチェス』を引用しつつ、アレコレと書きます。 『マルセル・デュシャンとチェス』の章立て 『マルセル・デュシャンとチェス』の構成ですが、序章とあとがき、そして第一章から第六章となっております。 6。 チェスの駒の種類と同じ数なのは、意図しているのか……どうなんでしょ。 6つの章タイトルを引用します。 第一章 絵画からチェスへの移行 第二章 名指されない選択の余地 第三章 四次元の目には映

          □□□とボードゲーム(1.5)〜デュシャンとチェス(続々:《階段を降りる裸体、No.2》)

          □□□とボードゲーム(1.4)〜いきつまるアブストラクトゲーム

          前回の記事はこちら。 先週は記事をUPできず、失礼しました。 つぶやきでごまかしましたが、オススメをいただきました。 まさか鼻血をオススメされるとは予想外でした。 今回も『マルセル・デュシャンとチェス』を引用しつつと思いましたが、フランス語のチェス「échec」には「失敗」「しくじり」などの意味があることから、いろいろを考えてしまうことがありまして。 そんなわけで、またまた脱線していきます。 『勝負の終わり(エンドゲーム)』 個人的に、フランス語の「échec」から連

          □□□とボードゲーム(1.4)〜いきつまるアブストラクトゲーム

          ごめんなさい。なんというか調子がいまひとつで 鼻血がよくでております(理由不明:ただし大したことなし)。 今週UPする予定の記事ですがちょいと延期します。 もう一度繰り返します。ごめんなさい。

          ごめんなさい。なんというか調子がいまひとつで 鼻血がよくでております(理由不明:ただし大したことなし)。 今週UPする予定の記事ですがちょいと延期します。 もう一度繰り返します。ごめんなさい。

          □□□とボードゲーム(1.3)〜デュシャンとチェス(続)

          前回の記事はこちら。 中尾拓哉さんの著書『マルセル・デュシャンとチェス』から引用しつつ、お茶を濁しておりました。 今回も濁します。 55NOTE 実は、中尾さんの著書の存在を知る何年も前から、デュシャンとチェスとの関係が深いことを、ちょっとしたきっかけで引っかかったとあるサイトで把握しておりました。 それが「55NOTE」です。 このサイトを書いているのは、いとうせいこうさんです。 「55NOTE」についているサブタイトルが THIS WILL BE MY LIF

          □□□とボードゲーム(1.3)〜デュシャンとチェス(続)

          □□□とボードゲーム(1.2)〜デュシャンとチェス

          前回は毎年恒例の索引でした。 で、前々回の記事はこちら。 今回、相変わらずゆるくまいりたいので小数点で刻みます。 前々回の記事より 前々回の記事で、こんなことを書きました。 はい、「どんな色をどこに置くかの集積物」なんてありますが、受け売りの言葉でございます。 参考としたのはこちらの文言となります。 発言者は、 マルセル・デュシャン。 以下の本からの引用となります。 以前、自分はこんな記事を書きました。 こんなことを書きました。 便器はデュシャンの代表作

          □□□とボードゲーム(1.2)〜デュシャンとチェス