Day3,パイロットの生きがい(WTBF)

話と違う!

前日までの長距離移動やいきなりのプラン変更、宿泊所の状況などで、皆すでに少し疲れている状態。ましてやフライトするとなると、チェイスカーやクルーも用意されているのか?とすべてが心配になっている状態で、フライト初日がやってまいりました。

この日はレッドチーム25機がまず初フライトをします。

他カラーのチームは休んでも良いのですが、ほとんどのパイロットが現場の状況が不安であったり、初フ

もっとみる

Day2,期待と不安(WTBF)

期待通りのバス移動

前日のアナウンスでバスが出るかわからないので、今夜0時までにまた知らせる。との連絡を受けて、年を越してからの続き。

結局、翌日はバス移動ができることになり、「8時に出発する」という連絡が予定の0時を大幅に遅れ、来たのは午前3時過ぎ。

朝のメールを見て「移動する前提で起きてよかった~」と一安心。

そのまますぐパッキングしてチェックアウト。バスも8時に来るはずが、結局来たの

もっとみる

ご旅行〜サウジアラビア編vol.3〜

いよいよサウジアラビア編ラストです。vol.1とvol.2はこちらから。良ければ。何卒。

アラブのご飯を外食するのは難しい

旅行に行くと、その土地の料理を食べたくなるじゃないですか?
けれど、今回の旅行のご飯はほとんどモールのフードコートでした。サウジの人が普段食べているようなサウジアラビア料理?のお店をサウジ初心者の私は探せなかった。なのでホテルの朝食が1番アラブご飯だった。

ドルマは、ブ

もっとみる

79.冬の40日(مربعانية الشتاء)

ヒジュラ暦1441.5.15  (2020.1.10)

毎回、冒頭にヒジュラ暦と書いているが、これはいわゆるイスラム暦と呼ばれるもので、サウジアラビアだと西暦はあるものの、公的にはヒジュラ暦で物事が動く。断食月として、よく耳にすることがあるラマダンというのもヒジュラ暦の9月のことだ。

このヒジュラ暦というのは太陰暦で、太陽暦と比べると1年で11日ほど短く、少しずつずれていくのだ。つまり、暦(カ

もっとみる
ちょっと窓開けただけで、部屋に砂がたまるんです。
6

Day1,サウジアラビアの始まり(Winter at Tantora Balloon Festival)

現地時間31日16時くらい、私はサウジアラビアMadinaの空港に到着しました。日本を12月30日夜11時に成田を出発し、ドバイ経由で約23時間ほどかかりましたが、時差のおかげで余裕で年越し前に現地入りできました。

本来であれば空港についてから送迎バスが用意され、パイロットたちのキャンプ場まで行き、その夜にNewYearPartyを行う予定でした。
しかし飛行機のトランジット中にメッセージが入り

もっとみる

ダカールラリー2020

ダカールラリーが1月5日からスタートします。

ダカールラリーはバイク・自動車・トラックなどが砂漠や山岳地、泥濘地を走りどれだけ短い時間でゴールできたかを競う競技。運転席のドライバーの他に、助手席には地図を見るナビゲーター(通称・ナビ)が座る。SS(エスエス)と呼ばれる競技区間と、リエゾンと呼ばれる移動区間を走って、その日のゴールとなる目的地を目指し、約2週間かけてキャンプしながら進んで行く。

もっとみる
ありがとうございます( *´艸`)
5

78. この香りは!

ヒジュラ暦1441.5.9 (2020.1.4)

年が明けた。といっても、こちらはそれほど年末年始感はなく、大学はちょうど期末試験期間の最終週だった。木曜の勤務で前期が終了。学生は2週間ほどの休みに入る。私もほっとしたのと、少し年明け感を味わいたく、レストランに行った。

アラブ料理のレストランでベタなアラブ料理が食べたいと知り合いにお願いし、連れて行ってもらった。実は私はそれほどアラブ料理をよ

もっとみる
今日も、いいことありそうですね♪
7

ご旅行〜サウジアラビア編vol.2〜

それでは、いってみよう!サウジアラビア編vol.2

ちなみにvol.1はこちらです。読んでくれたら好きがあふれます。どちらから読んでも大丈夫だと思いますが、vol.1は入国からスタートしています。

リヤド観光

冬といっても日中の気温は25度前後あるリヤド。照りつける太陽の日差しは眩しい。乾いた風が心地よく、時折砂ぼこりが舞うので風下の方に顔を向ける。アラブの匂いがする気がする、気がするだけ。

もっとみる

76.こちらリヤド、1460日

ヒジュラ暦1441.5.1 (2019.12.27)

クリスマスの雰囲気、仕事納めの雰囲気のない年末も慣れたものだ。そして私のリヤド生活も1460日が経過した。5年目に入ったことになる。リヤドにいる日本人を見ていると多くの人は2,3年の駐在期間を経て、帰国する人が多そうだ。おそらく、外国人にしても会社関係で来ている人はそれぐらいで帰っていく。どうも私はリヤド在住では古株の方になってきているようだ

もっとみる
今日も、いいことありそうですね♪
7