さわかみ投信

さわかみ投信の公式noteです。ここでは、さわかみ投信の考えや日々の活動、社員のお金に…

さわかみ投信

さわかみ投信の公式noteです。ここでは、さわかみ投信の考えや日々の活動、社員のお金にまつわる体験談、「投資をはじめたいけどどうしたらいいかわからない、不安!」という方に向けた、お金にまつわる話題を発信しています。

マガジン

  • 取締役 熊谷のコラム 未来飛行

    こんにちは。さわかみ投信の熊谷幹樹です。 日本や社会の未来に向けた意見や考えを発信しています。 題してコラム「未来飛行」。それでは早速滑走を始めることにしましょう。

  • セミナーQ&A

    ”投資って儲かるの?” ”一般生活者のためのファンドって何?” さわかみ投信では、そんな投資信託にまつわるあれこれを 皆さまに「直接」お伝えすることを大事にしており、 文字通り、社員が一年を通して全国各地でセミナーを開催しています。 当社のセミナーはよくある一方的な講義ではなく 参加者の皆さまからの質問をベースに進めていくスタイルで、 こちらの記事では実際に皆さまからいただいた質問と、 当社社員によるバラエティに富んだ回答をご紹介します!

  • 澤上龍の先憂後楽

    さわかみ投信の澤上龍です。 先憂後楽とは読んで字のごとく、「将来のために今頑張る」という、まさに長期投資を表すような故事成語です。今日の楽しさばかりを追いかけていると将来に大変なことが積み上がっていきますが、将来のために今日をちょっと頑張ろうと決めて行動することが大切です。 この「澤上龍の先憂後楽」では、長期投資の思想を軸に、私が日々感じることや考えを書かせていただきます。

  • さわかみ投信ってどんな会社?

    日本初の独立系直販投信であるさわかみ投信。当社の経営理念の一つにこのようなものがあります。「一般生活者の財産づくりを長期運用でお手伝いさせていただく『さわかみファンド』を、運用実績と顧客からの信頼で世界一にしていこう。」運用している人間・そして会社の姿を良くも悪くも全て公開することが、お客さまからの噓偽りのない信頼に繋がると考え、このコーナーを立ち上げました。社員の実情・会社の実態をよりリアルに描いた執筆記事を通じて、真のさわかみ投信を知っていただければ幸いです。

  • アナリストと考える

    「アナリストと考える」では、最近大きな話題となっているニュースの数々や、今さら「知らない」とは言えないニュースの数々をアナリストの目線から考察します。私たちアナリストの仕事は、日々社会の流れから経済の動きを考察し、みなさんの暮らしの基盤を支える企業を見つけ、企業価値を深く理解し、投資を通して育むことです。 ニュースに詳しい方も、普段はニュースなんて見ない、という方もぜひ一緒にこれからの社会を考えてみませんか。

最近の記事

  • 固定された記事

日本における長期投資のパイオニア「さわかみ投信」があなたに投資します!〜長期投資家デビュープロジェクト〜

こんにちは。さわかみ投信 戦略室 ライターの大田です。 こちらの記事で事前告知させていただいた長期投資家デビュープロジェクト、いよいよ4月からエントリー受付開始となります! 【動画コンテンツ例】 前回の記事でもお伝えしたとおり、このプロジェクトではさわかみ投信が参加者の皆さまに毎月1,000円、3年間で最大36,000円を投資します。 大事なことなのでもう一度言います。 さわかみ投信があなたに毎月1,000円投資します! 無論、私たちもむやみやたらに投資するわけで

    • 長期投資の鐘を鳴り響かせよう

      こんにちは。さわかみ投信の熊谷幹樹です。 日本や社会の未来に向けた意見や考えを発信しています。 題してコラム「未来飛行」。それでは早速滑走を始めることにしましょう。 *  *  * 世界の金融が向かう先数十年の長きにわたり、世界の金融がたどった道とは“short-sighted investment”つまりは短期的視野に基づいた投資の加速である。投機:speculationと表現してもよい。 テクノロジーは日々進化し、株式の売買においては100万分の1秒単位のスピード

      • その疑問、さわかみ社員がお答えします! ~セミナーQA集③~

        ”投資って儲かるの?” ”一般生活者のためのファンドって何?” さわかみ投信では、そんな投資信託にまつわるあれこれを 皆さまに「直接」お伝えすることを大事にしており、 文字通り、社員が一年を通して全国各地でセミナーを開催しています。 当社のセミナーはよくある一方的な講義ではなく 参加者の皆さまからの質問をベースに進めていくスタイルで、 こちらの記事では実際に皆さまからいただいた質問と、 当社社員によるバラエティに富んだ回答をご紹介します! 【質問】将棋でAI に勝てない

        • 【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 子供から手が離れて少しお金の余裕ができた。 テレビでふとみかけた”投資”という文字。 正直この歳から始めてもいいのかなと躊躇した。 でも、人生100年時代。まだまだ時間がある。 新しい挑戦として”投資”をする。

        • 固定された記事

        日本における長期投資のパイオニア「さわかみ投信」があなたに投資します!〜長期投資家デビュープロジェクト〜

        • 長期投資の鐘を鳴り響かせよう

        • その疑問、さわかみ社員がお答えします! ~セミナーQA集③~

        • 【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 子供から手が離れて少しお金の余裕ができた。 テレビでふとみかけた”投資”という文字。 正直この歳から始めてもいいのかなと躊躇した。 でも、人生100年時代。まだまだ時間がある。 新しい挑戦として”投資”をする。

        マガジン

        • 取締役 熊谷のコラム 未来飛行
          4本
        • セミナーQ&A
          3本
        • 澤上龍の先憂後楽
          14本
        • さわかみ投信ってどんな会社?
          34本
        • アナリストと考える
          16本
        • さわかみクルーの航海日記
          1本

        記事

          象を評す

          こんにちは。さわかみ投信の澤上龍です。 先憂後楽とは読んで字のごとく、「将来のために今頑張る」という、まさに長期投資を表すような故事成語です。 今日の楽しさばかりを追いかけていると将来に大変なことが積み上がっていきますが、将来のために今日をちょっと頑張ろうと決めて行動することが大切です。 この「澤上龍の先憂後楽」では、長期投資の思想を軸に、私が日々感じることや考えを書かせていただきます。 *  *  * はじめにそれは壁であり、蛇であり、樹であり、扇であり、そしてロープ

          【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 家のローン返済が終わり、子育ても終わったら 妻と2人でゆっくりと海外旅行へ行って羽をのばしたい。 そのとき楽しめるように今投資をしておきたい。

          【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 家のローン返済が終わり、子育ても終わったら 妻と2人でゆっくりと海外旅行へ行って羽をのばしたい。 そのとき楽しめるように今投資をしておきたい。

          「なぜ、資産形成が必要なのか?」~「貯め方」ではなく「手放し方」から考える資産形成~

          資産形成とは、お金を丁寧に手放すことである 資産形成は実はそもそも誰にとっても人生の一部ですので、必要かどうかではなくどう意識しているのかが大切です。世の中では資産形成というと、“預貯金の残高”を増やすイメージと直結していますが、自分にとっての資産とは通帳に記される数字だけなのでしょうか。  少し極端な例えを出してみると、老後に2,000万円の貯蓄はできたもののそれを取り崩すだけの生活になってしまうAさんと、貯蓄は必要最低限しかないものの他人に指導できるほどの突き詰めた趣

          「なぜ、資産形成が必要なのか?」~「貯め方」ではなく「手放し方」から考える資産形成~

          【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 老後への漠然とした不安があり、無理ない範囲で月1万円からつみたて投資をスタート。 投資をしていくうちに将来どんな事にお金を使おうかなと考えるように。 ちょっとずつだが未来に希望が持てるようになった。

          【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 老後への漠然とした不安があり、無理ない範囲で月1万円からつみたて投資をスタート。 投資をしていくうちに将来どんな事にお金を使おうかなと考えるように。 ちょっとずつだが未来に希望が持てるようになった。

          長期投資アナリストこそが立てる高い視座

          みなさん、こんにちは。 「アナリストと考える」では、最近大きな話題となっているニュースの数々や、今さら「知らない」とは言えないニュースの数々をアナリストの目線から考察します。 私たちアナリストの仕事は、日々社会の流れから経済の動きを考察し、みなさんの暮らしの基盤を支える企業を見つけ、企業価値を深く理解し、投資を通して育むことです。 ニュースに詳しい方も、普段はニュースなんて見ない、という方もぜひ一緒にこれからの社会を考えてみませんか。 年始めの本稿では、投資先企業の発掘

          長期投資アナリストこそが立てる高い視座

          【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 私は、韓流アイドルにハマっている。 自分の生きる糧になるものにお金を使う人生を歩んできた。 何十年経っても自分の好きなものにお金を使いたい。 だから私は推し活のために投資する。

          【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 私は、韓流アイドルにハマっている。 自分の生きる糧になるものにお金を使う人生を歩んできた。 何十年経っても自分の好きなものにお金を使いたい。 だから私は推し活のために投資する。

          【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 新しいことを始める春。 さわかみ投信では、皆さまの投資デビューを応援します。 とは言えきっかけが掴めない。そんなあなたに、あらゆる世代の投資ニーズをストーリー仕立てでお届け。 どうぞお楽しみに🌸

          【長期投資家デビュープロジェクト_talknote企画】 新しいことを始める春。 さわかみ投信では、皆さまの投資デビューを応援します。 とは言えきっかけが掴めない。そんなあなたに、あらゆる世代の投資ニーズをストーリー仕立てでお届け。 どうぞお楽しみに🌸

          地方創生は長期投資から

          こんにちは。さわかみ投信の熊谷幹樹です。 日本や社会の未来に向けた意見や考えを発信しています。 題してコラム「未来飛行」。それでは早速滑走を始めることにしましょう。 *  *  * 人間は未来へむけて変化をおこせる日本の“ド”がつくほどの田舎で生まれ育った私は、小学3年生の頃、野生の熊に追いかけられた経験がある。遠くから黒い大きな物体が猛スピードで追いかけてきた。振り返ることなく必死に逃げ何とか助かった。あの恐怖は今でも忘れやしない。当時、大人たちは「熊なんて出るわけな

          地方創生は長期投資から

          【長期投資家デビュープロジェクト】 エントリー開始から1週間、すでに沢山の方からご応募いただいてます! 本日PR TIMESにてプレスリリースも発表。 投資に興味はあるけどなかなか踏み出せない方必見のプロジェクトです。 詳細はこちら👇 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000106966.html

          【長期投資家デビュープロジェクト】 エントリー開始から1週間、すでに沢山の方からご応募いただいてます! 本日PR TIMESにてプレスリリースも発表。 投資に興味はあるけどなかなか踏み出せない方必見のプロジェクトです。 詳細はこちら👇 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000106966.html

          金融機関は目先の損を取れ

          こんにちは。さわかみ投信の澤上龍です。 先憂後楽とは読んで字のごとく、「将来のために今頑張る」という、まさに長期投資を表すような故事成語です。 今日の楽しさばかりを追いかけていると将来に大変なことが積み上がっていきますが、将来のために今日をちょっと頑張ろうと決めて行動することが大切です。 この「澤上龍の先憂後楽」では、長期投資の思想を軸に、私が日々感じることや考えを書かせていただきます。 *  *  * はじめに銀行、証券、そして投資信託のような金融業者はリスクを毛嫌い

          金融機関は目先の損を取れ

          長期投資家デビュープロジェクト、 エントリー受付中!! ▼長期投資家デビュープロジェクトとは? 自己負担なし、月々の受講時間10分程度の 初心者向け投資教育プログラム(完全オンライン) 特設サイトや動画はこちらから👇 https://note.com/sawakami_letter/n/nb46782e79c64

          長期投資家デビュープロジェクト、 エントリー受付中!! ▼長期投資家デビュープロジェクトとは? 自己負担なし、月々の受講時間10分程度の 初心者向け投資教育プログラム(完全オンライン) 特設サイトや動画はこちらから👇 https://note.com/sawakami_letter/n/nb46782e79c64

          投資信託とは?~さわかみはなぜ直販スタイルなのか~

          金融商品もクリック一つで買える時代。 「直販ファンド」って、いったい何が良いのでしょう? 創業以来、私たちさわかみ投信は大手金融機関の営業力を頼ることなく、自分たちの足で全国各地に出向き、セミナーを通じて投資理念を伝え、一つのファンドを丁寧に販売し続けてきました。 なぜ、わざわざ販売チャネルを限定してまで「直接販売」にこだわり続けるのか? そしてなぜこんな非効率な直販ファンドが、平均寿命5〜6年と言われる投信業界で25年にわたって成長し続けてこられたのでしょうか。

          投資信託とは?~さわかみはなぜ直販スタイルなのか~