Makoto Suda【TOKYO PHOTO RADIO F128】

写真家。写真集『NO TRAVEL, NO LIFE』でデビュー(25,000部突破)。本作はNYのMOMAでも発売。EXILE等撮影。オダギリジョー氏絶賛写真集『GIFT』発売。写真教室は135期延べ3000名を超える👉https://goo.gl/Ma8w1X
  • 商品の画像

    Ronel y Rosa

    「写真って涙が出るほど美しい」 この写真がもたらしてくれる言葉。 幸せ、安心、暖かさ、信頼、真実、LOVE、落ち着き。 物語の始まりは偶然だった。男性の名はロネル。女性はロサ。信頼する彼の胸に身をゆだね揺れるロサ。肩に優しく添えた柔らかい手。二人はゆったりとしたラテンをかけて踊っているところです。僕はこの二人の踊りを見た時、あまりにも美しく神々しく、涙が溢れ出し止まりませんでした。もしこの世の中に真の愛というものがあるのであればそれを具現化したのがこの写真です。 彼らと出会ったのはキューバはハバナ。マレコン通りにある海の防波堤でした。そこで起こった偶然が縁で彼らの家に一ヶ月間住むことになりました。ロネルとロサ、そしてその家族の愛の物語は、写真集『GIFT from Cuba』となり舞台化もされました。 感動で泣きながら撮影しているので目がかすれてほんの少しだけピントが外れていますが、それがまた写真に柔らかさを与えてくれています。図らずもほぼ黄金比率の構図となっています。それは写真の神様からのささやかなプレゼントだったのです。 長く飾っても飽きない落ち着いた額装写真に仕上げています。この1枚の写真がお部屋に癒やしと優しさを与えてくれるでしょう。この写真によって皆様が幸せになってくださることが僕の最大の願いです。 すでに多くの方のおうちで癒やしと愛を与えてくれています。 須田誠プロフィール https://f128.base.shop/about  ◇   <細部にまでこだわった作品制作> ◯写真サイズ:縦205mm✕横292mm ◯額: ラーソン・ジュール製(1800年代にアメリカ西海岸で小さな額縁工房からスタートした額縁専門会社。現在は100年を超える職人の技術に基づいた洗練された額を世界のアーティストに提供しています) ◯額サイズ:縦328mm✕横420mm✕厚さ25mm(A3より一周り大きいです) ◯額色と素材:天然木/マットタッチの柔らかいオフホワイト ◯マット色:ほのかなクリーム色(2mm厚+Vカット。カット面のブラウン色が落ち着きをもたらしてくれます) ◯重量:約1kg ◯表面にアクリル板入 ◯裏面:壁掛け用フック付 ◯写真を押さえるテープは無酸テープを使用(劣化を防ぎます) ◯直筆サイン入り(裏面に日付とサインをお入れいたします) ◯サインに使用するペン:ドイツのSTAEDTLER社のpigment linerを使用   ◯額について: 伝統的な型模様の彫刻が施され、ウォッシュ加工で上品でかつ現代的に仕上げたフレームを選びました。爽やかなオフホワイトは華やかながらもお部屋に飾っても落ち着きます。額のこだわりも含めてひとつの作品に仕上げました。   ◯プリントはオリジナルプリントです。作家本人がプリントしています。 ◯額装までの工程もすべて作家本人がひとつひとつ丁寧に作っております。   ◯写真は顔料インクジェットプリント 耐光年数は約200年。インクジェットの写真は現在ではアメリカの美術館でも永久保存コレクション・アートとして認められています。長期に渡ってお楽しみいただます。 ◯写真にとっては酸素も大敵です。額装をする理由のひとつには、アクリル板により酸素から写真を守り劣化を防ぐ効果もあります。写真をマットに貼るテープも写真が劣化しないように「無酸テープ」を使用しています。 ◯写真用紙はバライタ これは板のことではなく「baryta【英】」というモノクロプリントによく使われる高級専門用紙のことです。著名なモノクロ作品にはとてもよく使われていますのでお値段も高価です。 ◯裏打ち 写真は湿気などによって伸縮したり波打ったりしてしまいます。美しい写真には平滑性が非常に重要となってきます。そこで「平滑性と耐久性」を保つために「裏打ち」という専用シートを裏面に貼る工程を加えます。すると写真が紙とは思えないほど重くなりしっかりします。特に作品は長期に渡り楽しんでいただくものですので大きなプリントには必須の加工です。   ◯梱包材 通称プチプチ。環境に配慮し、リサイクルのポリエチレンを主原料とした、焼却時に有毒ガスを発生しない素材のものを使用しています。  ◇   プリントは元より、額からテープに至るまで細部にこだわりました。ぜひ作品を所有するという愉しみを味わっていただければ嬉しく思います。   ●初めて額装写真をご購入する方は、迷いや不安もあるかと思いますのでご購入前にお気軽にお問合せくださいませ。 ●また今作よりも大きなサイズの作製も可能ですのでご相談くださいませ。 ●写真という商品性質上、色、塗装、風合いにつきましては商品毎に個体差が生じますのでご了承下さいませ。 ●スマホやPC、モニターの種類など見る環境により色や大きさのイメージが違って見えることもございますのでご容赦くださいませ。
    58,000円
    F128|写真作品, インテリア, 写真集, アート, イラスト等の作品を販売しています。
  • 商品の画像

    ある静かな雨の日 Cuba/Havana

    世界で一番良かった国はどこですかと度々聞かれることがありますが僕はこう答えています。「それはキューバとネパールです」と。ネパールの魅力はなんといってもヒマラヤです。それに対してキューバの魅力は人間です。こんなに親切な人間がまだ世の中にはいるのだなとつくづく思います。   この写真はキューバの首都ハバナです。キューバは赤道にもほど近くとても暑い国です。年間平均気温は約25℃。キューバへは2002年を皮切りに通算四回行きましたが、いつ行っても暑かった思い出があります。 しかし、雨が降るとすっと涼しくなります。人々も家の中に入り、大声で叫ぶ物売りも軒下で休み、街が急に静かになり、雨の音だけがストリートに響きます。 僕は世界で人物の写真をメインに撮影してきました。風景はあまり撮ることがありません。しかし、この時はとても良い風が流れていて暑い中に僕の気持ちを和ませてくれるものがありました。 そんな激しい気候のなかのホッとした雨の風景はこころを落ち着かせてくれます。 写真、額ともにしっとりとアンダー目の色合いにまとめています。   須田誠プロフィール https://f128.base.shop/about  ◇   <細部にまでこだわった作品制作> ◯写真サイズ:縦205mm✕横292mm ◯額サイズ:縦320mm✕横410mm✕厚さ16mm(ほぼA3) ◯額:濃い茶色と渋めの金枠。 ◯マット色:クリーム色と薄っすらしたブラウンのミックス色(2mm厚+Vカット。カット面のブラウン色が落ち着きをもたらしてくれます) ◯重量:約1kg ◯表面にアクリル板入 ◯裏面:壁掛け用フック付 ◯写真を押さえるテープは無酸テープを使用(劣化を防ぎます) ◯直筆サイン入り(裏面に日付とサインをお入れいたします) ◯サインに使用するペン:ドイツのSTAEDTLER社のpigment linerを使用   ◯額について: 大外枠は濃い茶色。内側にくすんだ金の漆のような色のフレームを施し重厚感を醸し出しています。コーナー部に施された小さな金のワンポイントが写真を引き締めます。全体的に写真と相まって静かで落ち着いた雰囲気が出せるようにセレクトしました。   ◯プリントはオリジナルプリントです。作家本人がプリントしています。 ◯額装までの工程もすべて作家本人がひとつひとつ丁寧に作っております。   ◯写真は顔料インクジェットプリント 耐光年数は約200年。インクジェットの写真は現在ではアメリカの美術館でも永久保存コレクション・アートとして認められています。長期に渡ってお楽しみいただます。 ◯写真にとっては酸素も大敵です。額装をする理由のひとつには、アクリル板により酸素から写真を守り劣化を防ぐ効果もあります。写真をマットに貼るテープも写真が劣化しないように「無酸テープ」を使用しています。 ◯裏打ち 写真は湿気などによって伸縮したり波打ったりしてしまいます。美しい写真には平滑性が非常に重要となってきます。そこで「平滑性と耐久性」を保つために「裏打ち」という専用シートを裏面に貼る工程を加えます。すると写真が紙とは思えないほど重くなりしっかりします。特に作品は長期に渡り楽しんでいただくものですので大きなプリントには必須の加工です。   ◯梱包材 通称プチプチ。環境に配慮し、リサイクルのポリエチレンを主原料とした、焼却時に有毒ガスを発生しない素材のものを使用しています。  ◇   プリントは元より、額からテープに至るまで細部にこだわりました。ぜひ作品を所有するという愉しみを味わっていただければ嬉しく思います。   ●初めて額装写真をご購入する方は、迷いや不安もあるかと思いますのでご購入前にお気軽にお問合せくださいませ。 ●また今作よりも大きなサイズの作製も可能ですのでご相談くださいませ。 ●写真という商品性質上、色、塗装、風合いにつきましては商品毎に個体差が生じますのでご了承下さいませ。 ●スマホやPC、モニターの種類など見る環境により色や大きさのイメージが違って見えることもございますのでご容赦くださいませ。
    48,000円
    F128|写真作品, インテリア, 写真集, アート, イラスト等の作品を販売しています。
  • 商品の画像

    Rone y Rosa

    「写真って涙が出るほど美しい」 この写真がもたらしてくれる言葉。 幸せ、信頼、安心、暖かさ、真実、LOVE、落ち着き。 物語の始まりは偶然だった。男性の名はロネル。女性はロサ。信頼する彼の胸に身をゆだね揺れるロサ。肩に優しく添えた柔らかい手。二人はゆったりとしたラテンをかけて踊っているところです。僕はこの二人の踊りを見た時、あまりにも美しく神々しく、涙が溢れ出し涙が止まりませんでした。もしこの世の中に真の愛というものがあるのであればそれを具現化したのがこの写真です。 彼らと出会ったのはキューバはハバナ。マレコン通りにある海の防波堤でした。そこで起こった偶然が縁で彼らの家に一ヶ月間住むことになりました。ロネルとロサ、そしてその家族の愛の物語は、写真集『GIFT from Cuba』となり舞台化もされました。 感動で泣きながらの撮影している上にマニュアルフォーカスで撮影していたので若干ピンとが外れていますが、それがまた写真に柔らかさを与えてくれています。図らずもほぼ黄金比率の構図となっています。それは写真の神様からのプレゼントだと思っています。    ◇   ほぼA5サイズですので飾る場所を選びません。リビング、デスクの上、ベッドサイドなど。   また大切な人へのプレゼントへ最適です。「上品なセンスのあるプレゼント」として喜ばれるかと思います。   この1枚の写真がお部屋に癒やしと優しさを与えてくれます。この写真によって皆様が幸せになってくださることが僕の最大の願いです。 須田誠プロフィール https://f128.base.shop/about  ◇   <作家が細部にまでこだわった作品制作> ◯写真サイズ:縦83mm✕横120mm ◯額サイズ:縦148mm✕横200mm✕厚さ20mm(ほぼA5サイズ) ◯額の色:柔らかく優しいいオフホワイト ◯マット色:ほのかなクリーム色(2mm厚+Vカット) ◯重量:約284g ◯表面にガラス入 ◯裏面:スタンド型。壁掛けもできるようにフックが1個付いています。 ◯写真を押さえるテープは無酸テープを使用(劣化を防ぎます) ◯直筆サイン入り(表面のマットと裏面に日付とサインをお入れいたします)   ◯額について: 伝統的なヨーロピアン調の彫刻が施され爽やかなオフホワイトは華やかながらもお部屋に飾っても落ち着きます。額のこだわりも含めてひとつの作品に仕上げました。   ◯プリントはオリジナルプリントです。作家本人がプリントしています。 ◯額装までの工程もすべて作家本人がひとつひとつ丁寧に作っております。   ◯写真は顔料インクジェットプリント 耐光年数は約200年。インクジェットの写真は現在ではアメリカの美術館でも永久保存コレクション・アートとして認められています。長期に渡ってお楽しみいただます。 ◯写真にとっては酸素も大敵です。額の表面にはガラスがはめ込んであります。額装をする理由は劣化を防ぐ効果もあります。写真をマットに貼るテープも写真が劣化しないように「無酸テープ」を使用しています。 ●梱包材 通称プチプチ。環境に配慮し、リサイクルのポリエチレンを主原料とした、焼却時に有毒ガスを発生しない素材のものを使用しています。 ●初めて額装写真をご購入する方は、迷いや不安もあるかと思いますのでご購入前にお気軽にお問合せくださいませ。 ●また今作よりも大きなサイズの作製も可能ですのでご相談くださいませ。 ●写真という商品性質上、色、塗装、風合いにつきましては商品毎に個体差が生じますのでご了承下さいませ。 ●スマホやPC、モニターの種類など見る環境により色や大きさのイメージが違って見えることもございますのでご容赦くださいませ。
    8,500円
    F128|写真作品, インテリア, 写真集, アート, イラスト等の作品を販売しています。
  • もっとみる
固定された記事

写真家・須田誠という人。

こんにちは写真家の須田誠です。写真がメインですが、言葉や詩や小説も書きます。絵も描きます。作詞作曲、バンドもやっています。ギターは少々、コンガやドラムなど打楽器…

この歳で久しぶりにおもちゃ買った!

めちゃくちゃ楽しいおもちゃを買った。おもちゃなんて、うーん、何十年ぶりか、わからないぐらい久しぶり。   こいつをギターに差し込み、ウォークマンを繋げば、エリック…

積読癖

積読、遅読、熟読、読んでも読んでも読み終わらないのにまたこんな本を借りてしまった(笑)。積読のうしろめたさを癒やしてくれることを期待して(笑)。 この本を読んで思っ…

blue angle

ホッパーに影響されて写真。アーティゾン美術館にて。

+3

ホッパー、ブレッソンのジャコメッティに影響されて。柱。分断。アーティゾン美術館にて撮影