コト

ミニマリスト・・・

あなたはモノや情報があふれる世の中に
息苦しさを感じていませんか?

あれ欲しい。

あれ食べたい。

あそこ行きたい。

ああなりたい。

あれしたい。

あなたは次から次へとわき出してくる欲望で
目がまわりそうになっていませんか?

__________________________

いらないものは捨てる。

余計なことをしない。

あらゆるモノやコトを
スッキリとシンプルにしていく。

もっとみる
ありがとうございます
1

「コト」の中に惹かれる

こんばんは!
トイロの福永まりです。「子育て支援をもっと楽しく。もっと気軽に。」をコンセプトに活動しています。

今日は「モノ」を得ることと「コト」を体験することの違いについて書いていきます。

息子の様子を見ていたら気付くのですが「その時は欲しい!」って思ったモノ(主におやつ)を買った時が幸せのピークで、すぐなくなったりおもちゃなら飽きちゃったりするんです。

でも「コト」は体験として体に残るの

もっとみる
これからも頑張ります!
2

ドラえもんのテーマソングでも鳴らしてみようかな

仕事中、隣の席の人のスマホが突然テクノサウンドを鳴らした。
自分も含め、周囲数mの人たちが一斉に顔を見合わせ、そして爆笑した。

えーー! 今どきそんなん鳴らすーー?

着…メロ…? そう、着メロ! もそういえば、着うたとかもあったな。

しかもテクノサウンド、ヤッバ~! ギャハハ!

これ、10年前も同じ反応だっただろうか。
うわぁ、えぇなぁ、その着メロ!とか言ってなかったか?

ガラケーがスマ

もっとみる
スキありがとうございます!
82

モノを大切に扱うこと

現代は経験の時代だと良く見たり、聞いたりするが、経験は多ければ多いほどいいってことではないと最近思う。

沢山のヒトと出会うこと。
沢山の場所へ行くこと。
沢山のモノを扱うこと。

一つ一つ丁寧に経験出来ていると自信を持って言えるだろうか。

いつもの通勤場所を車で通りすぎる。
いつもの通勤場所を自転車で通り過ぎる。
いつもの通勤場所を徒歩で通り過ぎる。
いつもの通勤場所を電車で通り過ぎる。
いつ

もっとみる
いつもありがとね!

好きなもの

こんにちは。

小さな町で美容師をやっております、アラフォーのおすぎといいます。

自分の人生や生き方、思考を見直すために始めた日記です。

美容のことや、ちょこちょこ雑談のことなどw

それと共に同じような世代、同じような悩みがある方が共感してくれたらナーーーって思いを日記に記しています。

美容師のくせに自分の好きなものがイマイチよく分かってなく、まずは自分の好きなものを明確化しないといけない

もっとみる
今日は、ラッキーディになりますよw
3

コト、モノ、あなたのこと

なんか、コトだとか、モノだとかの使い方がわからなくて、あなたの事が好きです。ってのは、あなたが好きです。とどう違うんだろ。

や、なんか、好きな事、とか、好きなもの、とか、について聞かれた時に、女か?って聞いたら、女はものじゃない、って意見があって、何回か聞いたが、

じゃあ、あなたの事が好きです。

ってのはなんなんやろ、と思って。

ソリューションビジネスについて考える

ビジネスのあり方ややり方を考えていくうちに、ソリューションという言葉にふれました。懐かしい響きでした。

いまの時代は単に単発のハードやソフトを提供しても、それだけでは顧客にとって問題解決とはなりません。そのため、モノとコトと組み合わせることが大事となってきたのは承知の通りです。

そのため、ソリューションについて体系をまとめてみようと思い立ち、マインドマップ形式で整理しています。

よろしければ

もっとみる

施錠

時々起こる

思考が凝り固まる

カチッと鍵をかけたように

新しいものを受け付けない

自分にはこれしかない

これ以外の方法はない

これがなくなったら生きていけない

「これ」は

ヒトだったり

モノだったり

コトだったり

知らず知らず

自分の首を絞めていく

鍵を探そう

そして

鍵を開けよう

嬉しいです!

憎しみ 暗闇に光る目 感情×感情 祝福

言葉の壁の厚みを知った

認識の壁紙の脆さを知った

現実の檻の鍵を拾った

思考の蛇口の栓を見つけた

あちら側と思いしも、いつからか こちら側となりぬ。

こちら側と思いしも、いつしか  あちら側にならむ。

「体質」

身体に合う食材のバランスを知った。

食べ物は、その都度、世にある中から自分で選ぶ。

いままでも、これからも。

同じ時に同じものを食べれる人と一緒にいたい。

それが私の

もっとみる
なんて優しい人なんだ、感涙です。
8

棲み分け、役割分担、異種共存の中に「格差」はあるか。あるいはそれは「融和」であるか。

格差とは「気まずさ」を有する差異である。

双方気にしているのに離れがたく、近寄りがたいあの感じ。

他方、「気まずさ」なき差異は「融和」の礎である。

◆格差とは思春期の恋愛、両片思いだ。

それはこの上なく初々しい。

経験不足、知慮不足、器量不足かつ
妄想過多、憶測過多、情報過多だ。

これは、想像に現実が伴っていない。

「格差を問題にする人は、恋愛下手だったに違いない。」

それはいかに

もっとみる
ホントに、君は最高だ!
8